<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2011.02.20  昨夜、友人の山荘で酒を飲む。3人だったが、1人は全く飲まない(飲めない?)ので2人で1升瓶が空いた。飲みはじめが遅かったが、「午前4時になる。寝ようや」の声で終わり。
 朝、山仲間4人が来てスキーに行くという。小生は苅尾山(臥竜山)に登ることにする。前日、福岡から来たという登山グループが登ることを聞いていたので、登山道は踏まれて堅くなっているはず。登山靴を車に乗せてないのでスノーブーツのまま午前11時半、入山。気温が高く無風。堅いはずの雪道がゆるんでいる。携行の簡易カンジキを履く。雪が多い。登山道周辺に引き裂かれたように枝折れした木が多い。8合目で先行の広島県山岳連盟のわんぱく登山部に合う。子供は凄い。2m近い積雪の山でたくましく遊んでいた。子供たちも雪霊水の場所を探したらしいが雪に埋もれて何処にあるのかわからなかった。幼児体験というのは歳を取っても身体に染み込んでいるもの。
 山頂の大岩も完全に雪の下。尾根を歩く。振り返ると雪の三瓶山らしい山が見える。大江高山ではないはずだが-。左手に深入山、右手に聖湖。しばし雪の上に座り景観を楽しむ。2時30分、来た道を引き返すし下山。右足にけいれんが起きる。歳を取ったなあと思った。
e0091879_23161140.jpg
尾根から三瓶山らしい山が見えた。何となく得した気分。

e0091879_2318612.jpg
尾根筋。正面が山頂。ブッシュもなく山頂尾根は自由に歩ける。風もなく、暖かい。

e0091879_23205452.jpg
8合目駐車場。雪霊水も完全に埋まっている。そばにあったモミジの木が折れている。

e0091879_23242358.jpg
山頂尾根から見た全面凍結した聖湖、恐羅漢山、十方山、奥に吉和冠山。

e0091879_23272762.jpg
山頂の大岩は雪の下。積雪は3mくらいあるのだろう。
e0091879_23292048.jpg
参考に紅葉の時期の山頂大岩を添付。右端の三本ある標識が高さ1m。

by konno_noboru | 2011-02-20 23:30 | Comments(1)

山に暮らせば

2011.02.18-2 きょうは小さな雪が舞っている。川小田(旧芸北町役場付近)では道路に積もるほどではないが、車で10分程度走ったところにある八幡洞門の近くでは除雪車が出動していた。木々は着雪が凍り付いた感じ。雪で覆い隠されそうだった川も雪しろで水量を増している。雪に覆われていた民家の石州瓦の朱(あか)い色も昨日の雨で久しぶりに現れた。

 16日朝、芸北・八幡から「冷え込みが厳しく、-20℃です」とメールが届いた。観光協会芸北支部のHPにアップしましたと追伸もあった。15日夜、市内で写真教室があり市内にいたので戻ることも出来なかった。芸北に戻り、翌朝の冷え込みを期待したが、残念ながら雨。

e0091879_18585641.jpg
着雪がそのまま凍り付いたのだろう。霧氷とは違って透明は氷のようだった。

e0091879_18593768.jpg
八幡の田圃の中にある小川。雪に覆われていた川が見えた。岸辺にある雪のひび割れたところから雪崩のように滑り落ちる。

by konno_noboru | 2011-02-18 18:59 | Comments(0)

山に暮らせば

2011.02.18 
 14日は写真教室だったが、芸北の天気が悪いので植物園に変更した。前日までラン祭りだったのでまだ多くの花が残っていた。

e0091879_18471515.jpg
植物園も小雪だった。雪の中で咲いていた座禅草

e0091879_1848783.jpg
ロウバイにも雪。

e0091879_1849137.jpg


e0091879_18501878.jpg


e0091879_1851142.jpg


e0091879_18563285.jpg

by konno_noboru | 2011-02-18 18:56 | Comments(0)

山に暮らせば

2011.02.12  けさは猛吹雪だ。191スキー場でワールドスノーボードフェスティバルが開かれているのだが、とても写真を撮れる状況ではないので行くことを断念。
 除雪車の音がするので窓から覗く。隣の主人が我が家の前もきれいに除雪してくれる。とてもスコップやスノーダンプで除雪できる作業ではないので大助かり。感謝!。

 外に出てみた。まず風上に向かっては歩けない。背中で風を受けて後ずさりの形で進む。カメラはナイロンの防水袋に入れてレンズだけむき出しにしている。風上向きではレンズが濡れて撮影は無理。雪がばりばりと音を立てて背中を叩く。少し歩いて引き返す。

 昨夜、とても眠くてブログの写真も1枚アップしたところで終わった。1枚だけというのは何となく寂しいなと感じている。昨日の写真は昨日のところに後戻りして追加だ。


e0091879_1335640.jpg
除雪車でガレージの前の雪をのぞいてもらう。まだ横殴りの雪が降る。今度は屋根から落ちた雪が山積みになる。

e0091879_1342892.jpg
国道186号線。撮影は正午。薄暗くなり見通しも悪い。車はライトをつけて走る。芸北に大雪警報が出ている。

e0091879_1345612.jpg
我が家の前。とにかく降る。もううんざりするほど降る。芸北の春は遠い。

by konno_noboru | 2011-02-12 13:14 | Comments(0)

