<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2012.07.30  26日、午後3時ころ餅の木から三段滝へ向かう。距離は2.2㎞。散歩のつもりで歩く、三段滝について間もなく黒い雲が押し寄せ強烈な雨が降り始めた。雨具はない。雷が頭上で花火の炸裂音のようにドーンと響く。三段滝の付近には雨宿りする場所がない。岩陰に身を潜めたがバッグを入る程度で雨宿りにはならない。帰るしかない。坂を上り木の下に入っても葉を突き破るように雨はたたきつける。ふとメガネのないのに気づいた。どこかに置き忘れたか落としたのか。すでに全身びしょ濡れ。探しに行く気力はない。
 翌日、メガネを探しに行く。午前中に弁当を持ってのんびり歩くつもりで前日歩いた2.2㎞をまた歩く。昼食を過ぎたころまた雷と雨だ。簡易雨合羽はある。前日身を潜めた岩陰にまた入る。メガネを紛失したのはこの岩場と思っていたがない。山道が川のようになったから流れたか、見つからなかった。

 28日、北海道にいる双子の孫が里帰り。その夜、千代田の「陸の管絃祭」へ。
 そしてきょう、奥滝山峡へ行く。またまた雷雨。芸北の夏はいつもスコールのような雨が降る。

 サッカー モロッコに1-0で勝つ。さあ寝よう。

e0091879_2543125.jpg
雨の前に撮った三段滝。この後雨と霧で見えなかった。

e0091879_2593367.jpg
シロテンマ

e0091879_3153489.jpg
ハナイカダ

e0091879_3142243.jpg
ナツエビネはまだ蕾

e0091879_3144134.jpg
商店街を練る千代田・管絃祭りの管絃船・十日市丸。左が有田丸。

e0091879_3513083.jpg
新地丸。有田丸もあり3隻の管絃船が出た。

by konno_noboru | 2012-07-30 03:04 | Comments(4)

山に暮らせば

2017.07.24  アサギマダラを見たのは今月19日。数は少なかった。それから21日、23日、24日とそれぞれ午前中に撮影に行った。日を追うごとに数が増えていた。ちょうど10年前の7月17日に100頭を越えるアサギマダラが飛来しているのを確認して以来、年々数が減っていた。例年ヒヨドリバナが少し盛りを過ぎて茶色に変わるころ(果物でいえば完熟期か)にアサギマダラが集中する。しかし、今年は少し様子が違うようだ。花がまだ白くきれいなときに集まっている。
 10年前、デジタルカメラに移行して間もない時期だった。フィルムではないので撮って撮って撮りまくり、記録メディアがなくなると、家まで帰りデータをパソコンに取り込むとまた撮影に出向いた。生き物を撮影するのは面白い。
  今回、久しぶりに16GBのCF(コンパクトフラッシュ)2枚がいっぱいになった。 とても優雅に飛ぶ蝶を撮るのは本当に楽しい。

e0091879_2382924.jpg
アサギマダラ。羽を広げたまま滑空する姿は優雅だ。

e0091879_23111156.jpg
1つの花に群がることも多い。

e0091879_23125886.jpg
スローシャッターで撮る。少しぶれすぎたようだ。

e0091879_23154671.jpg
アサギマダラと共にミドリヒョウモンとモンキチョウ?かなあ。さらに蜂も来てさまざまな動きが見られる。

e0091879_2320794.jpg
渡りをする蝶のアサギマダラ。羽の色が浅葱色だ。

by konno_noboru | 2012-07-24 23:22 | Comments(5)

山に暮らせば

2012.07.22  昨夜、三次市の市民納涼花火まつりに行った。撮影ポイントはランドマークになる紅い巴橋が見える場所。花火は江の川と馬洗川のほぼ合流点の江の川右岸の河川敷から上がる。
 ヒューヒューと笛を鳴らすような発射音。ロケット打ち上げ時に出る尾を引くような炎をともなって煙火が上がり、空気を揺るがす大音響と共に真上で炸裂する大花火。身体に空気の振動が伝わる臨場感である。
 撮影ポイントは江の川縁。見物客が川へ落下しないようにカラーコーンが並べられてある所から少し離れた場所に三脚を立てた。背後の人には迷惑にならない位置である。花火の打ち上げが始まる前、係員が2度来た。最初、三脚をセットしたところから下がってほしいと言った。理由は分からなかったが「大丈夫、川には落ちません」がこちらの反応。2度目に係員が来た。川縁から下がったにもかかわらず、さらに下がってほしいという。
 川への落下を心配しての配慮と思っていたが理由は「火薬類取締法施行規則」である。「煙火消費における保安距離の基準」というのがあって、今回は200m離れなければならないという。われわれがいた場所が保安距離内で危険ということだ。昨年まではそんなことはなかったし、規制のロープもカラーコーンもなかった。謎はすぐに解けた。大玉を打ち上げる場所が今までより西側(左岸側)に移動し、われわれに近づいたため、少しだけ保安距離内に入ったということらしい。「煙火消費における保安距離の基準」というのは各県で内容が違うということも知った。

