山に暮らせば

2017/02/19  朝早く除雪機の大きな音が聞こえた。カーテンを開ける。また降ってる。屋根から落ちた雪の除雪が終わればほぼ終了だったが、新雪が降ったので振り出しに戻った感じだ。陽が差し込む部屋にいれば暖房が不要なほど暖かい。除雪には気温が高く雪が湿ってロータリーで飛ばすには最適ではないと考え中止。部屋の掃除でもするか。

 昨日、土曜会。三隅の梅林再訪。桜が一輪。帰り道でキジと遭遇。雪のないところで土をつつく。春が近いと解るのだ。

e0091879_20265710.jpg

川霧が冷え込みで霧氷になったのとは少し違うようだ。着雪かな。


e0091879_20270872.jpg
陽が当たるのを待った。陽が当たれば消える短い命だ。

e0091879_20271920.jpg

風が吹かなければ結構着雪する。雪も少し湿っているのかも。

e0091879_20315620.jpg

昨日、三隅神社で見た桜。一輪、ためらいがちの開花だ。

e0091879_20320941.jpg


車の前に現れたキジ。飛びもせず、逃げもせずアスファルト道路を歩き、民家の庭先の雪のないところに入った。
しきりに土をつついた。土の感触は春なのだ。




by konno_noboru | 2017-02-19 18:46 | Comments(2)

Commented by 井上雅行 at 2017-02-20 14:33 x
こんにちは
樹々に着雪した姿は美しいですね。ご自宅の窓からこの景色が味わえるのは最高です。美味しい珈琲を味わいながらこの景色を楽しめる、贅沢な時間を過ごされているようですね。市内では遠くから春の足音が聞こえてきそうですが、芸北ではもう少しの間冬を楽しめそうですね。
Commented at 2017-02-21 18:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。