<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2011.01.29  天気予報を見ながらふと荒れる日本海を思った。食料品の買い出しをかねて益田市へ向かう。途中、降りしきる雪の中で民家の屋根に降り積もった雪が道路にまで溶岩のように流れ出ているのが気になった。車を走らせれば路肩の雪壁で凹の形になった道路。強い風が凹の部分に流れ込み渦巻きになる。一瞬前が見えなくなり車を止める。
 いま、初めて芸北の雪を見て驚く人が多い。だがもっと驚いているのは地元の人ではないかと思う。屋根から落ちた雪は堅い。スコップやスノーダンプでは処理できない。重機でなければ除雪は出来ない状況になっている。近年なかったことだ。今夜も雪が舞う。

 益田市の唐音海岸の水仙公園へ行く。ときおり日本海から雪混じりの烈風が吹く。公園の整備が一段と進んでいる。たたき付けてくる雪に逆らって海岸へ出る。スイセンの香りが少しした。咲き具合は昨年より遅れている。まだ蕾が多い。2月10日ころが見ごろかなと思う。


e0091879_10669.jpg
雪に覆われた民家。他の家でも屋根から落ちた雪で窓が覆われ、中にいれば暗いと言う。

e0091879_102879.jpg
水仙公園。蕾がまだ多い。葉が潮風に焼け茶色になったのはあるが、咲いている花にはダメージはなさそう。

e0091879_092449.jpg
春らしい香りがした。

e0091879_094399.jpg
日本海から雪が来る。高島が雪に飲み込まれていく。

by konno_noboru | 2011-01-30 00:18 | Comments(0)

山に暮らせば

2011.01.27  鉛色の空が続いていたが、きょうは午後から旧芸北町役場付近は青空がのぞいた。雪が魔法のように風景を変えるといつも思う。八幡は顕著にその特徴が現れる。同じ場所に立っても景観が変わる。
久しく樹氷に覆われた苅尾(臥竜山)を見ていないので、八幡に行く。八幡洞門を越えると青空が消えた。いつものところで青空が広がるのを待つことにする。苅尾山の隣の掛頭山は青空をバックになだらかな山容を見せてくれる。しかし、苅尾は姿を見せない。西から流れる雲の高さはほぼ1300m。苅尾は1223m。山と雲の間はわずか。雲が日差しを遮り、樹氷の苅尾が見えない。車の中でじっと待つ。陽が西に傾きかけたころから時々、樹氷の山に日が射し込む。午後5時を過ぎた。夕焼けで山が染まることを期待したがただ鉛色が濃くなるだけで期待は裏切られた。

e0091879_221075.jpg
午後4時半、西日を受けて樹氷の苅尾が姿を見せてくれた。さらに夕日に赤く染まることを期待したが、残念ながらダメだった。

e0091879_22102610.jpg
八幡の田圃にある川。右岸側から雪庇が伸びる。雪に覆われて間もなく川は見えなくなる。

e0091879_22105655.jpg
八幡・大歳神社手前の中島橋。川岸の雪の厚さが積雪量。1m以上ある。スノーシューをはいて神社へ入った。

e0091879_22115488.jpg
雄鹿原でみた氷柱。

by konno_noboru | 2011-01-27 22:26 | Comments(0)

山に暮らせば

2011.01.22  少し雪が降った。地元の人は「あの程度は降ったと言わない」と笑う。車の上に軽く積もった雪はすぐに溶けた。道路の雪はほとんど消えて、車を走らせるに不安はない。
 きょうも八幡界隈を走った。雪と風と太陽が織りなす世界は一瞬たりとも気が抜けないほど変化する。苅尾山の上あたりにある朝の太陽。西風が雲も飛ばす。雲が切れ、太陽光が降り注ぐ雪原と化した田圃。まるで懐中電灯で照らすように光の帯が東に走る。光を受けて雪に埋まりそうな民家が浮かび上がる。細長い光の帯となって光が次々やってくる。風と雲が芸をしてくれたらそれで良いのだ。
 カメラを持った人に多く出会う。晴れたらいいと言う人もいるし、もう少し暗い空が良いという人もいる。晴れた日が幸運なのか、雪の日が幸運なのかわからない。わかるのはただ待つしかないと言うことだけ。雲が切れ光が当たるのを待ち伏せするようにじっと待つ。

