山に暮らせば

2017/05/26  その2
 ブッポウソウ報告 NO.2 ギーッ、ギーッと鳴く声が少し異常だった。部屋にいても鳴き声で解る。何度か呼び交わした後、オスがやって来た。虫をくわえていた。口移しに虫を渡した。求愛給餌だ。
 我が家の巣箱にブッポウソウは来ないと言われていた。①柱が低い ②木の柱は蛇が来るので良くない ③電線がないので止まるところがない-など。
 ③の電線など高い見通しのきく場所兼最終的に止まる場所がないと言うことは致命的なのかもしれないと納得できた。大急ぎで田圃の近くに昔使用していた稻ハデ用の柱を借り、横木をつけてのっぽの十字架を立てた。作戦は成功、ブッポウソウは今朝から止まった。虫を加えてきて、巣箱に首を突っ込む。雛にエサをやるのと同じ動作だ。中にいるのは、きょう卵を産んだメスだろうか。抱卵期間は20~25日くらい。巣立ちは2015年が7月24日、昨年が7月21日だった。今年は1か月も早いのだが…。

 ブッポウソウに比重をかけるか菜園をメーンにするか悩みどころ。鳥の動きが少ない時間帯にキュウリ、トマト、ナス、サツマイモ、枝豆の苗を植えた。鳥を刺激するのは良くないので植え付け時期を考えなければならない。トウモロコシも植えたいし葉菜類も植えたいが当分は模様眺めといったところだ。雛の鳴き声が聞こえるようになれば、こちらもエンジン全開で野菜を作ろう。




e0091879_19224548.jpg

ブッポウソウ。見通しの良いまだあまり若葉が出ないネムノキに止まった。巣箱を挟んで反対側にもよく止まるネムノキがある。


e0091879_19225604.jpg
声はいまいちだがとてもきれいな鳥で見間違えることはない。



e0091879_19233283.jpg
求愛給餌。オス(手前)がメスにエサを進呈。乗っている巣箱はシジュウカラ用だが、巣箱に帰る時の中継に使っている。


e0091879_19231752.jpg
巣箱にいるのはメスだろう。上にいるオスがエサを運んできては雛に与えるように与えていた。


e0091879_19234830.jpg

稻ハデ用の木に横木をくくりつけ十字架にして立てた。ブッポウソウはてっぺんに止まったり横木に止まったりして周辺を見ていた。




by konno_noboru | 2017-05-26 19:36 | Comments(4)

Commented by shimazuku at 2017-05-26 23:37
間近で観察、撮影できるのがうらやましい。ブッポウソウ博士になれそうですね。
Commented by 井上雅行 at 2017-05-27 00:33 x
こんばんは
ブッポウソウは声からは想像できないくらい美しいのですね。羽を広げて飛ぶ姿も羽の色も見事ですね。雄も伴侶を得て卵から雛が孵るのを楽しみに毎日セッセと餌を運んでくるのでしょうね。ブッポウソウも子育て大変でしょうね。雛が巣立つまでしっかりと見届けてあげて下さい。外敵に襲われない事を祈ります。お仲間のアドバイスで取り付けられた十字架、作戦は大成功でしたね。ブッポウソウの生活の営みや雛の巣立ちまでゆっくりと記録に収めて下さい。菜園の仕事もお忙しいでしょうが、一つ楽しみが増えましたね。
Commented by D@yamaguchi at 2017-05-27 06:38 x
昨年ブッポウソウの観察会に参加して、巣箱作りをしました。

目の前で手に取るようにみれるなんて…
素晴らしい‼️
Commented by umiko at 2017-05-27 08:28 x
見放題、、、撮り放題・・・
何という贅沢