<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2012.01.26(№3)  20日も更新しなかったので20日分の写真を3回に分けた。夏休みの宿題に手をつけず、間もなく休みが終わるので、あわてて宿題をこなしたといった感じだ。この間芸北で行われた雪合戦大会や市内に出て都市対抗駅伝も撮影したし、水仙の花も終わりだろうと思いながら撮るものがないので唐音の水仙公園にも撮影に出かけた。
 いろいろ撮影した気はするが、選ぶとどうしても暗い写真になる。モノクロ写真で育った影響もあるのだろう。冬が好きなのは色のなさからかもしれない。
午前1時を過ぎた。少し眠くなった。

e0091879_123816.jpg
川岸に出来た雪庇。八幡の集落を吹き抜けた風が正面から来る。次第に川岸に鋭く切れ込んだ形の雪の庇(ひさし)が伸びる。

e0091879_1233057.jpg
耳元でヒューヒュー風がうなる。風上を向けばレンズに雪が吹き付ける。仕方なく横を向く。

e0091879_1244373.jpg
大歳神社に烈風が吹き付ける。地吹雪のように雪が舞い上がり社叢を襲う。

e0091879_1235840.jpg
天使のハシゴ。天使は下りてくるのか、それとも帰って行くのか。

e0091879_1251845.jpg
R186号線。一晩に30㌢以上積もるときは昼でも暗くなる。気温はマイナス6℃だった。

by konno_noboru | 2012-01-27 01:38 | Comments(4)

山に暮らせば

2012.01.26(№2)  八幡の積雪が1mを超えた。いつも思うのだが、芸北の大型除雪車を使っての除雪は抜群に上手だ。ある時、R191号線で対向してくる除雪車を撮影しようと左により過ぎて溝にはまった。排水溝ぎりぎりに除雪がしてあるのに気づかなかったのだ。除雪車を先導する人が知り合いで、笑いながら下りてきて「左に寄り過ぎよお」といって、簡単に側溝から脱出させてくれた。
 きょうも雪を飛ばして走り回る除雪車を多く見た。北広島町の除雪費は1億円を超える。

e0091879_0394725.jpg
R186号線。雪が降りしきる。除雪してもまた雪が降る。

e0091879_041131.jpg
八幡で。ロータリー除雪車から飛ばす雪は木の枝を折るほどのパワーがある。細心の注意で雪を飛ばす角度を決める。

e0091879_0423450.jpg
歩道専用の除雪車。車幅が歩道の幅である。

e0091879_0433330.jpg
屋根から落ちた雪の除雪などでは自家用の機械が登場する。

e0091879_0494084.jpg
スノーダンプでの除雪。人力である。小生も同じ物を使うが、冬場の体力造りだと思って除雪するが、かなりしんどい作業である。

by konno_noboru | 2012-01-27 00:59 | Comments(0)

山に暮らせば

2012.01.26(№1)   最強寒波とテレビが騒ぐ。遠い北国の話ではない。芸北でも多くの除雪車が走り、道路の確保が続く。屋根から落ちた雪掘りや道路までの歩経路の雪掘りが多く見られるが、作業するのはほとんど年配の女性だ。芸北では除雪を雪掘りという。1mの積雪を除くのは雪との格闘である。
 きょう午後3時ころ、地震かと思うほど家が揺れ、50㌢近く積もった屋根の雪が滑り落ちた。玄関が塞がれた。道路に面しているので放ってはおけない。今年2回目の雪掘りが終わったのは午後7時。汗もかいた。
20日間ブログ更新を休んだ。特別な理由があったわけではない。少し多忙だったのかもしれない。
 ここ3~4日間に撮った山の写真から。

e0091879_23531249.jpg
高岳。八幡から400ミリで撮影。

e0091879_23535510.jpg
苅尾(臥龍山)。

e0091879_23543130.jpg
大佐山。雄鹿原から撮影。

e0091879_23551681.jpg
掛頭山。雄鹿原から撮影。山頂左がスキー場

e0091879_2356187.jpg
掛頭山。八幡から撮影。

by konno_noboru | 2012-01-27 00:02 | Comments(1)

山に暮らせば

2012.01.06  風邪を引いたままの越年だった。昨年12月29日の夜、歯がガチガチ言うほど身震いとともに悪寒が襲ってきた。風邪の前兆だった。若いころならすぐに治った風邪が抜けきらないまま正月6日になっても咳が続く。小さな障害を越えるのも難しくなる。それが加齢の証明だと理解できるのに粋がる気持ちがそれをなだめる。。
 きょう、眼科診察のあと芸北・八幡に向かった。晴れた日が少なく苅尾(かりお・臥龍山)があまり顔を見せないと聞いていたので晴れ間が出ることを期待してのんびり大歳神社界隈を歩いて待つことにした。長靴が埋まるので、除雪された道だけを選んで歩く。
  10年以上も見続けた苅尾(臥龍山)は薄いガスがかかって見えない。苅尾(臥龍山)は双耳峰(そうじほう)。1つの山の頂上部に2つのピークを持つ山で地元の人は西側の山頂部を前苅尾と呼ぶと、教えてくれた。西風が吹いて雲が飛び、苅尾が見えた。今年初見参の苅尾だった。

e0091879_236038.jpg
午後3時半、雲が切れて苅尾(臥龍山)が姿を現した。右側が前苅尾。

e0091879_2363729.jpg
八幡の冬を一番幻想的に見せてくれるのは薄日がさし、西から黒い雪雲が次第に迫ってくるとき。

e0091879_2365514.jpg
雲が切れて日が差す。刻一刻と変わる風景をどのように記憶にとどめようかと迷う。

e0091879_2372252.jpg
着雪した木々。

e0091879_238313.jpg
除雪された雪の壁は日に日に高くなっていく。

by konno_noboru | 2012-01-06 23:19 | Comments(1)