<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2014/01/29 umiko0さん ありがとうございました。ブログも見させていただきました。冬こそ芸北は美しいのです。たびたびお越しください。今度は一緒に歩きましょう。井上さんが同行できればさらに良いのですがねえ。
 井上さん しっかり充電して、みんなで歩きましょう。 

 25日 流川・中国新聞文化センター中国ビル教室の講座。遠出して撮影地は芸北・八幡界隈。曇り空ですっきりしない。雪上で少し遊んで益田市の水仙公園へ。水仙公園は1週間前にも来ているので2回目。海は穏やか。スイセンはきれいに咲きそろってきた。
 26日 完全休養日
 27日(月曜会例会) 雲一つない雪晴れ。まばゆいばかりの太陽と雪の反射。スノーシューをつけて山麓庵そばから千町原が一望できる小高い丘を目指す。汗ばむほど暖かい。山を下り尾崎沼湿原を歩く。獣たちの足跡が無数に続く。雪のない時期に人が周遊するルートを獣たちはなぞるように歩いている。冬場は野生の鋭い感覚を信じスノーシューで獣道に沿って進む。
 目的は水中の紅い蓮の葉。春先、氷の張った水中で芽吹きを迎えた蓮の葉が紅く見える。蓮が春を感じているかどうかの確認である。残念ながらまだ当分春は来そうにない。

 28日(火曜会例会)スノーシューをつけて霧ヶ谷湿原へ。ここ4年ほど霧ヶ谷で撮影したことがない。以前、定点木として撮影していたコブシが伐られてしまったからだ。まだ牧場の畜舎があったころから見ていた風景である。故桑原良敏先生がタムシバとコブシの分布を一本ずつ調べ、コブシは緑色、タムシバは赤色の印を地図に貼り付けたものを見せていただいたこともあった。また、芸北役場には県美展で特選になったあのコブシの大きな絵が庁舎の壁に掛けてあった。
 何となくすべてを消しゴムで消されたような寂しさがあり、以来霧ヶ谷界隈を撮影する気になれないのだ。昔を思い出しながら一カットだけ撮った。そしてみんなに声をかけた。「益田市のスイセンを撮りに行くぞ! 昼食は益田の民宿”とみ”だと。

 29日朝、気温-3℃。川沿いの木に少しだけ霧氷が付いている。「明日、八幡は冷え込んできれいな霧氷が見られるだろうか」と電話があった。夜中の12時までは起きているのでそれまでなら情報は伝えると昼間に伝えていた。電話があったのは10時ころだった。気温は1℃。川沿いには薄くもやが立ちこめていた。それでも期待は薄いと応えた。朝の芸北八幡が撮りたい人は年に3~4回ある-15℃を期待しているのだ。どれだけの条件が重なればダイヤモンドダストが現れるか予測は付かない。逃げの手は一手。「まあ、早起きして来てみんさい」。

e0091879_1238303.jpg
尾崎沼湿原。獣の通った跡を少しずつ歩く。水の流れを見ると「水ぬるむ」と春の感じだが、春はまだまだ。

e0091879_12431234.jpg
春から夏にかけてカキツバタやコウホネ、睡蓮が楽しませてくれる場所はまだ冬ごもりだ。

e0091879_12465749.jpg
除雪された道に出来る影。ゼブラ模様になる。

e0091879_12482660.jpg
苅尾(臥龍山)山頂。樹氷がないと寂しい。樹氷に覆われてモコモコし陽が射したときが特に美しい。

e0091879_12534571.jpg
霧ヶ谷湿原。4年ぶりの1カット。

by konno_noboru | 2014-01-29 12:55 | Comments(3)

山に暮らせば

2014/01/24 今朝は冷え込んだ。障子に花を描いたような不思議な影絵が浮かぶ。障子を開ければペアガラスの外側に霜が張り付いている。一夜にして描かれた細密画。日が昇れば瞬く間に消える命。背景が黒くなるように布をかけて撮る。ペアガラスのため何となくキレが悪いが、形状ははっきりわかる。一畳分の広さの絵を小さく小分けして撮った。
 放射冷却で冷えることはわかっていた。温度計を見れば-13℃。八幡では-15℃。きょうは芸北写真くらぶの撮影会の日。八幡の人には我が家に集合しないで近場で撮影するよう伝えた後、川小田界隈の6人が八幡に向かう。ダイヤモンドダストが見られる時間は過ぎている。太陽はすでに苅尾(臥龍山)の山頂に顔を出している。全員道を迷うことはない。それぞれの思いの場所に散る。霧氷が付いた木々の影が出来るころ、霧氷は消えた。昨日まで苅尾(臥龍山)山頂の山毛欅を覆っていた樹氷も消えていた。
 帰途、青空に浮かんだコブシの蕾を見た。車の後席の誰かが「春みたいじゃのう」といった。確かに暑い。車の暖房の効き過ぎかなあ。