e0091879_2355659.jpg
孤高の山になったのは強風と雪が織りなしたもの。雪が積もればまた形が変わる

e0091879_237384.jpg
八幡高原の中でどこが好きかと問われたらこの風景の見えるところと答える。ここなら何時間でも待てる。

e0091879_2337493.jpg
全面結氷した王泊ダム。新聞に掲載された杉本洋子さんの写真が撮られた後、雪が降り氷紋は消えた。

e0091879_2391130.jpg
樽床ダム。雪で真っ白になっている。

by konno_noboru | 2011-01-22 23:17 | Comments(1)

山に暮らせば

2011.01.17  その2  午前11時34分芸北・長者原。凄い! と言えば良いのだろうか? 目の前に広がる雪の量を見て「大変だ!」と言う気持ちになる。除雪のしんどさがわからないわけではない。捨てるだけの作業のむなしさも知っている。除雪をしている人に写真を撮らせてほしいとお願いしたとき「遊びでやっとるんじゃない」と一喝されたことが忘れられない。

昭和38年豪雪の凄さは話には聞く。「2階から出入りしていた」とか「電線をまたいだ」と言った話だ。だが、2階から出入りしている写真を見たことがない。地元には今回の雪が38豪雪に匹敵すると言う人もいる。「遊びでないことは100も承知」。一喝されても、雪と戦っているのだということを記録しておかなければならない。

いつか雪と戦う人たちのアップがしたいと思っている。

e0091879_21394496.jpg
国道191号線。長者原から苅尾山を望む場所。積雪が多く地面が盛り上がったような写真になる。

e0091879_21401552.jpg
役場八幡出張所付近。雪の捨て場がないから大きな雪山が出来る。

e0091879_21403460.jpg
大歳神社。道路に除雪で出来た高い雪の壁。背伸びしないと風景が見えない。

e0091879_21405587.jpg
前回、同じところの写真をアップしているので比べて見てください。

by konno_noboru | 2011-01-17 21:50 | Comments(1)

山にkぅらせば

2011.01.17 その1  午前7時30分 朝焼けである。昨日、吾妻山山麓の庄原市比和町に行って沼田の家に戻った。今朝は少し早めに起きた。洗面所の窓を開けてハッとした。カメラを持って外に出る。我が家は西風新都ICのすぐそば。高速道の遮音壁が出来て景観は悪くなったが、それでも背後の山は見える。雪を被った山が赤く染まる。
 午前8時10分 市立大学のある山に走る。Aシティーが眼下に広がる。南の方に大峰山(湯来町)も見える。積雪190㌢の芸北に戻ろう。
 10時20分 芸北に向けて走る。牛頭山トンネル入り口までは青空。
 10時58分 安芸太田町松原交差点 真っ直ぐ走れば芸北へ11㎞。
 11時07分 深入山
 11時34分 芸北入り
 
e0091879_20542444.jpg
珍しく赤く染まった山。北斎の赤富士や刈尾山(臥竜山)が赤く染まったのを思い出す。

e0091879_20545478.jpg
Aシティー眺望。ビッグアーチも見える。

e0091879_20551187.jpg
牛頭山トンネル入り口。青空と曇り空の境がこの辺りから始まる

e0091879_20554910.jpg
松原交差点はロードヒーティングがあるので圧雪はない。

e0091879_20562175.jpg
深入山。山頂と空の境がわからない。墨絵の世界だ。

by konno_noboru | 2011-01-17 21:03 | Comments(1)