 最近は花火を上げるのもコンピューター制御で昔のようにパラパラ上がるものではない。また、短時間に一気に上がる。花火がとても進化してきれいになった。近くで撮る時は明るいので露出オーバーになることが圧倒的に多い。花火は今まで多重露光で撮ってきたが今回は花火までの距離が近いので、長時間露光で多重なしでも撮った。

e0091879_21135496.jpg
長時間撮影 ISO 100 
絞りF10.0  露光時間3秒

e0091879_21142811.jpg
長時間撮影 ISO 400 
絞りF11   露光時間3秒

e0091879_21213215.jpg
多重露光

e0091879_2123106.jpg
多重露光

by konno_noboru | 2012-07-22 21:24 | Comments(3)

山に暮らせば

2012.07.19  山行には虫さされ予防をかねていつも長袖だったが、16日、半袖で雲月山を歩いた。久しぶりに左手首に腕時計の日焼け跡がついた。強い風が吹いて暑さを和らげてくれたが、木陰のない山なので日焼けは仕方ないところ。風は花を撮影していても吹き続けた。ファインダーをのぞいていると被写体である花が突然ファインダーから消える。風の止まる瞬間を待って撮るのだが、結果は散々。
 きょう、午後から改めて雲月山へ。市内は雨が降っているというが、山は時折青空が見える。駐車場に軽自動車が1台止まっていた。車の陰で食事中だった。少し歩けば東屋があるのだが、「ここが好きなのだ」と言った。
 先日、風が吹いて撮れなかったところに行った。残念ながら花は旬を過ぎていた。

 
e0091879_0502331.jpg
ただいま食事中。お昼にしては遅い時間だった。千代田から島根・旭町経由で来たので遅くなったと言った。

e0091879_0531388.jpg
ナデシコ。なでしこジャパンの活躍で人気の花になった。
e0091879_0534993.jpg
キキョウ。秋の七草が咲き始めた。
e0091879_0542285.jpg
ヤブカンゾウ。

e0091879_0545076.jpg
ツチアケビ。少し旬を過ぎていた。

by konno_noboru | 2012-07-20 01:02 | Comments(2)

山に暮らせば

2012.07.13 きょう、一か月ぶりに眼科に行った。経過は良好。老化に伴なうものなので全治はないが、進行もないようで次回も一か月後の検診になる。カメラのファインダーをのぞいても昨年10月に味わった違和感はない。
 眼科での診察を終え、月一度受診する診療所で次第に増える体重をやんわりと諫められた。標準体重より10㎏もオーバー。ズボンが合わなくなるはずだ。原因はわかっている。周囲に美味しいものを食べさせてくれる優しい人がたくさんいるからだ。2日前にも石橋ファームの主人に「芸北高原豚」のステーキ4枚、コロッケ、メンチカツ、ウインナーなどいただいた。ホットプレートで焼きながらビールを飲んだ。言い訳はいつも「痩せるより良いわ」だ。ダイエットはボチボチだ。

  芸北に戻るルートを虫木峠経由にした。ガスがかかっていたので峠から撮影しようと思った。30分ほど峠から正面に見える市間山方向を眺める。霧が濃くなったり消えていったりしながら分刻みで景観が変わる。

 10日に雲月山に行った。1株ほど萩が咲いていた。夏を通り越した気の早い萩だったか。オカトラノオとピンクのササユリが咲いていた。

e0091879_114454.jpg
虫木峠から市間山方向を望む

e0091879_034382.jpg
オカトラノオ

e0091879_0344926.jpg
早くも花をつけた萩

e0091879_0352625.jpg
ピンク色が濃いササユリ

e0091879_1046192.jpg
イチヤクソウ

by konno_noboru | 2012-07-14 00:36 | Comments(1)

山に暮らせば

2012/07/08  枕元の時計を取った。12:16と読める。メガネをかけて再度見る。何とお昼ではないか! ベッドに入ったのはいつも通り「深々夜」(人によっては夜明け)だったが、起床時間は午前9時と決めていたのに爆睡である。約束事がなかったので良かった。