 今夜は芸北写真くらぶの集まり。今朝撮った写真の合評会だが、たぶん新年会。料理人が多いので た・の・し・み。
  新庄高校のセンバツ初出場が決まった。新庄高校野球部の関係者がくらぶ員の中にいるのでお祝いの会にもなる。写真の話はたぶん、ないなあ。

 昨日も撮影会だったが、冷え込みが足らず残念だったが、きょうなら良かったのにと思った。

e0091879_1747081.jpg
ガラスに付着した霜が描くアート。その1。

e0091879_17491625.jpg
ガラスアートその2。

e0091879_17495789.jpg
小枝に付いたフロストフラワー。一足お先に花を咲かせた。(木の種類は確認忘れ)

e0091879_1751989.jpg
道路脇の雪の上でキラキラ光っていた霜。もっときれいだったのだが、再現できなかった。

e0091879_1756152.jpg
京塚橋の上から。朝、もっと早ければ川霧が立ちこめるのが見えたのだろうが-、残念。

e0091879_17584833.jpg
冬の花咲爺さんの作り物。冷え込んだので満開だ!

e0091879_1802194.jpg
コブシの蕾。春が近いのだなあと思う。

by konno_noboru | 2014-01-24 18:00 | Comments(3)

山に暮らせば

2014/01/23 青空が広がった。10日以上見なかった太陽が眩しいほど輝いた。氷柱が溶ける。木の実に乗っていた雪も崩れて小さくなる。スノーシューをつけて雪原を歩くが雪が柔らかく沈む。
 
 昨夜、13人で芸北・八幡の民宿に泊まり早朝撮影を試みた。青白く朝が明けていく。気温は-8℃。とてもダイヤモンドダストは期待できない。苅尾(臥龍山)界隈を中心に歩く。防寒対策の服装が暑い。ダウンを脱ぐ。さらにセーターも脱ぐ。昼過ぎに気温は8℃になった。真冬日に近い寒い日が続いていたので体感温度は春を通り越した感じだ。大寒が過ぎたばかり。このまま春が来ることはない。除雪をしながら春を待とう。

e0091879_23185379.jpg
千町原を歩く。太陽に照らされた雪原は目を開けられないほど眩しい。雪焼けするに違いない。後方は臥龍山。

e0091879_23215181.jpg
次第に明るくなる。道路にある温度計は-8℃だった。

e0091879_2323762.jpg
橋なのだが欄干が雪で見えない。野生動物も橋の真ん中を歩いている。

e0091879_2326849.jpg
聖湖も全面凍結にはなっていない。寒さがぶり返せば凍るかも。

e0091879_23273520.jpg
カンボクの実に乗っかっていた雪も暖かさで溶ける。

by konno_noboru | 2014-01-23 23:28 | Comments(2)

山に暮らせば

2014/01/20 今朝もまた灰色の空から雪が降る。風もなく静かに垂直に落ちてくる。昨日、TVで駅伝中継を見る前に家の周辺の除雪作業をしたが、新たに降る雪はまた仕事を与えてくれる。

 井上さん ありがとう。17日は塾の新年会でした。深夜まで飲んでいました。翌朝、冷え込みの八幡高原を撮るので早めに起きて出かけました。さすが八幡です猛烈な雪と風でほとんど視界が効きません。完全武装しても撮影は不可能でした。仕方なく益田市の水仙公園に行くことにしました。191号線を下りていけば美都町付近で雪はありません。スイセンの花はピークを過ぎたものと蕾とが混在してました。日本海は少し波がありました。

