<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば


2009.02.15 暖かい。夕暮れに少し雨が降った。暖かい雨や風で1mを超えていた雪が一気に消えていった。
 本当に寒の戻りはないのだろうか?  
 芸北で7度目の冬だが、2月に田の畦が見えたり、聖湖や仙水湖から氷が消えることはなかった。例年なら撮影カット数も冬が一番多いのだが、今年は極端に少ない。ブログを更新するにしても鮮度の高いものをと思っているが、納得できるものが撮れない。撮っても日の目を見ないものが貯まる。

 きょうは買い物で浜田から益田に向けて走り、三隅町の梅林公園に寄ってみた。5分咲きといったところか。

e0091879_1554384.jpg
八幡の大歳神社周辺。この時期、例年なら1mの積雪があるのに今年はもう畦が見えた

e0091879_157676.jpg
雪の下にあった川が雪解け水を集めて柴木川に向けて走る。不用意に田んぼを歩けばこの川に落ちてしまい危険だったが、今年は早くから川の位置がわかった。

e0091879_1583287.jpg
聖湖。定点撮影のように日を追って撮影したが、日々姿が変わるので驚いた。

by konno_noboru | 2009-02-16 02:10 | Comments(6)

山に暮らせば

2009.02.06 立春も過ぎた。例年なら厳寒期といった感じなのだが、寒くない。道路の雪は全くないし、急傾斜の法面の雪に亀裂が入り、雪崩のようにずり落ちる。芸北では屋根から落ちる雪を「雪ずり」という。道路沿いの家には「屋根からの落雪に注意!」という看板がよく目につく。
 1月後半から聖湖の見える急傾斜の法面に上がっているのだが、昨日は途中でやめた。1m近い積雪の法面にたくさんの亀裂が入っている。場所によってはずり落ちている。積もっているところが草なので雪も滑りやすい。亀裂が足もとになると何となく気持ちが悪い。しかし、冬の景色が1日で劇的に変化するということを目の当たりに出来るのでまた明日上がろう。

 仙水湖(王泊ダム)もほぼ全面結氷。川の流れ込み近くで溶けてはいるが、やはり「名のみの春」といった感じ。


e0091879_2250167.jpg
撮影は2月5日。天気が悪く臥竜山が見えなかった。聖湖の流れ込みの氷が溶け始めている。黒く見えているの道路ではなく川筋。2週間の間で臥竜山に樹氷が着き、その姿がきれいに見えたのは2回だけだった。

e0091879_0411598.jpg
1月27日撮影。右端の川筋とわかる部分が29日には真っ白になる。川筋は撮影に行くたびに変化していた。

e0091879_22512748.jpg
仙水湖(王泊ダム)。積雪で湖岸を歩いていたが、雪も溶け車で通れる。湖はまだ全面結氷に近い。

e0091879_22522991.jpg
湖岸では氷が溶けば始めたらしい。湖面では花びらを広げたようなものやブロックをきれいに並べたようなものなど色んな文様が見える

by konno_noboru | 2009-02-06 23:20 | Comments(5)