山に暮らせば

2014/04/26  桜を追いかけ、追いかけられて来た4月だったが最終コーナーに来た。桜はゴールデンウイーク終盤までは持つと期待していたが、不安だったので歩いてみた。
 芸北で歩いたところを地図に落としてみると「西高東低」だと言うことに気づく。西の端の八幡が極端に多いのは納得。最近は旧芸北町役場界隈が増えているのだが東の美和、溝口、枕方面は非常に少ない。風の便りで枕の桜が良いと聞いて車で走る。
 目的地は桜吹雪だった。車が走れば道路に落ちた花びらが舞い上がり、風が吹くとゆらゆら落ちたり、真横に飛んでいく。背景に杉林を選んで道路端に腰をかけてシャッターを切る。目の前に展開する花びらの乱舞は動画で撮った方がわかりやすい。撮影モードを変えながら撮る。一日中でも座って撮られるほど面白い。立ち去れないのだ。今年の桜シーズンが華やかに終わっていく。
 山野草が咲きそろう時期が来た。写真展は3日から。今年はサンカヨウが撮れないかなあ。

e0091879_013361.jpg
芸北・枕から田原温泉に抜ける町道沿いに並ぶ桜。いままで気づかなかったが良い桜道だ。

e0091879_10234954.jpg
田圃では代かきも始まった。水の張られた田圃に舞い落ちた花びらがたくさん浮かんでいた。

e0091879_08833.jpg
風が吹くと花びらが散る。シャッタースピードをどれくらいにすればいいのか見当がつかない。遅くすれば桜の木が揺れる。早くすれば白い花びらが点々とするだけ。難しいものだ。

e0091879_0121542.jpg
クロモジが道沿いにたくさん咲いている。

e0091879_0133337.jpg
ゴヨウアケビ。

by konno_noboru | 2014-04-27 00:15 | Comments(3)

山に暮らせば

2014/04/23 今朝は霜が降りていた。まだ遅霜の季節だ。塾の人が畑にホウレンソウ、ダイコンなどの種をまいてくれたので空いている場所に雑草が生えないようマルチで覆う。これから植える予定はキュウリ、トマト、ナス、オクラ、枝豆、イチゴ、サツマイモなど。昨年はイチゴ失敗。サツマイモはイノシシに横取りされた。キャベツは「蝶々を飼っとるんか」と言われるほど蝶が飛びかい惨敗。今年はキャベツは中止。
 汗ばむほどで見上げれば快晴。昼前にカメラを持ってぐるーっと一巡り。苅尾(臥龍山)の残雪を撮る。土橋の桜は青空なら撮れる角度があるので1カット撮る。地久院も同じ理由で狙う。
 オキナグサ、アマナとシュンランの再撮影。明日は眼科。2日間カメラを手放すことになる。

e0091879_2294147.jpg
苅尾(臥龍山)山頂近くの残雪と麓のタムシバ。山も次第に春が来ている

e0091879_22115757.jpg
土橋の桜。晴れれば撮れる角度ではないかと思っている

e0091879_22141110.jpg
地久院の桜。電線などけっこう気になるものがあるので、立派な幹の部分をカットした。

e0091879_22171911.jpg
アマナ。陽が当たれば花が開く

e0091879_22181319.jpg
オキナグサはまだ蕾。週末には咲くだろう

by konno_noboru | 2014-04-23 22:19 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/04/21 きょうは芸北写真くらぶの例会。昨年からの念願だったブルーのジャケットが出来た。今朝みんなに渡され揃いのカラーで撮影会に出る。久し振りに土橋の一本桜。今年は花つきも良い。電線もない。夜の撮影に最適だろうと話し合い、気が向けば明日の夜に実行しようかと話した。「気が向けば」という一言がみんな気になるという。まあ、気が向けばだ。
 次が河野邸、そして橋山。橋山は今週末がピークになりそう。ライトアップのある地久院も歩調を合わせる。我が家から見える大家さんの枝垂れ桜も八分咲きになった。桜は今週末で終了だ。
 朝の撮影会の後、我が家近くを歩く。タムシバがピークの所もある。シュンランも咲き始めた。山のエビネの花芽も立ち上がったが遅霜にやられないように手を打たないといけないかも。
 夜はお決まりの合評会。きょうのメーンは生シイタケとコゴミ。春の味満載の料理が出た。

e0091879_23573624.jpg
土橋の一本桜は霧雨に濡れていた。カメラが濡れるほどではなかった。

e0091879_2359281.jpg
橋山の枝垂れ桜。近くの民家と旧道の虚空菩薩がある道がきれいにされ、桜並木になった。花の勢いは並木の方が増さっているが、早く散るのは手前のソメイヨシノ。

