<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2007.04.29
「リンゴに木に氷が付いたよ」と永見リンゴ園の永見さんから電話がかかったのは、何となく寒くて目が覚めたすぐ後。寒さを感じたのは掛け布団1枚減らしたためだと思った。
 今朝は冷え込んだのだと気づき、飛び起きて車を走らせた。
 リンゴ園はガラスの森のように凍り付いていた。スプリンクラーから散水される水はリンゴの木の上に霧となって降り注ぐ。冷え込みで霧がリンゴの木を包むように凍り付く。
 リンゴの蕾や花を氷り付けにするのは、氷の着物を着せて霜害から守るためだ。
 春めいても、芸北では遅霜があり、氷点下になり花が傷むことがある。リンゴの花を氷中花にするのは、0度以下になり、花が傷むことを防ぐためである。
e0091879_23493129.jpg
スプリンクラーは45秒から1分で1回転する。降り注ぐ雨の中で濡れないようにするが、夢中になり、ずぶぬれに近いことになる。傘を差せばということになるが、枝が低く張っているので、出来そうにない。枝を折ることもありそうだし-。

e0091879_23503585.jpg
氷りに包まれた蕾。零度以下に下がらない。表現は悪いが「毒をもって毒を制す」といった感じ。

e0091879_2352770.jpg
リンゴの木の上から散水される水は雨のように降り注いだり、霧のように空中を舞って下りてくるものもある。

by konno_noboru | 2007-04-30 00:56 | Comments(6)

山に暮らせば

2007.04.27 明日28日から北広島町有田(旧千代田町)のショッピングセンター サンクスの2階にある「ギャラリー森」で、芸北写真塾の生徒さんの写真展を開きます。お近くに来られたら寄って見ていただければ光栄です。
 きょうの芸北は「駆け足の春」といった感じです。リュウキンカもムシカリもコブシもサクラも桃も咲きそろいました。カラマツの芽吹きもきれいです。
 湿原のリュウキンカはちょっと撮影しにくい状況です。冬に雪が少なかったため、アシなどの植物が雪に押さえつけられて倒れることもなく、立ち枯れのまま。その根元で咲いているので、撮影は難しいかもしれません。
 我が家の近くでタムシバの後コブシが咲きました。コブシには開花と同時に、小さな葉が1枚出るので、葉の出ないタムシバと区別が付きます。
 八幡には多くの家に素晴らしい枝垂れ桜があります。車で走っていても結構、目に付くので車を止めて眺めます。アップした桜は柴木川土手のさくらです。
 また、最後の写真は国道191号線の虫木トンネル付近の山です。「春紅葉」というのでしょうか、秋の紅葉のような感じになります。好きな場所なので、この時期にはたびたび撮影に出かけます。
 




e0091879_0342582.jpg
咲き始めた立金花(リュウキンカ)
e0091879_0351455.jpg
コブシ 花の付け根に1枚の葉があるのでタムシバと区別が出来ます 
e0091879_0354938.jpg
柴木川土手の桜。今が満開です。後方の山が臥竜山。
e0091879_037439.jpg
虫木峠近くの山です。山桜が咲いたり、赤い木の芽の芽吹きだったり、季節を問わず、楽しませてくれる場所です。

by konno_noboru | 2007-04-28 01:26 | Comments(3)

山に暮らせば

2007.04.24 八幡の桜はまだ咲きません。特にわが家の桜だけが遅いとは思えないのですが-。目にする枝垂れ桜の咲きが、八幡以外で見る桜の開花状況とは違うような気がします。また今年の桜は花つきが悪いようで、華やかな満開はいつだったのだろうかと思うほど、メリハリがないのです。
 気に入っている北広島町橋山(旧芸北町橋山)にある大歳神社の枝垂れ桜も、もう葉が出はじめています。やはり、冬が暖かかったせいで、花の付き方や咲き具合が悪かったのでしょうか。
 桜以外の木が気になりますが、ムシカリはぼつぼつ咲きはじめました。白い花が目立つのはこれからです。猩々袴(ショウジョウバカマ)の白花が3本ありました。紫がかった色の花に比べると、清楚で可愛く見えます。
 クロモジも小さな花をつけ始めています。この花も近くで見れば意外な表情です。可愛いです。
 ゴヨウアケビも咲きました。芸北の春が次第に鮮明になってきました。
e0091879_2126012.jpg

e0091879_21272636.jpg

e0091879_21293242.jpg

e0091879_2131055.jpg

by konno_noboru | 2007-04-25 21:32 | Comments(7)

