山に暮らせば

2017/03/28  スノーシューを付け苅尾(臥龍山)山頂を目指す。昨夜降った雪は30㎝~40㎝、残雪に上乗せした形で140㎝を超える積雪だと感じた。歩き始めると雪は重く、踏み込むと沈む。最初にラッセルをしたが、すぐに左腰が痛くなり交代。
 山頂一帯はブッシュの多い季節には歩けないところも自由に歩けて爽快。時々、ブナの枝に付いた霧氷がバラバラ落ちる。勝手気ままに歩いて下山。
 明日、再挑戦になるかもしれない。

e0091879_23015517.jpg
菅原林道の道あけはすんだ。苅尾(臥龍山)にも春が来る。


e0091879_23021248.jpg
8合目からの歩きだが、新雪が重く、ジグザグのコース取りになる。


e0091879_23023046.jpg
きょうは火曜日だから火曜会。午後からの登山だったので5人だけで登った


e0091879_23025191.jpg
山頂の岩。雪の多い年なら隠れてしまう。今は表示板などがまだ埋まったまま。


e0091879_23030463.jpg
山頂尾根。スノーシューを履いているのでどこでも自由に歩ける。5人が好き勝手に歩き回る。





by konno_noboru | 2017-03-28 23:11 | Comments(4)

Commented by 井上雅行 at 2017-03-29 08:46 x
おはようございます
愛車デリカは退院したようですね。それにしても臥竜山山頂の雪はものすごいですね。芸北おそるべしです。スノーシューを履いて動き回るお仲間は皆さん童心にかえって雪と戯れておられるようです。楽しいだろうな〜。
Commented by umiko0 at 2017-03-29 10:16
えぇ~!! びっくり!
立山室堂平 大谷の雪の壁かと思った~ (-_-メ)
Commented by konno_noboru at 2017-03-31 12:05
umiko0さん 31日、芸北は今日も雪が降っています。雪の消えた田圃がまた白くなってきました。菅原林道の道あけは今年は例年より遅く少し23日に終わりました。気分的にはもう室堂です。
Commented by konno_noboru at 2017-03-31 12:12
井上さん  まだスタッドレスタイヤのままですから雪のある菅原林道を走って苅尾(臥龍山)に上がれます。左右に雪の壁があるので谷に落ちる心配はありません。ただ、道幅が狭く離合が出来ないので、車が出会うとどちらかが相当バックしなければならないこともあります。