e0091879_023641.jpg
大家さん宅の枝垂れ桜。吊り灯籠がとても素敵なのだ。

e0091879_045785.jpg
きれいに咲きそろったタムシバ。

e0091879_06374.jpg
シュンラン。やっと開いた。周辺にまだ蕾の株があるのでエビネが咲くまでは楽しめそう。

by konno_noboru | 2014-04-22 00:07 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/04/19 21日に写真塾の仲間と花見を計画していた。しかし、桜の開花状況から一週間伸ばした方が良いと思い延期した。窓から見える枝垂れ桜は花の数が次第に増える。ほかのサクラの開花状況が気になる。地久院と橋山・大歳神社の枝垂れ桜を見に行く。2個所とも昨年より花つきは良い。開花状況は五分咲きと言ったところか。夜(午後11時45分現在)気温は2℃。28日まで良い状態で桜が長持ちするには気温は低い方が良いと思う。
延期したことが良かったかどうか。仲間に申し訳ないと言わないですむようになればいいけど--。

e0091879_0363860.jpg
大歳神社。上の方は咲いているが下方の垂れた枝は蕾が覆い。

e0091879_0365339.jpg
地久院もほぼ同じ状況。天候次第で一気に咲くこともあるだろう。

e0091879_0371526.jpg
ハシリドコロも咲いた

by konno_noboru | 2014-04-20 00:38 | Comments(2)

山に暮らせば

2014/04/17  開花宣言! 桜が咲いた。枝垂れ桜が咲きました。昨日まではまだ先だと思っていたが、さすがに暖かい一日だったので、午後から一気に開き始めた。垂れた枝の先端部は蕾、南向きの上の方から順次咲いてるい感じだ、橋山の大歳神社はまだ。芸北で早く咲く1本桜は正光邸が早く間もなくピークを迎える。他のサクラはお天気次第、全く予想が付かない。
 昨日、写真展の関連で千代田に行き、午後5時過ぎに大朝経由で芸北に帰った。途中、超専寺と筏津の芸術村に寄る。芸術村は旧筏津小学校。校門の近くにサクラがある。雰囲気が良い。

 写真展の準備もほぼ終了。28日ころに額装。いつもより手順良くできたが、本番は5月3日から。いつも不安を抱えてスタート。

e0091879_19152670.jpg
一気に開花した枝垂れ桜

e0091879_1916884.jpg
桜前線は虫木峠にまで北上

e0091879_19165462.jpg
我が家の前の田起こしも始まった。間もなく田植えの時期だ。1年が早いなあと感じる。

e0091879_192028.jpg
超専寺のサクラ。ぼんぼりに灯が入る

e0091879_1921289.jpg
旧筏津小学校。

e0091879_19223673.jpg
旧筏津中学校の校門側。

by konno_noboru | 2014-04-17 19:25 | Comments(2)

山に暮らせば

2014/04/14  庭の枝垂れ桜はまだ咲かない。蕾が大きく膨らみ枝全体が赤く見え始めた。開花宣言は明日か明後日には出来そう。
 きょうもお花見。集合は千代田・道の駅舞ロード。行き先は大朝・圓立寺枝垂れ桜→豊平・中原 小田掛の枝垂れ桜→近くの公園で弁当を食べてコーヒーを沸かす。休憩後近くの山野草園→旧猪山中学跡地の桜→安芸太田・与一野の桜。
 移動ばかりで撮影時間があるのかと心配されそうだが、充分にある。五時半に千代田で解散。そこでやめておけばいいのだが、明日は夜の講座があるので満月の夜桜が撮れない。今夜は月と火星が接近する。撮っておけば良かったと思うのもイヤなので老骨にむち打って圓立寺と小田掛の枝垂れ桜の夜間撮影。午後9時撮影終了、12時間勤務となった。総撮影カット数867。

e0091879_0185344.jpg
小田掛・枝垂れ桜。ライトアップはされていない。写真塾の仲間が先行していてストロボをセットしていた。当方のストロボとで時間差をかけ発光した。わかりにくいが月とその左に小さく火星。

e0091879_0231163.jpg
圓立寺の枝垂れ桜。ここはライトアップされている。

e0091879_0343546.jpg
枝垂れ桜の後方に満月と火星。

e0091879_0245825.jpg
旧猪山中学の枝垂れ桜。校舎は数年前に解体された。

e0091879_0294841.jpg
猪山中学の桜

e0091879_0303961.jpg
与一野。

by konno_noboru | 2014-04-15 00:31 | Comments(2)

山に暮らせば

2014/04/10 桜を追いかけているのか、サクラに追いかけられているのか-。今日は千代田に散髪に行く予定だったが、桜情報が2件入った。①豊平・小田掛の枝垂れ桜満開②大朝・圓立寺の枝垂れ桜8分咲き③千代田・志路原川堤満開。
 狙いは満月と1本桜。満月は15日。下見を兼ねて3個所回ることにした。桜満開と満月が重なり晴れていて撮影可能な夜と言うことになれば奇跡に近い。大平桜も城山桜も岩栃の桜もすでに散り、チャンスはない。圓立寺が一番期待が持てる。果たして芸北の桜が15日に咲くだろうか。我が家から見える枝垂れ桜のつぼみは少し膨らんだ程度。満月とは重なりそうにない。

e0091879_23482914.jpg
小田掛け枝垂れ桜。ライトアップはまだされていなかった。満開の時期に間に合うかどうか。

e0091879_2349468.jpg
圓立寺の桜は8分咲きかな。ライトアップは午後7時から。今日は夕月。桜の遙か上にある。15日は午後9時ころにチャンスが来るはず。

e0091879_23513354.jpg
千代田・志路原川堤の桜。ほとんど人が来ない。待っていると子どもが自転車でやって来た。

by konno_noboru | 2014-04-10 23:53 | Comments(2)