山に暮らせば

e0091879_2227119.jpg
地久院の枝垂れ桜  日没後30分くらいは色温度の関係で空が真っ青になります。空が青く映る時間帯を狙ってみました。 
2007.04.20 昨夜、地久院と長沢の枝垂れ桜を見に行ってきました。いずれも5分咲きになったかどうかと、いった感じです。
 昨夜も午後8時で気温が3度でした。朝と夜は結構冷え込むので、花は来週後半まで持つかも知れません。あすからの天気が気になります。

 庭にある桜はまだ蕾が堅いのです。開花は5月になるでしょう。雪は少なかったのですが、冷え込みは例年通り厳しかったので、桜の開花も昨年とあまり変わらないのかもしれません。やはり八幡の気候は広島でも特異な気候なのでしょうか。

 


by konno_noboru | 2007-04-20 22:31 | Comments(4)

山に暮らせば

2007.04.16 芸北は今日は雨です。風が強く、いまも降り続いています。
 桜の開花状況が気になるので、ここ3~4日桜を見て歩いていました。長沢の枝垂れ桜など銘木もいいのですが、ちょっと気になる桜のある風景を思いだし、訪ねてみました。
 訪れた4校は今、統廃合で廃校になっています。芸北・美和東、美和西、空城、橋山の4校です。いずれも木造校舎です。

 桜を見ながらふと、子供たちの歓声が聞こえるような気になり、いろいろなことを思いながら無人の校庭を歩きました。木造校舎の持つ暖かさが素敵です。校舎のそばにある桜は銘木とはいわれませんが、心温まる、嬉しくなる風景を演出してくれる大切な木だと感じます。 いずれも今は地域のコミュニティーセンターや清流の館、文化センターに生まれ変わり、大切にされています。
e0091879_22461798.jpg
美和東の校庭に素敵な桜がありましたが、残念ながら傷んだため、切られました。
e0091879_21491554.jpg
美和西小学校。今は清流の館として使われています。
e0091879_21505638.jpg
橋山。校庭の隅っこにはツクシがいっぱい生えていました。
e0091879_21521162.jpg
雄鹿原小学校空城分校の看板がありました。いまはコブシの里と名付けられています

by konno_noboru | 2007-04-16 22:59 | Comments(8)

山に暮らせば

2007.04.14
 「山に暮らせば」の新聞連載が終わりました。2年間でしたが、久しぶりに、企画を終えた後の安堵感と何となく寂しさも味わっています。ただ、ブログと平行させるのはきつかったと感じます。新聞原稿用に残しておけば良かったなあと後で思う写真もあったりして、新聞用の写真が〆切寸前になって撮れてないという状況が、最後のころは続きました。
 新聞連載に合わせてブログを立ち上げたので、新聞連載が終わればブログの役目も終わったのかなあという気もあります。
 いろいろ考えますが、気分一新して、容量いっぱいの30MBになるまでがんばります。

桜前線は標高700m辺りまで上ってきました。全国的に見れば北陸の方まで北上しているのですが、標高800mの芸北・八幡の桜はまだ蕾です。北陸並みです。現在、標高700m辺りまで桜は咲いていますので、来週の中ごろには芸北の桜も満開になるでしょう。

 きょうはタムシバと芸北の桜銘木と言われる「長沢(ながぞう)の枝垂れ桜」、「正光邸跡のエドヒガン」、「地久院の枝垂れ桜」、「大歳神社の枝垂れ桜」、そして空城の河野邸のソメイヨシノを見てきました。
 河野邸が5分咲きが一番咲いているようで、他はすべて咲き初めといった感じです。きょう、気温が高かったので、来週いっぱい持つかどうか、といったところでしょうか。これは素人の予想ですから、はずれる公算は大です。
e0091879_19491096.jpg
臥龍山山麓の千町原ではやっとタムシバが咲き始めました。
e0091879_19503955.jpg
木々が芽吹き始めると白さが一層鮮やかに見えます。
e0091879_19535441.jpg
空城・河野邸前の桜。5分咲きくらいでしょうか。
e0091879_19551291.jpg
地久院の枝垂れ桜も咲き初めです。

by konno_noboru | 2007-04-14 20:54 | Comments(5)

