<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2010.04.28  きょうは暖かかった。芸北の桜のライトアップはいつまでありますか-と尋ねられた。長沢の枝垂れ桜を見に行き、地主の小川さんに聞くと「冷え込みがあり桜の持ちが良いので今月いっぱいは点灯する」とのこと。橋山・大歳神社の枝垂れ桜はライトアップはないが、ライトを点灯して夜桜に挑戦した。確かに今年は桜の満開の期間が長い。存分に楽しめた。

 春先に冬ごもりから目覚めた熊が食べるヒメザゼンソウの花を見つけた。熊の食痕はなかった。
 リンゴの花はまだ咲かないが湿原の立金花は咲き始め確かな足取りで芸北の春がやってくる。

e0091879_0223089.jpg
咲き始めた立金花

e0091879_0231270.jpg
ヒメザゼンソウの花

e0091879_0233857.jpg
大歳神社の桜。月夜だった。ライトを点灯して撮影。

by konno_noboru | 2010-04-29 00:27 | Comments(1)

山に暮らせば

2010.04.27 5月1日から北広島町有田のショッピングセンター2Fのギャラリー森(しん)で写真展を開きます。ちょうど連休中ですが、時間がありましたら、見に来ていただければ幸いです。

写真を楽しんで良いのが撮れたら嬉しい。喜んで見てもらえたらもっと嬉しい。「山からのたより写真展」も7回目。最初のころは小学校入学の1年生の未熟さと同じように写真の腕も未熟でした。子供たちが努力と忍耐と歳月を重ねて中学生になったように、同じ歳月、私たちも写真を撮ってきました。
今、新たな気持ちで再スタート。今までの「山からのたより」に変えて「花ありて」としました。そして説明文の中にタイトルとともに歳時記の中から選んで俳句を付記しました。歳時記をめくりながら5・7・5文字にかけた日本人のすばらしい感性に改めて感動し、写真の素材には事欠かないと言うことも知らされました。フォト俳句も流行です。美しい日本語の中に織り込まれた映像を写真で表現できたら素晴らしいことです。見果てぬ夢ですが、俳句や短歌といった古い日本の美意識を意識の真ん中に据えて、写真を撮っていければいいと考えています。今回は花ばかりの写真です。花の魅力に感動しながら撮りましたが、十分表現できなかった部分もあります。お気に入りの写真があれば良いな-と思っています。
e0091879_2341375.jpg

by konno_noboru | 2010-04-27 23:41 | Comments(1)

山に暮らせば

2010.04.21  桜のシーズン終了間際。天気予報では明日は冷えるという。満開を迎えた桜は25日ころまでもちそうだ。
 長沢の枝垂れは満開。橋山・大歳神社も満開。地久院もほぼ満開。そう、視覚に入る桜はすべて満開。だが、同じ芸北でもやはり八幡は違う。まだ蕾。桜前線が北上して間もなく本州最後の青森県が開花になるが、たぶん八幡もそのころだろう。
 
 3月22日、益田市の城山桜、安養寺、医光寺の桜から始まった今年の一本桜撮影行は一カ月になった。17日には庄原の要害桜~森湯谷エドヒガン~高野町円正寺のさくらを見て歩く。たぶん最後は別尺千鳥。
 桜を追いかけている間に小さな花も咲いた。ミツバチのように花から花への移動が続く。

さくら・ふみさん 25日ころまで芸北のさくらは楽しめます。お出かけください。

e0091879_0324364.jpg
長沢の枝垂れ桜。九州の人たちに人気。観光バスでやってくる。

e0091879_0331832.jpg
地久院の枝垂れ。長沢に比べて少し人気が低迷。電線が多いことが原因かなあ。

e0091879_042413.jpg
橋山・枝垂れ。最近では時々カメラマンに会うようになった。

e0091879_0335820.jpg
庄原市・円正寺の枝垂れ。

e0091879_0341661.jpg
庄原市・森湯谷のエドヒガン。ここも観光バスで来る人が多い。

by konno_noboru | 2010-04-22 00:52 | Comments(2)

山に暮らせば

2010.04.16  昨日は雪が舞った。積雪は0㌢だが、パラパラと白くなった。夕時、近くのおばあちゃん(私と歳がいくつ違うのかよくわからないのでおばあちゃんと言うが、歳は近いかもしれない)が頭からショールをかぶって「いつまでも寒いね。桜も縮んだがね」と言った。
 長沢の枝垂れ桜と橋山・大歳神社の桜を見に行った後だったので、確かにそうだと納得した。長沢も大歳神社も上部だけ白い花が見える。開花宣言だ。満開は20日頃かなと思う。

  芸北の地久院・正光屋敷跡・長沢・原田邸の4本については北広島町観光協会芸北支部の杉本洋子さんが開花状況を更新するだろうから、桜情報はhttp://www.geihoku.orgで最新の情報を見てください。
 

  いつも最後に見るカタクリが満開になった。やはり暖かいところとは1カ月違う。春蘭も咲いた。水芭蕉も咲いた。
 きょうは花冷え。写真展の作品が仕上がったというので市内に取りに行く。途中、見たい花があるので寄り道し、ゆっくり見てきたい。

e0091879_119558.jpg
橋山・大歳神社の枝垂れ桜。咲き初めと言ったところ。

e0091879_10493922.jpg
長沢(ながぞう)の枝垂れ桜。地主の小川さんが心血を注いで周辺の整備をしてくださる。今年も新たな撮影ポイントにと杉を切ってくださった。いつも大変な苦労をしていただいているので感謝である。

e0091879_10504340.jpg
R191の虫木峠付近。山桜が咲き、木々の芽吹きも美しい場所。

e0091879_10512356.jpg
カタクリ。やはり寒い場所の開花は遅い。遅霜の被害もなくきれいな花を咲かせた。

e0091879_1052036.jpg
春蘭。陽当たりのいい斜面で咲いている。今年はたくさん咲いた。

e0091879_1052348.jpg
水芭蕉。よそから持ち込んだものだから芸北に似つかわしくないと言う意見もあるが、咲けばそこが新しいふるさと。

by konno_noboru | 2010-04-16 11:21 | Comments(4)

