山に暮らせば

2017/10/29  朝、写真仲間が入院中なので見舞いに行ってきた。病室から外の眺めを撮るのだと言っていた。彼は少しの間、芸北には来られないかもしれないが、カメラを手放さないのが良い。早く一緒に撮影に行けたら良いとつくづく思った。

 病院から帰り南側の窓を開けてシャッターを切る。台風21号が来たとき緑色の山がぼうぼうと揺れて葉がちぎれるように飛んでいた。1週間後のきょう、台風22号の風はあまり強くはなかったが、それでも風に飛ばされ舞い落ちる葉は紅かった。
 1週間前に比べれば山は色付いてきた。天気は芳しくなかったが、そばを流れる滝山川川岸に立つ。川岸は7月豪雨で崩れたまま。崩れた分だけ川が広く見え、流れも変わり浅くなった気がする。だが変わらないのはとてもきれいな水が流れていることだ。

 2日前には臥龍山にもちょっと上がってみた。まだ緑の葉もあったし、ブナの葉は黄色くなっていた。今週末が見頃になるかも。

多めにプリントに出している写真展の作品のプリントが上がってこないので、キャプションがつけられない。イライラするが、いつも通りだ。
  

e0091879_23304618.jpg

窓からの眺め。天気が悪く紅がはっきり出ないが天気が良くなれば見頃。3日の文化の日がベストになるかも。



e0091879_23305933.jpg
苅尾(臥龍山)のブナ。いろんな形の木があるので面白い。黄葉はもう少し。冷え込めば一気にピークになるかも。


e0091879_23311332.jpg
バオバブの木のようなブナ。





e0091879_23314842.jpg


登山道に散らばるブナの実。殻斗だけ残り、中の種はほとんどなかった。




by konno_noboru | 2017-10-29 23:53 | Comments(1)

Commented by 井上雅行 at 2017-10-30 07:36 x
おはようございます
少しづつ樹々の色が変わり確実に秋は深まっているのを感じます。このところ週末には雨で、なかなか秋晴れの空は見せてもらえません。燃えるような紅葉にはもう少し時間がかかるようですね。
写真展の準備は進んでいるようですね。いつも写真だけでなく先生の書かれるキャプションもまた楽しみにしています。