 昨夜、天気予報が庄原で-4℃、アメダスの画像に雨雲はないと報じた。午後10時過ぎ外に出た。気温は-7℃。星は見えない。除雪した後の雪の固まりを踏むときしむような音がしてつぶれる。午前零時を過ぎて-8℃。予報では明日は午後から雨と言っていたが厳しい冷え込みを期待した。
 午前7時、窓から見える木々に霧氷はない。外に出たがフロストフラワーが見える状況ではないようだ。寒いのでまたベッドに逆戻り。
今週は予定がびっしり。咳も出なくなった。何とか乗り切れそうだ。

e0091879_1142429.jpg
18日朝、八幡高原は横殴りの雪で視界が悪かったが、特別な出来事ではない。ここ4~5日天気は悪いのだ。晴れれば幸運。

e0091879_11453854.jpg
唐音海岸の水仙公園。直線距離にすれば40㎞程度しか離れていないのに、ここはもう春。風が強かった。困ったことに水仙の香りだけはどうしても好きになれない。

e0091879_11485340.jpg
水仙公園一帯は隆起海蝕台地、唐音の蛇岩と呼ばれる。国の天然記念物。波が荒いと海岸には下りられないし、飛沫が飛んできてカメラを濡らす。

e0091879_1158760.jpg
水仙の花はシンプルで良い。風が強くて揺れまくった。

e0091879_11592466.jpg
八重のスイセンもある。豪華にに見えるが、野生のものはやはりシンプルなものが良い。

by konno_noboru | 2014-01-20 12:01 | Comments(3)

山に暮らせば

2014/01/17 昨日、孫は北海道に帰った。20日間の長い滞在だった。来て嬉し、帰って嬉し…だ。
 広島空港から芸北に戻る。スタッドレスタイヤが恨めしいほど雪のない高速道を走り戸河内ICで下りる。R191号線で三段峡→深入山→芸北八幡のコースを走る。
  三段峡入り口を過ぎても雪はない。虫木峠にさしかかった辺りから路肩に雪が残る。道路は完璧な除雪。深入山が見えた。路面に少しずつ圧雪が残る。冬の弱い光が深入山を浮かび上がらせる。車を止めて2~3カット撮る。
 道戦峠を下り右手に見える苅尾(臥龍山)を撮る。191スキー場近くで右折して八幡に入る。雲の動きが気になる。狙いは「赤苅尾(臥龍山)」。夕日を受けて苅尾(臥龍山)が赤く輝くことがある。10年間で1度だけ出会った。赤く輝く苅尾を思い描くのだがチャンスは来ない。太陽の位置、雲の流れを気にしながら待つ。斜めに入った光線は着雪した木々を赤くは染めてくれない。また黒い雲だ。撮れないから良いのだ。いつも思い通りになれば面白くなくなる。

 今夜はオークガーデンで泊まり込みの飲み会。外は鉛色。小雪が舞っている。気温は高い。-5℃くらいまでにはなるがそれ以下にならない。息が凍るほどの冷え込みが来ない。-15℃にならなければダイヤモンドダストは見えない。今冬に何回見られるだろうか。

e0091879_1632249.jpg
深入山。山頂付近にスノーボーダーが滑った跡が見えた。三人連れが下りてきた。

e0091879_16341965.jpg
R191号線、聖湖へ入る道付近から撮る。

e0091879_16361578.jpg
苅尾(臥龍山)。尾根の左が山頂。赤い夕日が当たれば赤苅尾(臥龍山)の出現になるのだが、なかなか巡り会えない。

by konno_noboru | 2014-01-17 16:38 | Comments(1)

山に暮らせば

2014.01.15  体調不良で塾の撮影実習も休ませてもらった。特段に悪いわけではなく、例年通り風邪をこじらせてしまっていた。講座が1回あって市内に出たが、風邪ということもあり帰省中の孫にも会わず、芸北で静かにしていた。
 明日、孫が北海道に帰るというので市内に出た。ブログ更新しようにも写真がない。八幡の状況を撮りに寄った。
離合できる広さがある場所に車を止める。気温-2℃。冷気に当たり身体に緊張感が走った。外にも出ずのんびりしていた身体が目覚めたようだ。防寒対策はしっかりしているので不安はない。黒い雲が覆い霰のような粒雪が降り見通しが悪い。風も強く傘は役に立たない。雲が走る空を見ているとこちらが走っているような錯覚が起き、足元がふらつく。南の方角の雲が切れた。スキー場のゲレンデと昨年伐採され裸になった山の雪が光る。周囲も明るくなった。まだ苅尾(臥竜山)は見えない。次第に雲が千切れ始めた。苅尾が鉛色の姿を現した。山頂一帯の山毛欅(ブナ)は予想通り雪に覆われている。日が差さなければ白くは見えない。雲の切れるのをじっと待つ。また黒い雲と横から降る雪が苅尾を包んだ。
屋根から落ちた雪と闘う人。毎年見かけるが除雪する人も次第に歳を取ってきた。1mを超える雪を除くのは人力では歯が立たない。春になれば溶けるというのは南の方の人。雪の怖さを知っている豪雪地の人たちはこまめに除雪作業をする。除ければまた雪が降る。八幡の冬は長い。