山に暮らせば

2011.01.11  今夜もまた少し雪が降った。「もう、雪はええよのう(いらんよのう)」 という会話になる。38豪雪を知っている人は、今年の雪は38豪雪を凌ぐのではないかという。大型のロータリー除雪車や各家庭にある重機、除雪機がなければ雪と戦うことは出来ない。道路が確保され、家の作りにも雪対策が施され、丈夫にもなった。さらに生活の知恵で雪の害から逃れる。

きょうは今冬初めてカンジキ、スノーシューを付けた。腰まである雪の中を歩いても20~30㌢沈む程度で歩ける。ただ、川も雪で覆われているし、あぜ道と道路の段差もわからないので注意が必要。カンジキを付けていても転ぶこともある。10人が大歳神社界隈を歩いた。スノーシューやカンジキで歩くので、最後尾を歩く人は圧雪された雪になっているので長靴だけで十分。

カリオ(臥竜山)が見えたのは2日と8日だけ。きょう、昼前に樹氷に覆われたカリオが少しの間見えた。正月は市内に出ていなかったが、雪の降らない日がなかった。明日の朝、冷え込みが厳しいという。早起きしなければいけないかも。


e0091879_114828.jpg
久ぶりに見えたカリオ。山頂のブナは樹氷に覆われている。

e0091879_1143022.jpg
大歳神社からカリオを眺める。境内には獣の足跡がたくさん残る。

e0091879_1163520.jpg
大歳神社のブナのある社叢林。

e0091879_1151270.jpg
久しぶりに見たつかの間の青空。カリオとは反対の西の空だ。

e0091879_116489.jpg
広い雪原に残る獣の足跡。

by konno_noboru | 2011-01-12 01:17 | Comments(1)

山にkぅらせば

2011.01.10  風邪をひいた。2日前くらいから身体がだるかったが、さすがにきょうは検温した。市販の風邪薬を飲み、眠った。汗をかいたので起きたが2時間寝たようだ。すぐに寝ようと思ったがどうも寝付かれない。 きょうの撮影分でも整理しておこうとまたパソコンに向かう。

 八幡の積雪は130㌢。大歳神社の正面参道を直進した。参道そばの民家がとぎれ、残り20mのところから除雪されてない部分がある。初詣の時には除雪されていたのだろうが、その後に降った雪だろう。歩けば腰まである。軟らかい乾燥した雪だが、腰でラッセルしなければ進めない。3、4歩歩いてすぐ止めた。鉛色の空から小雪は静かに舞う。時おり見かける人は家の前の除雪作業中。
 芸北の長い冬が続く。
e0091879_1564512.jpg
八幡・大歳神社表参道。初詣が終わり、降り積もった雪は腰まであった。鳥居が低く見えるほど積もっているので突っ込んでみようという衝動には駆られたが、少しラッセルして、すぐに止めた。

e0091879_157751.jpg
川の中に飛び石があったのだろうか。雑草の上に積もったのだろうか。石だったか、河原の草だったか思い出せない。

e0091879_1573466.jpg
この時期の写真がどうしても暗くなる。芸北の冬の色がいつも暗い訳ではない。鉛色の世界であることに違いはないが、モノクロ写真で育ったせいか、すっ飛んだ白よりグレーがかった白が好きなのだ。

e0091879_1575731.jpg
天気が良ければ右後方にカリオ(臥竜山)が見えるはずだが、今年はまだすっきり晴れ渡った日のカリオを見ていない。

by konno_noboru | 2011-01-11 02:07 | Comments(0)

山に暮らせば

2011.01.05  きょう、昼過ぎに芸北に上がってきた。久しぶりに国道191号線を走った。戸河内ICを下りて三段峡に向かうにつれて雪の量が増える。虫木トンネルを越えて松原から深入山方向へ向かう。除雪は完璧だが予想通り道戦峠周辺だけ少し圧雪がある。路肩の雪の高さは1mを越えている。
 八幡に入ると雪が降り始めたが小雪だ。道沿いの家は屋根から落ちた雪がうず高く積もっている。平成17年から18年にかけて降った大雪に手の施しようもないなと思った雪景色の記憶が蘇った。現在では各家庭で使う除雪機も大型化したが、しんどい作業に違いない。雪掘りをするとき芸北に来た初めての冬の雪は楽しかった。クロカンスキーをしたり、雪掘りも体力作りだと気軽だった。半分だけ芸北人になった今、雪掘りは苦痛でただ寡黙にやるしかない作業だと思う。
 天気予報でまた雪が降るという。

