<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2014/02/28  24日に写真塾の仲間と吉舎、総領、上下町と歩いた。吉舎町の灰塚ダムそばに咲くユキワリイチゲ、総領町はセツブンソウが自生する公開地、上下町は雛人形。この時期のお決まりコース。
 昼食は総領町稲草のお蕎麦屋さん。ちょっと混雑。8人が30分待つことにした。屋号は「五稜庵」。たまたま双子の孫が北海道・函館の五稜郭近くにいるので五稜郭にゆかりがありそうと思って聞いた。「主人が五稜郭近くの出身です」と呉市出身の奥さんが応えた。カウンター脇に山野草図鑑があった。少し傷んでいる。奥さんは山野草が好きで、いまクマガイソウを育てていると言って写真を見せてくれた。
 25日もセツブンソウの撮影を予定していたが、目を覚ましたとき右目で見えるものがおかしかった。撮影行は中止。眼科に直行。水晶体に注射。

 26、27日と自重。28日、今シーズンは完敗に終わった貂(テン)の撮影機材を撤収。スノーシューをつけて作業するほど雪が残る。汗ばむ暖かさに誘われてユキワリイチゲを見に行く。吉舎町の花は白いがこちらは紫がきれいだ。やはり暖かいところの方が早く咲く。ホソバコバイモも咲いていた。
 
 本当にもう春なのだろうか。しばれるほどの冷え込みも少なく聖湖も仙水湖も結氷することがなかった。滝山川の水量も雪解け水を集めて増えた。谷急ぎ(マンサク)も蕾がふくらみ黄色くなり始めた。
 
e0091879_21332813.jpg
ユキワリイチゲ。造花よりもさらに造花っぽい不思議な魅力。紫色なのだが少し青い紫。色でいえば紫紺色か。センバツ高校野球の優勝旗の色だ。

e0091879_21394913.jpg
春になれば膝をついて撮ることが増える。写真家・埴沙萠さんは小さな花を撮るには膝が紫になると言う。負けないように寝転んで撮ることにしよう。

e0091879_21591633.jpg
ホソバコバイモ。探してやっと見つけた二輪。春なんだ。

by konno_noboru | 2014-02-28 22:03 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/02/23  苅尾(臥龍山)に登った。若い人たち総勢18人のグループに飛び入り参加させてもらった。午前中は雪が締まり踏み固められた登山道は夏山登山より楽な気分だった。ところが1時間歩いたころから息が乱れ始めた。予備カメラ1台、交換レンズ3本入ったリュックが重い。気持ちは先走るのだが身体がついて行かない。右足の太ももがけいれんする。歳を取ったのだ。二十代の若者と同じペースで歩けるはずはない。
 遅れて八合目にたどり着き、雪霊水のところで小休止。後から知り合いが登ってきた。「先に行ってくれ」と言った。こんなことはなかったのに-と思う。
 頂上を目指す。残念ながらきょうは樹氷はない。スノーシューで散策。若い連中は聖湖方面に下りるという。足が痛く同行できない。一人で尾根を歩く。登山道は気温が高くなり登山靴が雪に埋まる。ゆっくりと下山する。キツツキのドラミングが聞こえた。

e0091879_22485712.jpg
総勢19人。雪の登山道を歩く。ブナ林の中を若い人たちは笑いながら、楽しみながら山頂へ向かう。

e0091879_22511752.jpg
雪霊水のわき出る場所は雪の下。小さな穴の中で水は勢いよく出ていた。

e0091879_22562491.jpg
苅尾(臥龍山)山頂の岩。積雪は1mを超えているだろう半分雪に埋まっていた。雪の多い年は岩は隠れてしまう。

e0091879_2374499.jpg
山頂尾根。この時期だけどこでも歩ける。

by konno_noboru | 2014-02-23 23:09 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/02/19  「Konさん」。思いがけないところで呼び止められた。声の主は雛人形が飾ってある店からゆっくり出てきて「元気そうですね」と言った。今立っているのは三次市上下町、雛祭りの会場になっている商店街。ここに若い知り合いがいただろうかと頭の中で懸命に記憶の糸を手繰るがまるっきりわからない。「誰? 誰だったかなあ」。相手は当方の反応の悪さを穏やかに見ながら「入社したときにお世話になりました。いま府中支局にいます」と言った。新聞社の後輩だ。だが10年以上前に退職したので同じ時期に編集局にいたのは1~2年だっただろう。おぼろな記憶を呼び覚まし現役時代を思い出しながらまた町をふらつく。
 上下町には雛人形を見に来た。5月に「日本の色」と題した写真展を計画しているので古い雛人形が着ている衣の色と親王雛の座っている畳の縁を見るためだ。雛人形の十二単や畳の縁の繧繝(うんげん)彩色を数多く見たいと思っていた。きょうはレンズがないので確認用だけに撮った。3月に再訪予定。

 総領町でセツブンソウが咲いたという新聞記事を見て他所は春が来ているなと思っていた。昨夜、市内で講座があり、そのとき塾生がセツブンソウの写真を見せてくれた。公開地すべてで咲いてるわけではないとのことだった。
 きょう芸北に帰る途中、突然吉舎町のユキワリイチゲと総領町のセツブンソウを見に行こうと自動車道を走った。ナビは付いているのだが初めての所ではないのでセットしなかった。記憶にない風景が展開する。道に迷った。
 遠回りしてユキワリイチゲの自生地に着く。誰もいない。蕾が多い。カメラはいつも持っているのだが、撮影する気持ちも予定もなかったので広角レンズ付き1台のみ。ロープから身を乗り出し撮る。次いでセツブンソウ自生地へ。撮影者が6人いた。広角レンズで撮る。
 ユキワリイチゲとセツブンソウを見てから14km離れた上下に向かう。