e0091879_2354990.jpg
雲が切れて少しの間日が差した。

e0091879_2357224.jpg
苅尾(臥竜山)は姿を現したが鉛色のままだった。

e0091879_2355671.jpg
山毛欅にはしっかり着雪していた。晴れればもっと輝くのだが-。

e0091879_23573135.jpg
気まぐれな空模様は時々スポットライトのように少しだけ明るさを注いでくれた。(後方の山は掛頭山)

e0091879_23575452.jpg
屋根から落ちた雪は堅く締まり重くなる。重機での除雪になる。

by konno_noboru | 2014-01-16 00:04 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/01/07 風邪をこじらせて未だに微熱が続くし眠い。正月はとにかく眠れるだけ眠ると起きる時間を全く設定しなかった。起きてしばらくするとまた眠くなる。体内時計が狂ったかと思ったが狂えば不眠症になるはず。PCをしていても眠くなる。起床時間だけは早めに決めようと目覚ましをかけ、起きた。寒いのでまたベッドに入った。
 「霧氷が付いていますよ。撮られましたか」と電話。窓を開けると川岸の木々の枝は真っ白だ。「パジャマのまま撮れる八幡の人が羨ましいよ」とやっかみ半分で冷やかしていたが、窓を開けゆっくりと撮影した。現場が近いというのはやはり嬉しい。田圃の雪の上にも獣の足跡がたくさんある。年末忙しかったのと風邪で準備が遅れたテンの撮影準備を大急ぎでしなければならない。
 きょうはこれから市内に出る。風邪を吹き飛ばしてこよう。

e0091879_14311083.jpg
川沿いの木々が霧氷に覆われていた。窓を開ければ撮れるというのはすごく嬉しい。

e0091879_1432571.jpg
少し長めのレンズで狙う。日が昇るまでのつかの間の喜びだ

e0091879_14341132.jpg
日が昇る。陰の部分は色温度の関係で青くなる。この田圃で獣たちの撮影をする。

by konno_noboru | 2014-01-07 14:36 | Comments(6)

山に暮らせば

2014/01/03   あけましておめでとうございます。今年もよろしく。

 元旦を市内で迎えた後、2日に喉の痛みを伴って芸北に戻った。帰りに八幡・大歳神社へ。例年通り初詣を撮る。2014年のスタートである。初詣に備えて神社への除雪は完璧。気温が高く除雪された雪が溶けて土がぬかるむ。除雪後に屋根から落ちた雪が山になる。泥の付いた靴で落雪の山を越える本殿前に。賽銭を投げた。二礼 二拍手 一礼。さすがに2日になるとお参りに来る人はいない。カメラを取り出し撮影開始。
 撮り慣れた場所で変化を探す。穏やかな正月だ。天気が良ければ荒れた方が良いのにと思うし、荒れれば少し青空があっても良いのにと思う。好きなのは八幡らしく激しさを思い切り叩きつけるような荒天。敵意を持って挑みかかる時こそ気合いが入る。青空が見え柔らかな日差しの時は無関心を装っているような気がして撤退したくなる。正月第1ラウンド、ジャッジは五分五分だ。

 3日朝、体温計を探す。例年通り風邪だ。

  

井上さん 良い正月を迎えられましたか? コメントありがとう。春には一緒に八幡を歩きましょう。

floraさん ありがとう。今年もよろしく。例年通り風邪引きです。

初ちゃん 今年もよろしくお願いします。最近PCを長くやると肩こりがひどくなり困っています。目から来る肩こりかなと思ったりしますが、目は良い状態なので撮ることに専念します。

優々さん 訪ねていただき感謝です。頑張って芸北の四季を伝えるようにします。時々のぞいてください。ただ、コメントにすぐ返事を出さないことが多いのでお許しください。

 
e0091879_23224951.jpg
八幡・大歳神社。社叢は山毛欅の大木が六本あり、葉が落ちた今は青空が見える。初詣の人は車で来る。したがって正面右から入るルートが除雪されている。
e0091879_23352115.jpg
冬にしては明るい穏やかな正月だ。近くの家で除雪の雪を飛ばしている。

e0091879_235134.jpg
真っ直ぐに伸びるのは農道。生活道ではないので除雪されない。スノーシューがなければ歩けないほど雪は積もっている。右に大歳神社。

e0091879_23531073.jpg
大歳神社前から苅尾(臥龍山)を見る。

by konno_noboru | 2014-01-03 23:54 | Comments(2)