山に暮らせば

2007.04.03
今朝、雪が降っていた。市内に電話したら「嘘でしょ」と一蹴された。朝早く(と言っても午前7時20分)たまたま総領町から「カタクリが咲きました」と電話をもらって目覚めた。何となく外が明るい感じなのでカーテンを開けると銀世界。前夜に遅くまで起きていたが冷え込みもなかった。例年なら驚かないのに、雪が少ない今年は少し驚いた。
 春の淡雪、すぐ溶けるので一気に飛び出した。手袋がなくても冷たくはないし、防寒着もそれほど厚くないのに、寒さも気にならない。
 千町原界隈を歩いた。ツクシも咲きかけたスイセンも、コブシの蕾もみな雪をかぶっている。
まだ堅い桜の蕾は、さらに堅く縮こまったように見える。
 たまたま、きょうが市内の病院で検査を受ける日だったので、ついでに平和公園で花見をしてきた。
 芸北への帰途、この時期にいつも感じるのだが戸河内、深入山、八幡と北上するにつれて季節が冬に後戻りしていく。桜前線がいま、標高200mくらいの戸河内IC周辺が満開。300mの安芸太田・与一野の枝垂れ桜が1日から咲き始めたとのこと。標高400mでは咲き初め。800mもある芸北・八幡ではまだ蕾は堅い。桜前線は春を引き連れて北上する。ただ、今年は芸北の桜の開花も近いのではないかと、芸北観光協会の杉本さん。観光協会のホームページに桜便りが登場した。もっとつぼみが膨らんでくると、新鮮な情報が日々更新されると思うので見てください。


e0091879_2350132.jpg
千町原界隈の雪景色も今冬最後かもしれません。

e0091879_23512493.jpg
堅い蕾のサクラ。開花はやはり中旬頃でしょうか。
e0091879_23524663.jpg
なんとなく縮こまったツクシ

e0091879_23533313.jpg
与一野の枝垂れ桜。今年は花付きが少し悪いが、後3~4日もすれば満開だろうとのことです。

by konno_noboru | 2007-04-04 00:27 | Comments(7)

山に暮らせば

2007.04.01 「大平桜(浜田市三隅町)が満開ですよ」とメールを頂戴した。行ってびっくりです。ちょっと迂闊でした。桜がこんなに早く満開になるとは思っていなかったのです。ことしは桜を追ってみようかと思っていたので、出鼻をくじかれました。
 昨年までは大平桜と益田市美都町金谷の城山桜の満開は4月10日ごろ、医光寺(益田市)の枝垂れ桜がちょうど今頃だと思っていたので、開花→満開の早さに驚いています。

 芸北の長沢の枝垂れも、地久院の枝垂れ桜もまだ蕾が堅い状況なので、満開から散り初めの桜を見ても、にわかには信じられない光景でした。

 きょうは黄砂の影響と雨で撮影には芳しくない状況でした。

e0091879_1492916.jpg
大平さくら
 2日前の雨と強風で散り始めました。

e0091879_1505945.jpg
e0091879_152128.jpg
美都町都茂屋の大椿(ヤブツバキ)は花は咲いていますが、樹勢が弱っているので、蕾の段階で摘花したそうです。花は少し小さ目です
e0091879_1534112.jpg

by konno_noboru | 2007-04-02 02:40 | Comments(6)

山に暮らせば

2007.03.31  何故か写真を撮る気力に欠けた1カ月。ブログ更新も出来ない始末。頸部にイヤな痛さがあったり、鼻の調子が悪かったり、嬉しくない3月でした。
 芸北で撮るものがないと感じて、東城町や総領町、そして少し春が早く来ているだろうと思われる地域へ行ってみました。
 
 大平桜が満開になったという知らせを受けたり、桜便りを見ても、身体の中の季節感が狂ったのか全く反応しないような気がする。加齢のなせる気力の衰えなのかとふと不安がかすめる。
 はっきりしているのは何もしたくなかった3月。月も変わって4月。新聞で2年も連載してもらった「山に暮らせば」も残り1回。ブログの模様替えを含めて、ぼつぼつ本格的に走り始めなければならないでしょう。

 芸北の春は例年通り、遅い春です。桜の蕾はまだ堅い。やっとショウジョウバカマが咲き初め。雪がなかったけれど、気温は低かったので、桜はやはり市内より1カ月遅れの、4月末から5月初め。 


e0091879_23554578.jpg
持ち込んだ花だから芸北には似つかわしくないと言う批判もあるが、守る人もいるし、咲けばやはり春を感じさせる
e0091879_23563865.jpg
蕾の猩々袴(ショウジョウバカマには不思議な魅力がある
e0091879_23575387.jpg
キブシ。ついシャッターを押す花です
e0091879_23593692.jpg
ダンコウバイ。近寄ってみればいい形をしています。
e0091879_011816.jpg
東城町の福寿草
e0091879_024177.jpg
東城町のミスミソウ(雪割草)

by konno_noboru | 2007-04-01 00:55 | Comments(5)