 家人がタブレットを持って近づいてきた。「いつまでフキノトウを見れば良いの?」と言ったのは昨夜のこと。やんわりと脅迫されたので広角レンズで撮ったものだが、アップすることにした。


井上さん いつも見ていただき感謝。
doriさん 元気ですか? 一度薔薇(バラ)を見せてください。ゴルフは年1回だけでスコアも最悪です。定年後はゴルフ三昧と思っていたのに-。


e0091879_23425158.jpg
親王雛が座っている畳の縁が繧繝錦。豪華で高貴な感じがする。

e0091879_2343669.jpg
ユキワリイチゲ。午後2時ころで少し陽が当たっていたので何となく開きかけた感じの花3つ。

e0091879_23432555.jpg
セツブンソウ。北側になる公開地はまだ雪が残っていたりして未公開。

e0091879_2343482.jpg
上下町の商家に咲いていた福寿草。自生地はまだ小さな小さな蕾。

by konno_noboru | 2014-02-19 23:51 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/02/10  今月に入りほとんどモノトーンの世界にいる。周囲にたくさん色があるはずなのに、窓から見える世界は白と灰色。テレビに映る色、パソコンで見る風景や花の色が遠い昔に記憶した色のような気がしていらつく。
 芸北は冬こそ美しいと言い続けているのだが、鉛色の空の日が多く、望むようなシチュエーションにはならない。レンズを通してみる風景の中で色を探している自分に気づく。日によって1枚もシャッターを切らない日がある。さらにテンの撮影を開始しているのだが、セッティングが悪いのか、カメラの前に登場しない日が続いている。今シーズンは完敗かも知れない。
 TVは冬季五輪一色。テレビも見ずシャッターも押さず、伊集院静の「大人の流儀」をパラパラと読んだりして過ごす。

 きょう、写真塾の日だった。午前中は雪を眺めて談笑、午後から梅を見に行こうと三隅の梅林公園へ。まだ咲き初め。夕方、八幡経由で帰ったが気温は-5℃だった。道路は圧雪状態の所もあるし、氷を砕くようなバリバリ音を立てる所もあった。
 夜になって小雪が舞う。午後11時半、気温は-4℃。川霧が立ち込めていないので明朝の霧氷は期待薄かも。

 ダラダラ過ごした間にTVでレンブラントの「夜警」とフェルメールの「牛乳を注ぐ女」の光の使い方を見た。好みは当然レンブラント光線なのだが、フェルメールの光も良い。写真家・篠山紀信は以前、フェルメールの描いた「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」の舞台は「北向きの部屋」と分析した。確かにフェルメール作品の「手紙を書く女」「青衣の女」など多くは直接日が入らない部屋であることに気づく。窓が常に左側にあり、登場人物だけが変わるといった感じだ。
 光は魔術師。カメラで光をどのように採り入れるか-。ちょっと面白かった。

e0091879_084799.jpg
梅林にあったフキノトウ。春だなあと思わせる。

e0091879_091133.jpg
紅梅。毎年一番最初に咲く。次第に梅林が色づく。

e0091879_092684.jpg
梅一輪-。

e0091879_09395.jpg
冬の延長線上にある八幡。春は2か月先のことになる。

by konno_noboru | 2014-02-11 00:15 | Comments(2)

山に暮らせば

2014/02/01 井上さん おめでとう。再出発のブログ拝見しました。急がず焦らず、で良いと思います。知人に難病の人がいます。手記を読みながら涙が出ました。少し紹介します。病名はALS(筋萎縮性側索硬化症)です。
 「神様、1日だけで良いから私に自由に動く足をください。そうしたら私は妻と一緒に野山を駆け巡るでしょう。神様、1日だけで良いから自由に……」と3つの願いとこれから先カメラ付き車椅子を制作し、身体の許す限り写真を撮り続ける、と記してありました。命がけで写真が撮りたいと思う知人。仕事で写真を撮り続けてきた私が命がけで撮ると言えるかどうか。写真の恐ろしいほどの魅力を体感することが出来るかどうか。何となく私自身も重い十字架を背負ったような気がしますが、写真が撮れる楽しみをもっともっと喜ばなければならないということも教えられました。
 これから楽しんでより楽しんで撮りましょう。

 umikoさん また芸北で会えれば良いですね。
 初ちゃん  今年は雪は降りましたが、冷え込みが中途半端です。西日本の山地では好条件が重ならないと-15℃まで下がらないし、幸運に恵まれてダイヤモンドダストに巡り会えたとしても撮るのに緊張しすぎて思い通りにいきません。難しいものです。  
 
 きょうは土曜会。冷え込んで苅尾(臥龍山)に樹氷が付けば登る予定だった。残念ながら登山は中止。八幡に行く前にいつもと違う場所で霧氷撮影。その後八幡界隈を歩く。

e0091879_0335758.jpg
撮影地は雄鹿原。久し振りに選んだポイント。

e0091879_0371245.jpg
大佐川沿いの霧氷。

e0091879_0405363.jpg
道路端の小川から落ちる水が氷柱になる。

e0091879_042471.jpg
朝の冷え込みで雪が堅く締まる。雪がゆるまないうちに田圃に肥料をまく。

e0091879_04479.jpg
尾崎沼。睡蓮が咲く池も次第に氷が溶ける。

by konno_noboru | 2014-02-02 00:45 | Comments(1)