e0091879_2341138.jpg
厳しさの中に潜んでいる美しさハッとする。

e0091879_2344156.jpg
屋根から落ち玄関を塞いだ雪を自家用の除雪機で飛ばす。

e0091879_235683.jpg
捨て場のない雪もでる。集めてトラックで捨てに行く作業もある。

e0091879_235395.jpg
八幡・尾崎沼湿原に行く道の路肩にも1mを越える雪の壁が出来た。

e0091879_2355919.jpg
除雪後、また雪が降る。雪道で自転車に乗れるとは思えない。前の篭に荷物を乗せて運ぶためのものだろうか。

by konno_noboru | 2011-01-05 23:17 | Comments(2)

山に暮らせば

2011.01.04  仕事始めですね。今年の正月は例年になくのんびりして市内で過ごしています。5歳(双子)と3歳、1歳の四人の孫の相手が結構楽しくて、一緒に遊んでいます。

 芸北観光協会のHPを見ると1月3日の芸北・八幡の雪景色の写真がアップされているのでじっとしているわけにはいかないなと思います。同時に2011年版のカレンダーのことが載っています。
 今頃になってPRするのもおかしいのですが、芸北写真くらぶのメンバーがカレンダー作りに協力しています。同くらぶの会員が撮影した写真で構成されています。今回は芸北に自生する野生ランの特集です。とてもきれいな仕上がりだと思います。詳しいことは芸北観光協会http://www.geihoku.org/のHPをご覧ください。小生の写真も使っていただきました。

 PRもします、販売もしますといった手前、頑張らないといけないのです。よろしくお願いします。

e0091879_1792612.jpg
詳細は芸北観光協会のHPで。

by konno_noboru | 2011-01-04 17:12 | Comments(2)

山に暮らせば

2011.01.01  あけまして おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 31日に市内に戻った。賀状や写真展の礼状を出さなければならないので年末のプリンター故障は想定外。段取りがすべて狂った。プリンターの後継機を求めて、電器店を走り回った。しかし、希望の機種がどこの店にも在庫がなく取り寄せになる。注文しても10日はかかるという。結局、別の機種にした。
 大慌てで賀状を作ったが、気の抜けたビールのような感じがして、賀状をくださった方に申し訳ない思いだ。
 
 31日、芸北の積雪は1mだった。家の前は車1台が通れる幅だけ除雪され道路脇の駐車スペースは除雪された雪で山のようになった。幹線道路の除雪も激しく降る雪で除いてもまたすぐ貯まるといった状況で、除雪車と頻繁にすれ違う。雷が鳴り、薄暗くなって降る雪の中を市内に戻ったが、鈴張まで下りてくると道路に雪もない。
 
 正月を市内で過ごしている。パソコン故障の後遺症を引きずっているのでのんびりする時間が少ない。芸北の雪の量が気になるので電話で聞けば降っているという。1m50にはなっているようだ。「芸北は冬こそ美しい!」と言い続けているので、早めに芸北に戻ろう。

e0091879_021951.jpg
12月31日の芸北・亀山八幡宮。降る雪と社叢の木々の枝に積もった雪も風に飛ばされて降る。

e0091879_0214051.jpg
亀山神社前の地久院の枝垂れ桜。雲が切れ、青空が出るのを期待して待ったが鉛色の空は変わらなかった。

e0091879_0223255.jpg
屋根に積もった雪は30㌢くらい積もれば滑り落ちる。落ちた後にまた屋根には積もる。冷え込みが激しいとずり落ちなくて内側に巻き込む。

by konno_noboru | 2011-01-02 00:29 | Comments(4)