山に暮らせば

2014/04/10 芸北写真塾の写真展を5月3日から千代田のショッピングセンター内の「ギャラリー森」で開きます。今年のテーマは「日本の色」です。
 
e0091879_202366.jpg
十二単衣。上下町の雛祭りで飾られていた雛人形です。所蔵されている方に写真展のDM用として使用させていただくことを了解していただきました。大きなガラスのウインドーの中でしたが、夕暮れを待ちほのかな灯りの中のお雛様を撮りました。

 
  私が子どものころクレヨン(クレパスはサクラの登録商標)は6色か8色でした。1本ずつ仮名(かな)で「ももいろ」「きいろ」「みどりいろ」とても優しく、わかりやすい日本固有の色の名前が記されていました。時代を遡るにつれて「赤銅色」「朽ち葉色」「檜皮(ひわだ)色」「縹(はなだ)色」「納戸色」という色を知りました。今、街には色艶やかな服装があふれ、家庭には家具や電気器具の類まで色づけされて色が氾濫しています。生活が洋風化したためか色の名前は圧倒的に洋名なってしまいました。グリーン、ブルー、ピンクなどはわかるとしてもバーミリオン、サンフラワー、パープル、アイボリーと言われるとそれが朱色、山吹色、菖蒲色、象牙色と理解するには昭和の始めに生まれ育った人たちにはなかなか理解できません。子どものころに使ったあのやさしい日本の色の名前はどこに行ったのでしょうか?
 日本固有の色名には、植物、動物、自然現象、伝統的な草木染めの材料になっている植物の名からきた色名が多くあります。身の回りにあるものから色名がつけられたのは、それらが多くの人の目に親しまれ、その名から色が想像しやすかったからでしょう。流行色や色の呼び名は時代により変化してきたかも知れませんが、日本人のDNAの中に組み込まれた色彩感覚は決して変わるものではないはずです。四季の風物が育んだ日本の伝統色を探し求めてみたいと考えました。

 日本の色に挑戦するのは無謀かも知れないという危惧と芸北写真塾の人たちの頑張りに期待を持って走り始めました。「例えば柿色を表現するのにつるし柿を撮っただけではダメだ。写真として美しくなければならない」という注文もつけました。抽象的な題材に迷路に入ったような気分になった塾生もいましたが後戻りせず頑張りました。一人一人の色に対する思いを少しだけでも読み解いてもらえたら大変嬉しいことです。開催期間がゴールデンウイークです。ご多忙とは存じますがご高覧いただければ幸いです。

by konno_noboru | 2014-04-10 02:10 | Comments(3)

山に暮らせば

2014/04/09 8日火曜日は火曜会の日。目的地は浜田市三隅町の大平桜と井川の桜。益田市の岩栃の枝垂れ桜も撮る予定。美都町金谷の城山桜、安養寺の枝垂れ桜も候補に入れていたが時間的に余裕がないのでカット。
 最初に中国新聞夕刊にも掲載された「井川の一本桜」。新聞掲載の影響か広島市からの来訪者が多いという。昨年訪ねたときは花付きが悪く最悪だったが、今年はあふれんばかりの花。桜の近くには小さな売店があった。猪汁を飲み、好物の桜餅を買った。
 午後から大平桜へ。5日に撮影したときは満開だったのにわずか3日でほとんど散っていた。大規模農道を通って下種地区へ。桜と鯉のぼりを撮る。ここは毎年撮影に来る。近くの老人とも仲よくなっていたので少しだけ話し込む。
 最後は岩栃。ハンドベルを手にしたグループが桜の下で「さくら」を演奏していた。

e0091879_23201126.jpg
下種地区の桜と鯉のぼり。風は午前中は左から右に、午後は右から左に吹く。背景の桜を考えると午後からの方が撮影向き。

e0091879_23232453.jpg
井川の桜。中国新聞に載って来訪者が多くなったと聞いた。

e0091879_2324544.jpg
5日には満開だったがわずか3日の間に散ってしまった。

by konno_noboru | 2014-04-09 23:26 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/04/07  市内に出た。急いで芸北にもどることもない。太田川を遡る。太田川に架かる橋とサクラ。太田川サクラ寸描。少し眠いので文章は割愛。

e0091879_23244920.jpg
旧可部線。鉄橋に桜を植えてあるのではなく、対岸の土手に咲いている。

e0091879_23273830.jpg
これも鉄橋。

e0091879_23282384.jpg
川も鉄路もカーブしている。今列車が走ると絵になりそう。

e0091879_23294982.jpg
赤いアーチ橋。

e0091879_23304277.jpg
つり橋。

e0091879_23311219.jpg
沈下橋。橋の正面にサクラがあればもっと嬉しかったのだが-。

by konno_noboru | 2014-04-07 23:32 | Comments(7)