山に暮らせば

2011.02.11  芸北・八幡のメーン道路。今夜、地元の人たちが道路沿いの雪壁にロウソクを灯した。車で走る人たちも気づくのだろうゆっくり走る。
 きょうも益田市に食料の買い出しに行く。少し遠回りだが、三隅町の三隅記念梅林公園に寄る。イノシシが梅の下を耕している。新しい糞があるので、昨夜から今朝にかけて掘ったのだろう。掘り返しの中にフキノトウが2つあった。
 買い物をして店を出たとき気温は6℃で小雨。帰り道は国道191号線。益田市から中国山地に向かって坂道を上る。益田市の店はほぼ海抜ゼロ㍍。標高800㍍の八幡は氷点下で雪と予想した。美都町で3℃、匹見町で0℃、峠を登りきった八幡では予想通り-2℃で雪。国道191号線から県道307に入る。道の両サイドは高さ1㍍の雪壁が続く。八幡郵便局付近からロウソクの点灯された道になる。
 粉雪が舞う。車のいない時を見計らって撮影。

e0091879_123572.jpg
ロウソクには紙の風防がしてあった。紅い光がさらに紅く見える。新燃岳の夜の噴火のような色に見えた。

e0091879_12551611.jpg
1000本近くある梅林で1本だけ咲いていた紅梅。

e0091879_1255387.jpg
きれいなピンク色をしている。

e0091879_1257999.jpg
イノシシの掘った跡。ミミズを探したのだろうか掘り跡はとにかく凄い。

by konno_noboru | 2011-02-12 01:32 | Comments(2)

山に暮らせば

2011.02.05  部屋の中にぽつんと座っているとスイセンの香りがする。花瓶に生けてあるわけではない。着ているセーターに染みこんだ香りだろうか。きょうも日本海に面した唐音海岸の水仙公園に行った。咲き乱れるスイセンの香りの中を歩き回っているうちに香りが染みこんだらしい。柑橘系の香りが好きで、スイセンの花の香りはあまり好きではない。しかし、花いっぱいの中で感じた強烈な香りとは違ってほのかに匂うのは良い。何度もセーターの袖を鼻に当ててみる。

 水仙公園の中を歩きながら八重の花があるのに気づく。シンプルな日本水仙が好きなので花びらの多い花の複雑さに見入る。匂いも強烈なものよりほのかなのが良いと同じで単純なのが好きだ。
 昼食は近くにある「荒磯館」。食べるものは海鮮どんぶりに決まっている。海辺に魚の開きが干してある。アジだろうと眺めながら「とらせてください」と店の人に頼む。その人は一瞬躊躇して「あれは宿泊のお客さんの朝食用ですので-」と言った。日本語は難しいのだ。「撮らせてください」と言ったつもりなのだが、彼女は「おみやげにするので取らせて」と思ったのだ。過去にも「何を撮っているの」と聞かれ「花を撮っているのです」と答えた。そばにいたお孫さんに「花は取ったらいけんのよ!」と可愛い声で叱られたこともあった。野生動物の取材でテンやタヌキ、キツネを撮っているとき「もう襟巻きにするだけの数は捕ったろう」と匹見町の人に言われたこともあった。「撮影させてください」と言えばいいのに「とらせてください」という。気を付けて声をかけなければとまたまた感じた。

e0091879_174593.jpg
シンプルなスイセン。

e0091879_110270.jpg
八重咲きのスイセン

e0091879_121712.jpg
干してあった魚はアジと鯖だ。

by konno_noboru | 2011-02-06 01:03 | Comments(2)

山に暮らせば

2011.02.03  あすは立春。雪に覆われた芸北にいれば春を見つけるのは難しい。雪野に色を求めてもあるはずはない。大朝ICから高速で浜田へ。さらに国道9号を益田へ向かう。
  行く当てはないので、のんびり走る。車を走らせているとき民家の庭先にピンクの花が見えた。石正美術館に寄ろうと思ったが、目的地を三隅梅林記念公園に変更。坂道を上る。眼下に三隅の街が広がり、左手に三隅火力発電所の煙突が見える。梅林に入った。枝先に小さな堅い蕾がついている程度。目に付くのはイノシシが掘り返した跡。探し回ってやっと1輪の紅梅を見つけた。近くにもう2輪開いていた。白梅も1輪ある。しかし、咲き競うのはやはり中旬になるのだろうか。
 運動不足を少しだけでも解消しようと海岸に出るが日本海はとても穏やかだ。信じられないが気温が11℃もある。
 午後4時、水仙公園に寄る。駐車場もきれいに整備され、歩経路もコンクリートできれいになった。
花は5分咲きか。夕方だったが、8人の人に出会った。

e0091879_23572032.jpg
やっと見つけた梅一輪

e0091879_0293352.jpg
水仙公園。5部咲きかな。

e0091879_235844100.jpg
小さな春。ハコベが咲いていた。春が来ているんだなと感じる。

e0091879_005169.jpg
水仙公園の道はきれいになった。影が一番長い日は冬至だが、夕陽を受けると短足も長く見える。

e0091879_2359521.jpg
千代田と大朝の中間の田圃にある藁ぼうとう。

by konno_noboru | 2011-02-03 23:59 | Comments(0)