<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2007.12.30     雪。賀状に雪のない正月と記した。予定稿を確認しないまま出稿したようなもの。月末には冬型の気圧配置で雪が降ると予想していたのに-。
 昨夜11時過ぎに霰(あられ)が降り、その後小雪になった。深夜に激しく雷が鳴るのを聞きながら眠った。雷は雪起こしだった。朝、30㌢の積雪。今年初めての雪掘りだ。今朝の雪はサラサラで軽い。歩経路だけは確保して遅い朝食の後、車を走らせる。気温も上がらず、真冬日。横殴りの雪が降るかと思えば一瞬、日が射す。そしていつもの冬のようなモノトーンのゾクゾクするような景観が浮かび上がる。雪と闘う人たちの姿も目に入る。いつもの八幡の冬だ。

 2007年も終わりです。たくさんのコメントやメールを頂きました。ありがとうございました。
良い年をお迎え下さい。

e0091879_1954529.jpg
雪が降る日には一番先に行く場所。家から近いこともあるが、日本海から吹き付ける西風に乗って雲はドラマティックに空を走る。風が目に見えるような気がする場所だ。

e0091879_19182069.jpg
芸北の冬の風景。年末だが、地元の人たち静かに雪と闘う。

e0091879_19241258.jpg
車を走らせながらシャッターを切った。雪の日に走るときのイメージがあるのだが、そこには到達できない。

e0091879_19361222.jpg
道路まで遠いところに車を止めていて車が雪に埋まったことがある。掘り出し、道路に出るまでの除雪の負担を軽くしたいと道路に近い所に車を止めておく。除雪車の除雪が終われば両サイドに凹な形で雪の壁が出来る。簡単に道路に出られる。6年住んで得た手抜き法だ

by konno_noboru | 2007-12-30 20:25 | Comments(6)

山に暮らせば

2007.12.21   今夜は雨。例年ならこの時期の雨は氷雨。冷たく、重苦しく感じるのだが、何となく優しく降っている。気温は氷点下ではない。4℃もある。いつもの八幡とは違う。木枯らしが吹かないのだ。このところ忘年会などで市内に出て八幡を留守にすることが多かったが、久しぶりに八幡でのんびりしている。
 暖かいので、歩いてみたがネコヤナギが芽吹いているのでびっくり。木々の冬芽の多くがどうも膨らんでいるように見える。これから本格的な冷え込みが来るだろうが、霜害、冷害に痛めつけられはしないだろうか。
 12月に入っても撮影のカット数が少ない。先月から撮りたいと思うような光景が見つからない。冬場はいくらでも撮れると思っていたのだが、なかなか良いのがない。ブログも更新出来ない。

 驚いたのはもう1つ。芸北橋山の大歳神社近くを走っていて風景が何となく違って見えたので寄ってみた。境内のイチョウが切られていた。枝が折れて本殿に落下して、屋根を傷めるので切らなければならないだろうと聞いていたのだが、やはり残念。補修費がかかるので仕方がないのだが、来年から境内いっぱいに広がる黄色い絨毯はもう見ることが出来ない。(左上に芸北の四季とある小さな写真を参照してください)

 きょうは夕方から益田市に買い出しに。帰りに東仙道小学校(美都町)にあるモミの木(不確定)が大きなクリスマスツリーに変身していた。昔はこんな形だったなあと思った。いま流行の電飾とは違った暖かい光だし、懐かしいと感じたので車を止めて撮影した。広島・平和大通りのドリミネーションもきれいだったが、静かな山間の町の小さな小学校の大きな木1本だけに点滅するライトの素朴さが手作りといった感じがして、たまらなく良かった。
 
e0091879_335971.jpg
ネコヤナギ

e0091879_36424.jpg
コブシ

e0091879_382759.jpg
大歳神社の切られてしまったイチョウ 

e0091879_3123184.jpg
暖かく感じるクリスマスツリー。冬の地域のシンボルといった感じが素敵だ

e0091879_316757.jpg
平和大通りのドリミネーション。大勢の人が見ていた。都会のハイカラというべきか

by konno_noboru | 2007-12-22 03:24 | Comments(9)

山に暮らせば


2007.12.11  都会と少し離れて暮らしていると、クリスマスが近づいても
ジングルベルが聞こえてくることもない。ただ、静かに日めくりカレンダーをめく
るような生活のはずだが、何となく気ぜわしい。忘年会もあるし、昔の仲間との
飲みもあるし、孫の顔も見たいと言っては山を下りる。都市生活と田舎暮らしの
2足の草鞋では、ときどき体重移動が上手くできない。慣れたはずの都市で人
酔いしそうになったり、山で方角を失ったりする。
 先日、先輩に「コンちゃん歩幅が狭くなったなあ」と言われて愕然とした。若い
ときとは違う何かが現れている。2足の草鞋の性ばかりではないのだ。やはり歳
のせいか。

今年も後わずか。ばたばたした2007年でした。ブログも皆さんの後押しで何
とか続けることが出来ました。ありがとうございました。コメントして下さった方
に感謝します。

e0091879_1428745.jpg
旧芸北町


 山ちゃん、久しぶり。昔の話を良く覚えていてくれたねえ。今もあのときと同じ
気持ちで写真を撮っていますが、山を歩くのが少ししんどいかなと思うこともあ
って、来年は「茅葺きの家」をテーマに走り回ってみようかなと思っています。手
始めに芸北地域からはじめています。チャンスがあれば一緒に歩きましょう。

e0091879_14362765.jpg
霜柱


 写真好きさん いつもコメントありがとうございます。コメントからすると写真に
ついては相当手強い人ではないかと思っています。世の中には凄い人がたく
さんおられるので、その中のお一人。いつかどこかで、それこそ偶然にお互い
がわかるような形で会いたいですね。人との出会いでは「えーっ、そうなんです
か」といった感じの出会いが好きです。

e0091879_14391376.jpg
ウバユリ


さくら ふみさん 来年は大万木に行きましょう。NさんもMさんも引っ張っていきま
しょう。


e0091879_1441284.jpg
初雪が降った日の臥竜山・菅原林道。間もなく車では上がれなくなるでしょう。今は溶けています

koikeさん&はなまるさん  いつも暖かいコメントありがとうございます。写真は
ミラーボールのようなもので、写真を見てくださる全ての人に喜んでもらえるもの
ではないと思っています。唯1人でも良い、写真を見て私と同じ感動をもってもら
えたらそれで良いと、思い続けてきました。感動を共有できる事が出来たらいいと
願っています。これからも、たった1人でも良い、きれいな写真だなと思ってくださ
る人があることを願って撮りたいと思っています。

aga-aさん  撮り手の狙いを的確に指摘されることがあるので驚きます。たしか
に自然の粋なはからいこそが、私の写真の源です。

ocarina21さん  知り合いなので、書きづらいことが多いですね。いつも話すよう
に写真は「心の動きを凍結する作業」です。見ることから観察することへの進化が写
真を楽しくさせてくれるものだと思います。カワセミを追い続ける努力は素晴らしいと
思います。頑張ってください。

初ちゃんさん ほとけばら遊園は素敵な場所でした。紅葉がきれいなので4~5回
行ってみました。作られた方が事故に遭われたことなど、完成までの経過、その後
の保守管理のことなども聞きました。民俗学者の宮本常一さんの寄贈された石碑
があり、驚きました。


UFOさん  ありがとう。

by konno_noboru | 2007-12-11 14:53 | Comments(12)