<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2013.04.22  確か目覚ましの時間設定は午前7時。枕元のアラームがなっているような気がした。眠りについてから長い時間は経っていないはず。遠くに聞こえていたアラーム音が次第に大きくなるのは寝ぼけ頭が次第にはっきりしてきたからだ。「電話だ」と思った。携帯を手にすると知り合いのリンゴ園のオーナーからだ。「スプリンクラーを回しているぞ」という。飛び起きた。午前5時17分だ。
 リンゴ園は今、リンゴの花の蕾が膨らむ時期。昨夜、天気予報は霜注意報を流していた。リンゴ園では花が霜害に遭わないように氷で花を包む。
 冷え込みが厳しいときは前夜からスプリンクラーで散水し、リンゴの花や枝を氷で包む。氷に包まれた花は零度以下にならない。冷たい氷の防寒着に包を包んだ花はダメージを受けない。
 
 午前5時40分、気温-4℃だ。花は透明な氷の中で赤い蕾を見せていた。雨合羽を着て、さらにポンチョを羽織ってカメラを隠す。スプリンクラーは気温が上がり、氷が溶けるまでは止めない。雨の中を傘もささずに撮影するのと同じだ。頭の上からしぶきが降りかかる。ポンチョに付いた水が白く凍り付いていく。手袋がないので冷たさで手がしびれる。
 今年は例年に比べ花が咲くのが速いのではないかと思った。芸北の遅い春の氷の世界で遊ぶ。

e0091879_20221476.jpg
氷の衣を纏ったリンゴの蕾。冷たさを冷たさで守る。

e0091879_1958337.jpg
例年より早く蕾が大きくなったような気がするのだが、どうだろう。桜が10日も速かったので同じ現象が起きたのだろうか。

e0091879_20224450.jpg
リンゴ園は氷の世界。

e0091879_20234199.jpg
リンゴ園のそばのツクシ。霜に痛めつけられそうだ。

e0091879_20245547.jpg
ヒメオドリコソウ。スプリンクラーからの散水を受けてリンゴの花と同じように氷の衣を包まれていた。

by konno_noboru | 2013-04-22 20:28 | Comments(2)

山に暮らせば

2013.04.20  まきしーさん 訪ねてきていただき感謝。コメントありがとう。浜田の人ですね。

 雨がみぞれ(霙)に、みぞれは雪に変わった。2年前と同じ4月20日、雪が降った。
朝から満開の桜を楽しみ、仲間とおいしい花見弁当を食べた後、牡丹雪が舞いはじめた。現在、午後11時30分、気温は2℃。季節は後戻りした。明後日、また仲間と花見だ。

 きょう、桜を撮影現場で新聞社の大先輩にお会いできた。憧れの記者だったし、芸北に住み始めるきっかけにもなった人。嬉しさと緊張感で一緒に記念写真を撮るのを忘れたと後悔している。

e0091879_2345153.jpg
母屋の庭にある枝垂れ桜は満開になった。野菜を作ろうと耕した畑に石灰を蒔いたように雪が積もった。

e0091879_23504390.jpg
橋山・大歳神社の枝垂れ桜。

e0091879_23513284.jpg
地久院の枝垂れ桜。

e0091879_23534647.jpg
オオカメノキも咲き始め、山の春は次第に本格的になる。

by konno_noboru | 2013-04-20 23:58 | Comments(1)

山に暮らせば

2013.04.16 生暖かい風が吹いて気温が上昇した。外に出している寒暖計が示す温度が高い。20℃を超えている。寒暖計が壊れたのかと思った。
 窓の外に見える桜が朝よりさらに濃いピンクになる。数えられるほどだった花の数が一気に増えて1日で8分咲きくらいまでになった。
 きょうは広島市内で午後6時半から写真講座の日。市内に出る途中に橋山の枝垂れ桜を見る。遠目には枯れ木のように見えていた桜が淡いピンクに変わっていた。一気に咲いたのだ。「花咲爺さんが欲しい」と嘆いていた益田市の桜を守る会の人を思い出した。
 やっと気分的に春になった。やはり桜は良い。これほど気分を華やかにしてくれる花はない。よーっし、背筋を伸ばそう!

e0091879_0213610.jpg
芸北・橋山の枝垂れ桜。一気に開花した。

e0091879_0231913.jpg
2日前には堅かった蕾も開きすだれのように垂れ下がる。

e0091879_0252751.jpg
虫木峠の春。

by konno_noboru | 2013-04-17 00:27 | Comments(2)

山に暮らせば

2013/04/15  7日に雪が降った後、11日と12日にもまた降り、雪化粧した。7日の雪が名残り雪ではないと何となく感じていたので「降ったか」と言った程度の反応だった。しかし、「与一野の桜が雪の中できれいですよ」と連絡が入った。10日が孫の入園式で市内にいて、千代田経由で芸北に戻る途中だった。コースから考えれば豊平~加計方面へ走ることになる。小田掛の枝垂れ桜を撮ってから大急ぎで与一野の枝垂れ桜へ向かうコースをとった。
 雪の中に咲く2本の枝垂れ桜を撮ったが、今さら雪の写真でもあるまいと躊躇した。
 手間のかかる出版の手伝いがまだ続いているので、パソコンにしがみついている。気が重くなれば散歩だ。

芸北のサクラは咲きましたか? と言う問い合わせがメールや携帯で入る。北広島町観光協会が最新の開花情報をアップしているので参考にして欲しい。
 地久院などはやっと咲き始めたかなと言ったところ。見頃は来週の中頃になりそう。