 朝飯か昼飯かわからない食事を取り、コーヒーを飲み、カメラを持って出る。撮りたいのはスズサイコ(鈴柴胡)。
 山に着く。山から下りてくる2人連れは写真仲間。植物のことは小生より遙かに詳しい。顔を合わせるなり「まだ蕾が多いです」とこちらの目的のものを当てた。
 別れた後、急な坂を登る。確かにスズサイコは蕾ばかり。それでも気の早いのがいるはずと探して1本見つけた。近くのユリを撮っているとカミキリムシもいた。カキランも撮った。
 
 次の目的地へ急ぐ。蛇がたくさんいるところで数日前に撮ったウチョウランを再び撮影し、ヒナラン、ヤマジノホトトギスを撮って終了。時間が6時を過ぎ少し冷えてきていたので蛇はいなかった。
 午後7時に家に帰ったが山には夕日が当たっていた。日が長くなった。小腹が少し空いていたので好きなレーズン入りのパンを食べ、紅茶を飲んで今度はホタルの撮影に行く。
 このところ一日中パソコンにかじりついたままの日が続いたので、ストレスも溜まっている。ガス抜きだ。とにかく走り回る。
 今夜もまたまた「深々夜」になった。明日は写真塾の実習日だ。


e0091879_1464089.jpg
ウチョウラン。数日前に二輪だけだった花も五輪咲いた。蕾が後2つある。

e0091879_148495.jpg
ヒナラン。とにかく小さい。今年は特に小さい。風が吹くので撮影はつらい。

e0091879_149245.jpg
ユリとカミキリムシ。

e0091879_1495584.jpg
ヤマジノホトトギス。小さな蝶が止まっている。仲間には虫が止まっているのは嫌いだと言っているのだが-。

e0091879_15133100.jpg
スズサイコ。1本だけ咲いていた。

e0091879_152613.jpg
カキラン。

e0091879_1585235.jpg
ホタル。ラストチャンスと思い出かけた。先行者が2人いた。

by konno_noboru | 2012-07-09 01:52 | Comments(2)

山に暮らせば

2012.07.04  3日の午前3時。何故か眠れないままずるずると起きている。最近撮った花の写真の整理していた。良いのはないが記録しておく必要があるので、捨てきれない。例えばササユリが何時咲いたかを知るのは2002年から撮影し始めたデジタルカメラの画像ファイルにデータととして撮影年月日と時間が記録されている。ほぼ10年間の記録なので整理しなければならない。
 整理作業のためにパソコンにしがみついている時間が長くなる。腹が出てきているので運動しなければと思い、カメラを手に頑張って歩くのだが消費した量の倍のカロリーを夜に摂るので1歩前進2歩後退の繰り返し。今夜もまた朝の早い人なら起きる時間帯から寝ることになる。

e0091879_3212986.jpg
ウチョウラン。今年は少し咲くのが早い。残りの蕾が咲きそろうのはやはり例年通りかも。

e0091879_3222698.jpg
テイカカズラ。花付きが良いようだ。

e0091879_3231257.jpg
今年当たり年のマタタビ。白い葉が目立つ。

e0091879_3234263.jpg
ウリノキ。やっと咲き始めた。

by konno_noboru | 2012-07-04 03:28 | Comments(1)

山に暮らせば

e0091879_2373274.jpg
夫婦揃っての魚釣り

e0091879_2381314.jpg
天気がいいのに合羽は暑いかもしれない。

e0091879_2384070.jpg
近寄ってもほとんど表情は見えない。正面から撮れないので一脚の先にカメラをつけて摂ったのだが、水平が取れていない。

2012.07.03  安芸太田町加計鮎ケ平橋。思わず「釣れますか?」と声をかけたくなる。橋の中ほどに立つ夫婦。縁石にかけた左足の曲がり具合い。お尻の張り、そして寄り添う奥さんの姿。近づき、顔を見たいのだが、上手く隠されていて見えにくい。
 「この人もだまされたんだわあ」といった感じで自転車で走る高校生らしき娘さんが笑いをかみ殺した表情で通り過ぎる。人形というのか、かかしと呼ぶのか。中国新聞読者コンテスト2008年11月の1席が奥さんの腰に手を回しているかかしの写真だったが、それにひけは取らない。完璧である。
 衣装が替わったので見に行き、笑いながら撮影したが、辛抱出来なくなって制作者を捜した。当然、近所の人に違いはないので、訪ね歩いた。そして橋から100mくらいに家があると教えられ、昼は留守と言われた。教えられた店に電話した。加計で時計店を営んでいる森脇友彦さん(58)だった。「半年もすれば傷むので、作り替えている」とのこと。次回作を期待しよう。

