山に暮らせば

2010.05.12  山荷葉(サンカヨウ)の白い花は雨が似合う。雨に濡れ花びらがガラス細工のように半透明になった姿がとても好きだし、写真展にも1点出品されていたので見たくてウズウズしていた。幸運にも10日の天気予報は雨。3日に登った人から5合目でまだ蕾と言う情報をもらっていた。1週間経過したので花の咲き具合は最も良い時期と予想できた。山荷葉を見るには最適。
 写真展終了の翌10日、大万木山に登った。とても寒く、気温は9度。冬の装備に雨合羽を着込んで登った。風も強いので体感温度はさらに低く感じる。標高900mくらいまでのブナは芽吹いているが、登るにつれて枝は冬枯れのような雰囲気。ユキザサも蕾、オオカメノキも同様だったが、山頂近くで山荷葉の白い花が目に飛び込んでくる。
 見たいのは雨に濡れガラス細工のように半透明になった花。雨に濡れてはいるがどの花も純白のまま。カメラが塗れ、レンズが曇る。下山するころ、白い花びらに変化が見られるものがあった。
 11日、再度大万木山へ。前日同様濃い霧が流れる。花を見て嬉しくなった。白い花は雨に濡れほぼ透明の素晴らしい姿に変身していた。透明になるにはやはり長い時間がかかるのだ。雨に濡れればすぐに透明になるのではない。前日の風雨で傷められた花もあるが、一夜明けての変わり様は見事。

 雨に濡れた山荷葉が東の横綱なら西の横綱は山芍薬。恥ずかしげに咲く姿が絶品。10日、大万木山行だが、その前に山芍薬を見ておこうと朝早く家を出て寄り道。咲ききった花は雨に打たれて、抱え咲きの中心部に水が貯まっていた。
e0091879_0275317.jpg
雨に濡れた山荷葉 (11日撮影)

e0091879_032371.jpg
純白の花びら(10日撮影)

e0091879_033158.jpg
霧雨のブナ林の中で。

e0091879_0332620.jpg
雨の日の山芍薬

by konno_noboru | 2010-05-13 00:35 | Comments(8)

Commented by さくら ふみ at 2010-05-13 07:31 x
 本当に「ガラス細工」ですね。触れると溶けてしまいそうな薄い薄い氷の花びら。この写真を撮るために雨の大万木に・・・。ため息がでます。
 11日(火)岡山県北も寒かったです。芽吹きも遅れていました。でも、2cmほどのサンインシロカネソウは、ちゃんと咲いてくれていました。わたしもカメラを持って歩きたくなりました。
Commented by hiro at 2010-05-13 08:26 x
はじめまして。いつも拝見させていただいています。
サンカヨウの花びらがこんな風になるとは驚きです。
大好きなサンカヨウの別の姿を見せていただいて嬉しいです。
ヤマシャクヤクも大好きです。
Commented by ネロ at 2010-05-13 11:10 x
連休に写真展でサンカヨウを見た時とても不思議に思っていました.雨でこんなに美しく変身するんですね...3年前に登った大万木山は苦しい登山の印象が残る山でしたが、サンコヨウを撮りに行くチャンスがあればと思います.山芍薬もこんなに咲いてる所があるんですね嬉しくなります。日本の自然はまだ大丈夫と思いたいです!   写真と俳句 物語のようで、とてもステキでした!デジカメをしてよかったと思ってます.いつか皆さんの様にステキな写真が撮れる日を夢みて楽しんでます.   ブログ楽しみにしています!
Commented by 初ちゃん at 2010-05-13 16:52 x
写真展お疲れ様でした。
土曜日にやっと行く事が出来、サンカヨウの花の美しさに目を奪われました。純白も綺麗ですが透明な花の色の不思議にはやはり圧倒されます。自分でも不思議なくらい山野草の魅力に嵌りつつあります。今日は東西の横綱を見せて頂き心が和みました。ユキザサを田舎の庭に植えたら花が咲きました。赤い実が楽しみです。
Commented by koike at 2010-05-15 19:42 x
山荷葉、雨に濡れたらこんな風になるんですね!ほんとにガラス細工ですね、びっくりです!
大きな葉っぱが大切に守って咲かせた白い花、なんともステキですね。
山の中でひっそり咲く山芍薬、このお花の持ってる雰囲気が大好きです。
「写真展」終わりましたね、 この度は、ちょっと忙しくて見にいけなくてとても残念でした、楽しみにしていたのに...。
Commented by asa at 2010-05-16 07:01 x
ひさしぶりに見に来ました。
雨にぬれたサンカヨウはきれいですね。
どんな花も、雨にぬれると美しさを増しますね。
Commented by ocarina21 at 2010-05-17 00:34 x
雨に濡れてガラス細工のように透き通る花弁・純白のままの花弁、どちらの山荷葉も素晴らしいですね。霧雨の中に咲いている姿からは、山の空気が感じられるようです。雨に咲く山芍薬にも心惹かれます。色とりどりに咲くどのお花も素晴らしいけれど、やはり、白いお花に魅せられます。そして、それが雨に濡れて懸命に咲いていると・・・♪
Commented by 一ファン at 2010-05-17 00:49 x
今年も、素晴らしい写真展をありがとうございました。「花ありて」というテーマで、あんなにいろいろな花があり、いろいろな情景や撮り方ががあることに感嘆しました。美しい作品に、撮影者の真剣な眼差しが感じられました。俳句ともよく合っていました。たくさんの感動をありがとうございました。紺野昇様をはじめ塾生の皆様のご活躍をお祈りし、次回を楽しみにしています。