山に暮らせば

2017/08/30 【その2】 平位剛先生のことをブログに上げてすっきりしようと書いたが、アップするのに逡巡した。書いている間に先生が著された2冊の本を見たりしながらだったので時間が過ぎ、眠れなくなった。 いつも通りで良いと思い直し、超深夜、きょう撮った写真を見る。
 
 きょう、久しぶりに近くを1時間半かけて歩く。ポケットに入るコンデジ1つ。
 念入りに見るのは花よりも田圃。少し前になるが我が家の前、部屋から10mのところにクマが侵入し、稲を食べた跡があった。クマを目撃していないのだが、田圃に作ったクマ棚のように稲を倒しているのはイノシシとは違う。決定的な状況証拠は足跡がいくつもついていたこと。塾の仲間も来るのでまたクマが出たと言えば何となく不安に思うだろう。裏山に入っても「ここはクマは来ないでしょ」と聞く。
 今朝、気になったのは電柵や鉄柵できっちり防御されている内側にあるコンポスター(堆肥を作る容器)の蓋が飛んでいたこと。クマは近くにいるらしいのだが、姿は見ない。夜に侵入するのだろうか。
 どこの田圃も侵入された形跡はない。捕獲の檻にも入らない。近くにある栗の木の実が次第に大きくなった。稲刈りが終わるまでクマもイノシシも出没しないことを望むだけ。

 花もしっかり見ておかなければならない。シラヒゲソウは我が家近くで咲いている。ツルリンドウもある。キツリフネは咲き始めたばかり。背が高くなったトリカブトはまだ小さい蕾。風が柔らかく涼しくなったがきょうは暑かった。
 汗をかいたのでシャワーを浴びていると呼び鈴が鳴る。ちょっと待ってと大声を出しても鳴り続ける。大急ぎで玄関に出る。車は島根ナンバー。年齢は私より上、80歳を越えているかどうか。
 「浜田へ行こう思うたが、道に迷った。車があるので誰かおるじゃろう思うて寄った」
 「どこから来たん?」
 「益田」
 「益田なら9号線を走ればすぐのはず」。会話もこの辺りからかみ合わない。
 国道186号線が県境の波佐で7月豪雨のため道路が崩れて通行止めなのだ。迂回路の案内表示が確かに解りにくい。迷うだろうなと思う。何とか解ってもらえたようだ。汗が噴き出した。再びシャワー。



e0091879_02462278.jpg


クマは右の方から侵入した。ほぼ円形に稲が倒れる

e0091879_02474424.jpg



きれいに折りたたんで倒し、座って稲を食べる


e0091879_02483988.jpg
田圃に残ったクマの足痕。サイズから想像するとあまり大きくはなさそうだ




e0091879_02472701.jpg

         家から近いところにもあるシラヒゲソウ。花のサイズがまだ小さい。


e0091879_02464084.jpg




ツルリンドウ

e0091879_02470085.jpg

 サワギキョウ




by konno_noboru | 2017-08-31 02:55 | Comments(1)

Commented by 井上雅行 at 2017-08-31 23:51 x
こんばんは
今日は貴重なお休みの日にお時間を取って頂きありがとうございました。久しぶりに先生とお話ができ楽しい時間を過ごさせて頂きました。先生も今年の夏色々な事がお有りになられたんですね。長い間お付き合いになられた方とのお別れは心の整理がつくまではもうしばらくかかりそうですね。先生の人の輪が広くて深いのを改めて感じました。今日は先生のお元気そうなお顔を拝見して安心しました。これからもお元気で撮影を続けて下さい。お願いします。あれから八幡に回り、シラヒゲソウやサワギキョウを見つけましたが写真にならず改めて再チャレンジです。赤蕎麦もまだまだのようでした。どれもまたおいでという事でしょう。改めて出かけます。朝晩は窓を開けていられないくらい涼しくなったと言っておられました。お風邪を引かれて体調を崩されないよう気をつけて下さい。またお話をさせて頂きに行きますのでよろしくお願いします。