山に暮らせば

2010.04.12  車を走らせながらそこが随分昔に通ったことのある道だと気づいた。様変わりが激しいけれど、ところどころに見覚えのある景色があった。中国山地のスキー場に近い谷間の集落。そこを訪ねたのはもう20年も前。近くでの仕事(取材)の後「我が家に寄ってみますか」という後輩の言葉に乗ったものだった。
9日、雨の坂道を歩いた。地元の人が手押し車で下ってきた。「○○さんの家はどこだったですかね?」と聞くと「家はもっと下だが、広島に出て誰もおらん」という返事だった。谷筋のところどころに空き家があるのには気づいた。彼も生活の基盤を市内に移したまま、ふるさとには帰ってこなかったのだと思った。
静かな雨の谷でひときわ華やかな場所があった。枝垂れ桜数本並び咲き誇っていた。桜の下をくぐり、家をのぞいたが、空き家のようだった。

10日は夜桜見物。午後5時過ぎ3日間だけライトアップされるに安芸太田町の与一野へ行き、そのあと大朝の超専寺、圓立寺の3カ所を回る。午後九時にはライトは消えるだろうから、バタバタ走り回ることになった。


e0091879_23433239.jpg
雨の中で咲いていた枝垂れ桜。

e0091879_234637.jpg
与一野の桜。小高い山の上にあるので下の道から撮る。麓に家があるので入れてみたが、ライトアップの桜と電気がつかない家との露出差が大きいので、撮影が少ししんどかった

e0091879_2347675.jpg
やはり道路から撮影。少しアップで狙った。

e0091879_23472467.jpg
大朝・超専寺の桜。

e0091879_235543100.jpg
大朝・圓立寺の枝垂れ桜。

by konno_noboru | 2010-04-12 23:57 | Comments(2)

山に暮らせば

2010.04.08  おばあちゃんは87歳、一人暮らしだと言った。花の写真を撮った後「おばあちゃんの写真も撮らせてください」というと少し曲がり加減の背筋をピンと伸ばし、髪をなでつけ、夕陽の方に顔を向けた。おばあちゃんの後方のなだらかな手入れのされていない斜面にカタクリの花が咲いていた。家と斜面はほぼ接していて花のある場所は見えにくい。北広島町の田園地帯でひっそり咲いていたのだが、時折、人が掘りに来るといって笑う。「来年は花がたくさん咲くように草刈りに来ますから」といったら「草刈りは好きじゃけえきれいに刈るよ」といってまた笑った。

 大朝・圓立寺の枝垂れ桜もずいぶん咲いた。少し離れて見ればピンクに見える。週末には満開になるかもしれない。
e0091879_0155454.jpg
農家の裏でひっそり咲くカタクリ

e0091879_0161652.jpg
今年は下刈りができなかったのでカタクリは笹の中にあった

e0091879_0164917.jpg
大朝・圓立寺の枝垂れ桜。間もなく満開だろう。

e0091879_0171138.jpg
枝垂れ桜の花は小さくかわいい。

e0091879_0172958.jpg
ハシリドコロ。咲くときは花束のような形から1つずつ開花していく。

by konno_noboru | 2010-04-09 00:27 | Comments(2)

山に暮らせば

2010.04.01  今夜は雨。写真展の準備中。気分がいらつく。期日は待ってくれないが、締め切りには間に合わせる。現役時代、原稿が出せなくてイライラしたのと同じ気分。

 益田・医光寺がセンリさん、初ちゃんさんお二人の思い出を引き出せたことはすごく嬉しいこと。小生も現役時代、山口支社にいたので益田市は近く、たびたび訪れたところ。ちょっぴり思い出がある。撮影行が広島からすれば圧倒的に西になるのも山口時代の思い出を巡り歩いているからかもしれない。
 カタクリもアズマイチゲも彼岸花も他の多くの花も山口支社から錦町を経由して帰省する途中に見つけたもの。それが今も続いている。きのうは島根県六日市(現吉賀町)にカタクリとアズマイチゲ、ニリンソウを見に行った。カタクリは自生地が2カ所あるが公開地は満開に近かった。アズマイチゲが終了し、ニリンソウが咲き始めていた。

 29日夜、大平桜の撮影に出かけた。満月と満開の桜と雲のない好天気の3つの条件を満たすことは奇跡に近いと書いた。勘違いして満月には1日早かったが幸運が巡ってきたと思った。
 
e0091879_0461895.jpg
大平桜と満月。時おり雲が流れてすばらしい夜桜になった。

e0091879_0582027.jpg
月の明かりが強く、にじんでしまう。当然「ウサギの餅つき」は見えない。

e0091879_0465552.jpg
日没直後。色温度の関係で空が青くなる。月はまだ低く、画面右下にある。

e0091879_12131515.jpg
吉賀町のカタクリ。少し天気が悪かったがたくさん咲いていた。

e0091879_1294563.jpg
咲き始めたニリンソウ。

e0091879_0511727.jpg
田圃で見つけたキジの夫婦。

by konno_noboru | 2010-04-02 01:01 | Comments(4)