2017年 08月 13日 ( 1 )

山に暮らせば


2017/08/12  今年5月のわれわれの写真展に出品された赤い人の形をした花「まねきぐさ」が夏に咲くと聞いていた。撮影者と仲間で帝釈峡に出かけた。草丈は低く、一人で行けば見つからないほど小さかった。時期的にはまだ早かったらしく、花数は少なかった。近くにさらに小さな形の面白いハグロソウもあった。きょうの目的は達したが、時間が余ることは解っていたので西城の熊野神社を経由して立烏帽子山へ。途中でシデシャジン、ヒオウギ、カリガネソウを撮る。
 立烏帽子山はガスがかかり、雨も降りそうだった。秋には真っ赤に紅葉するホツツジの白い花を見たが、15日ころが満開かも。さすが夏休み、子供も登ってきた。汗もかかない涼しい山だった。
 帰りに三河内の慶雲寺でヒゴタイを見る。
e0091879_14205284.jpg

マネキグサ。湿った谷筋で咲いていた。小さいので案内してもらわないととても見つけられない。



e0091879_14213158.jpg


ハグロソウ。この花も小さく転々と咲いていた。



e0091879_00573456.jpg
イヨフウロ




e0091879_00575003.jpg
カリガネソウ。


e0091879_00580413.jpg
立烏帽子山のホツツジも半分くらい咲いていた。



e0091879_00582032.jpg
ホツツジの花


e0091879_00592829.jpg
ヒゴタイ



by konno_noboru | 2017-08-13 01:18 | Comments(6)