 今夜が満月。雲間に鈍い光の月が見える。昨夜、芸北・雲月山近くにホタルを見に行った。月の出は午後6時ころ。たくさん蛍が飛び始めると後方にぼんやりしていた月が光を増して、道路に影が出来る。ホタルの飛ぶ時間は午後8時半から9時ころがピーク。写真を撮る条件としては良とする条件は1つもない。昼間のように明るい景色の中にホタルの黄色い光跡が糸を引く絵柄が頭に浮かぶ。満月の夜にツキヨタケを撮影に行ってさんざんな目にあった記憶は新しい。「曇っていたのであれでもと思って来た」と市内から撮影に来た仲間も直ぐにあきらめて、他の撮影ポイントだけ確認して帰った。闇夜のカラスも満月の夜のホタルも写真にはならないが、8日には月の出は10時過ぎになる。11日が下弦の月で月の出はほぼ午前0時。芸北ではホタルはそのころまで飛ぶはず。決まり切った絵柄にしかならないが、夏の風物詩だ。写真をアップしようと思ったが
疑似夜景のようで止めた。きれいに撮れればアップしよう。

by konno_noboru | 2012-07-04 02:55 | Comments(3)

山に暮らせば

e0091879_105055.jpg


2012.07.02  6月24日付け中国新聞朝刊の読書面(8面)に「山里からの伝言-中国山地2010~2012」(渓水社・2625円)が紹介されている。著者は元中国新聞記者の島津邦弘さん。
 55歳で新聞社を辞め、大学教授に転身。13年間教えた大学も辞めて、30年前に新聞に連載した企画「新中国山地」で取材したところもう一度訪ねてみたいと聞かされた。「中国山地 再訪の旅」である。
 2年間歩き回り書き上げられ出版されたのが「山里からの伝言」である。表紙に小生の撮った写真を使ってもらった。
 島津さんは「新中国山地」の後も「西中国山地 動物たちは今」のキャップでもあった。この2つの企画を担当したことが「定年になったら芸北で暮らそう」と思ったきっかけである。芸北で暮らし始めて10年。単身赴任である。何か残さなければならないと思い始めている。

 昨日、JA千代田のホールで島津さんの「山里からの伝言」~中国山地を取材して という講演会があった。大学で13年間教べんを執った人だから話はとても上手い。聴衆も熱心に聞き、時間が短か過ぎたと感想を漏らす人が多かった。
 講演会でなぜ早めに新聞社を辞め、さらに大学も辞したのか疑問が解けた。やはりこの人は書きたかったのだ。人が好きなのだ。歩き回り、何度も会い次第に核心に迫っていく執念、それが「記者」なのだと何度も思い知らされてきたのに、改めて講演という形で示された。
 
 本の中の「はじめに」の一部を引用する。
 この報告は、中国山地に生きる人たちから託された伝言である。
また、米と野菜をつくる農家でありながら、記者から大学教員に転
じ二足のわらじを履き続けた高齢者のつぶやきである。生来のわ
がままゆえに同僚記者や大学の諸兄に多大な迷惑をかけた詫び
状であり、さらに、半ばあきらめ顔で半世紀近く連れ添ってくれた
妻・佳江へのお礼状である。ごめんなさい、そしてありがとう。

 本の内容は決して甘くない。中国山地の現状を厳しい目で見つめ説得力もある。山地の窮状を講演会では柔らかく話した。  講演会終了後、控え室に来られた叔母さんが「よう勉強したのう」と言われたとき照れ笑いした島津さん。こんな言葉を投げかけられるのはやはり奥さんと叔母さんくらい。剛毅な人の中に隠れ絵のように見える優しさ。いいなあ。


e0091879_11408.jpg

 昨夕、部屋の窓が異様に紅くなった。西の空を見ると10日前に見た夕焼けよりも激しく空が燃えていた。 カメラを手にしてはいるが、画面の中に入れる風車のようなランドマーク的なものがない。電線が入らないようにするのが精いっぱい。我が家を訪ねて来る人が携帯で道に迷ったと言うので「何か目印になるようなものが見えますか? と尋ねたら「山が見えます」と言って笑わせたことがある。山地では見渡しても場所を示す目標物はほとんどない。画面の中に入れる場所を示す物がない限りどこで撮ったかわからない写真になる。
 紅く染まった雲がゆっくり東に移動しながら不気味に形を変え黒い色に浸食されていく。雲の流れ、色が変わる速度を考えれば撮影場所を変える時間的な余裕はない。その間同じ場所からシャッターを切り続けた。撮れたのは幸運、場所が悪かったのは不運だ。

by konno_noboru | 2012-07-03 01:03 | Comments(4)