<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2011.11.26  知人から「柿の実の花が咲いている」という一報があったのは4~5日前。その後、「プロならどう撮る」とまた柿の話になった。たわわに実っている柿のことなのだが同年配の人(Aさんにしておこう)の表現にしたら少し可愛すぎるよなと思い、クスッと笑った。

きょうは青空が広がっていたので「柿の実の花」を見に行こうと思って出た。教えてもらった柿は知らないところではないが、撮影するには難しいと敬遠していた場所。田圃のそばなのだが電線やガードレールがどうしても画面に入る。やはり難しい。クスッと笑ったしっぺ返しにAさんは「プロならどう撮る」と言って、にやりと笑ったのだ。その時の顔を思い出したら、何とかせにゃあならん。

今年は柿が大豊作のようだ。芸北・橋山の大歳神社の向かいにある柿の木も実の花が咲いていた。千代田に食料の買い出しに行く途中、戦国の庭歴史館(吉川元春館跡)にも大きな柿の木があるので寄ってみる。道中、たくさんの柿の木がどれもみな「大豊作」。ちょっとツキノワグマのことが気になった。冬ごもりの前に熊は糖分を必要とする。これ以上 里に出没しなければ良いがと思う。

22日に岡山県・奈義町の那岐山の麓にある菩提寺の大銀杏を見に行った。黄色に色づいていたが6割方の黄葉と役場の人に教えられた。昨年は28日に行っているので、今年、また28日に出かける。樹齢900年の迫力に圧倒される。


e0091879_0523675.jpg
橋山の柿。

e0091879_0261687.jpg
Aさんに教えてもらった柿。場所は芸北の移原

e0091879_0291281.jpg
戦国の庭公園

e0091879_0272447.jpg
島根県・温泉津町の瑞泉寺に銀杏を撮影に行った帰りに見た干し柿。小生の大好物。もう少し乾いたころの状態で冷凍にして、正月に食べるのが例年の楽しみ。

e0091879_0275070.jpg
樹齢900年の大銀杏の迫力に圧倒される。この銀杏の前ではいつも「貫禄負けだ」。

by konno_noboru | 2011-11-27 00:37 | Comments(4)

山に暮らせば

2011.11.18  1カ月ブログの更新を休んだ。気分的に写真を撮る気になれなかったのが最大の理由。ファインダーを覗けば真ん中に薄い暗幕を張ったように黒く見えたり、電柱など垂直のものがゆがんで揺れて見えたりするのでイライラした。当然シャッターを押すのが楽しくない。
  思いもつかなかった目の病気に戸惑っていたが、4日ころからファインダーを覗いても暗幕を透かして見るような暗い見え方が少し改善されているのに気づいた。11日に2回目の水晶体内への注射も終わり、きょうの診察の結果、視力は1.2と0.9、患部の異状もほとんど消えていたので「劇的な治療効果」が出たのではないかと思う。眼科医の母親(染色家)が私の知り合いだと彼に教えられた。沈みかけた気持ちを見事に奮い立たせてくれたし、レーザー治療をせず即注射での治療と決め、その後の手際も見事だった。良い医者に合えた幸運に感謝と思った。

 しばらくの間、左目で撮影したり、液晶を見ながら撮影したりする方法を採った。休んでいる間に撮影したもので急場しのぎ。
 今週になってネクストラップを腕に巻き付け、右手でカメラを握り締めて歩く長年のスタイルがとれるようになったことがとてもうれしい。重く粘り着いたようなシャッター音が次第に軽快に聞こえ始めた。

※ブログを休んでいる間に励ましのメールなどいただきました。ご心配をおかけしました。ありがとうございました。
e0091879_1728352.jpg
 
芸北・細見 ほとんど車に出会うことがないのだが、珍しくトラック3台と出会った。

e0091879_1730406.jpg

芸北・毛無山山麓 新緑とともに秋もすばらしい景観を見せてくれる

e0091879_16413330.jpg
島根・温泉津町 瑞泉寺
よずくハデのある田圃から見える大銀杏。島根巨木百選の1本。今週末が黄葉の最盛期だろう。

e0091879_1644664.jpg
島根・唐音海岸 水仙公園に咲くツワブキ。スイセンも少し咲いていたので1月には見頃になるかも。

e0091879_16444436.jpg
大朝・ほとけばら遊園
全体を見れば今年は少し紅葉にばらつきがあったが、それでも1本ずつ見れば良い木もあった。

e0091879_16471645.jpg
島根・邑南町 浄泉寺
浜田道のピア(橋脚)に掘られた市木杉の横にあるイチョウもまもなく黄色に染まり見頃になる

e0091879_16484434.jpg
唐音海岸でツワブキを撮影中に誰かが「日没までここにいたい」と言った。太陽は見事に日本海に沈んだ。幸運である。

by konno_noboru | 2011-11-18 17:07 | Comments(5)