4月16日 きょうは生暖かい風が吹いて桜が一気に開花。地久院も8分咲きくらいまで開花が進んだ。今週末には満開になりそう。

e0091879_0391537.jpg
芸北・橋山 大歳神社の枝垂れ桜。まだまだと言った感じだが、暖かい日が続けば一気に咲くかも。

e0091879_041426.jpg
大歳神社の桜はまだ蕾。

e0091879_0414965.jpg
我が家の隣にある枝垂れ桜。窓を開ければぱーっと目に入る好位置にある。2日前からやっと咲き始めた。今週末が満開かも。冷え込むので花の咲いている期間が長いのが今年の特徴。楽しませてくれるだろう。

e0091879_0443029.jpg
散歩中に見つけたアマナ。たくさんあったので嬉しかった。

e0091879_0453576.jpg
ハシリドコロが咲いた。ヤマシャクヤクは10日後には咲くかなといったサイズにまで育っていた。

by konno_noboru | 2013-04-16 00:46 | Comments(1)

山に暮らせば

2013/04/07  今朝、風の音で目が覚め、外を見るとみぞれが降っていた。すぐに八幡に電話を入れて情況を聞く。「雪が降って、真っ白です」という。昨日までの暖かさで少し薄着になっていたが、冬装備で出かける。気温は八幡洞門辺りで0℃。道路は白い。スノータイヤは外しているため少し穏やかに走る。
 2011年には4月20日に雪が降っているし山には残雪があることが多いから驚くことはないのだ。しかし、今年はもう残雪もなく雪のシーズンは終わったと思っていたので、まさかという気分にはなった。
 風が強く、横殴りの雪が降る。八幡独特の降り方だ。道に咲いていた水仙は雪の重さに耐えるれなかったように下向きだった。

e0091879_17301642.jpg
八幡・大歳神社界隈。冬とは違って明るく感じる。春の雪らしく湿った重い雪だった。

e0091879_17304476.jpg
掛頭山遠望。山頂は見えなかった。

e0091879_1731129.jpg
田圃でエサを探すのはアトリか? 

e0091879_17311697.jpg
雪の重さに耐えかねたようにうなだれたスイセン。

by konno_noboru | 2013-04-07 17:41 | Comments(2)

山に暮らせば

2013.04・06 雨が降ったらチャンス。写真展の出品リミットは4月末。まだ締め切りまでは時間がある。手元にあるものより良いものが撮れるかも知れないからさらに挑戦を-と声をかけている。
 朝から写真塾の仲間と土師ダムの桜、大朝・圓立寺の垂れ桜、豊平・小田掛の枝垂れ桜へ。天気が良ければ最高のお花見日和。明日も天気が悪い。来週になれば散り始めるかも知れない。今盛りの桜が葉桜になるころ、芸北の桜の出番である。

e0091879_2253677.jpg
土師ダム。桜は満開。

e0091879_22532730.jpg
圓立寺の枝垂れ桜。ほぼ満開。

e0091879_22535648.jpg
圓立寺の桜。蕾からしずくが落ちる。なかなかタイミングが取れなかった。

e0091879_22541049.jpg
小田掛の枝垂れ桜。来週半ばが満開か。

by konno_noboru | 2013-04-06 22:59 | Comments(2)

山に暮らせば

2013.04.05  昴星さん 訪ねてきてくださってありがとう。昴星さんのブログを拝見しました。とても華やかで良いですね。また立ち寄ってください。

 初ちゃん 野菜作りの話が広がって、とても放り出す情況ではなくなりました。応援団が多いので最後には「あんたベンチに座っとれ」と言われそうで、出番がなくなるかも。
 
 井上さん 吉賀のカタクリに行かれましたか? 

 例年通り桜を訪ねて歩いた。今年は巨樹・銘木と言われる桜の花付きが悪いような気がする。大平桜(三隅)も城山桜(美都・金谷)も岩栃(益田市)の枝垂れ桜も昨年に比べると圧倒するような咲き具合ではない。地元の人に聞くと「花咲爺さんが欲しいよ。鳥に花芽をむしられた」とか「樹勢が衰えたのではないか」との意見もある。今年は関東地方で開花が速かったので気がはやるが、例年ならこれからがピークのはず。もう少し待ってみたいが来る年も来る年も枝が折れるのではないかと思えるほど咲くとは限らない。花の少なさは「裏年」だ。

 窓から見える場所に枝垂れ桜とソメイヨシノがある。だいぶ蕾が膨らんできた。枝垂れ桜はピンク色が顔を出しそう。かといってすぐ咲くわけでもない。満開は14日~20日の間だろう。
 エビネと春蘭を見に近くの山に入った。エビネは2本の花芽が立ち上がっていた。咲いてみないと種類がわからないが、元気の良い株だ。

 2日雨。市内で写真講座があるので早めに出て、虫木峠で霧の中に咲くタムシバを撮る。思うように霧は流れてくれない。仕方ない。ついでに与一野の桜を見に行く。誰もいないのは雨のせいか。子供3人に出会う。傘を差して下りていく。傘の色が赤青黄色の3色。6月1日から千代田・サンクスで開く写真展のテーマは雨。チャンスなのだが-。

e0091879_2018490.jpg
春蘭。地味な色だがとてもおしゃれな色づかいだと思う。

e0091879_20183045.jpg
エビネ。どんな花が咲くか楽しみ。

e0091879_20215460.jpg
与一野の桜。雨。誰もいない。天気が良くなれば人でいっぱいになるだろう。

e0091879_20241385.jpg
虫木峠で。タムシバがもう少し咲いていてくれたら良かったけど-。気に入っている場所で時々刻々変化する山を眺めるのは好きだ。

e0091879_20283772.jpg
ヤマザクラかな? 車で走っていて目にとまった。モノトーンの景観が好きなのだ。「だからあんたの写真は暗いの」とまた言われそうだ。

by konno_noboru | 2013-04-05 20:32 | Comments(1)