<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2014/06/23 虫刺されか何かの木にかぶれたのだと思っていた。我慢できないかゆみではないのでかゆみ止めを塗っていた。夜、ビールを飲むと発疹が出る。15日の会合で悪酔いしてから少し体調が悪いかなと思っていたので今夜からビールを止めてみた。発疹も出ないしかゆさもない。ひょっとしてビールアレルギー? 

 21日に撮ったササユリとイチヤクソウの追跡取材。ピンク色のササユリの左にあった蕾も咲いた。堅かった蕾も次第に膨らんでいた。イチヤクソウも咲きそろった。そのほかマタタビとテイカカズラも咲いている。
 午後4時からオオヤマレンゲ撮影。あと2~3日で花期は終了といった感じだ。

e0091879_2356990.jpg
4つ(陰に1つあり)とも咲いたササユリ。近くの白い花もすべて咲いた。

e0091879_2357174.jpg
イチヤクソウは11本あるがほとんど咲いた。

e0091879_23585386.jpg
マタタビ。白くなった葉の陰で咲いている。

e0091879_23594328.jpg
テイカカズラ。好きな花の1つだ。

by konno_noboru | 2014-06-24 00:00 | Comments(2)

山に暮らせば

2014/06/21  その2 近くにイチヤクソウとクモキリソウがある。気づいたのは10日前。その間何度か見に行ったが蕾の期間がとても長かったがやっと開花。ササユリやヤマボウシを撮り、午後からオオヤマレンゲを10日ぶりに見に行く。ピークは過ぎてはいたが、撮影できるきれいな花や蕾もあった。下山途中から雨が降る。

e0091879_02331.jpg
ササユリ。すぐ側に白い花もあったが鮮やかなピンク色が圧倒していた。

e0091879_0252611.jpg
クモキリソウ

e0091879_026557.jpg
イチヤクソウ

e0091879_0263957.jpg
オオナルコユリ。大きな葉の下で咲いているので緑色の色被りが激しい。

e0091879_0272566.jpg
ヤマボウシ

e0091879_037568.jpg
コウグイスカグラの実かなあ。

by konno_noboru | 2014-06-22 00:27 | Comments(2)

山荷暮らせば

2014/06/21  その1 ちょっとバタバタした10日間。雑用の合間にホウレンソウ、ダイコンを間引いたり、イノシシに荒らされて元気がなかったサツマイモの苗を追加で植える。芽が出てきたり、黄色や紫の花が菜園を彩ってくれるのはけっこう手間がかかるが楽しい。写真撮影は12日から15日まではほぼ完全休止。16日にわが家近郊から再開。オオバミゾホウズキ、トキソウなど撮る。撮るには撮ったがブログにアップされないままパソコンの中で眠っていた。
 そう、子どもの夏休みの宿題と同じだと思って遡ってアップだ。

e0091879_0964.jpg
オオバミゾホウズキ。明日は川刈りがある。川端に咲いている花は刈り取りの範囲内。

e0091879_011227.jpg
コアジサイ。我が家から100mの範囲内。

e0091879_0123672.jpg
ウリノキ。

e0091879_0131773.jpg
ジガバチソウ。

e0091879_0134554.jpg
ハッチョウトンボの♂(左)と♀。

by konno_noboru | 2014-06-22 00:15 | Comments(1)

山に暮らせば

2014.06.11  オオヤマレンゲは咲いていた。気温は相当低い。寒さ対策をしていなかったので同行者にジャンパーを借りた。雨の道を歩く。笹や雑木が濡れているのでズボンがずぶ濡れ。
 ブナ林に霧が吹き込む。風が吹けば木々の枝からバラバラ音を立てて落ちる雨粒が雨脚がさらに激しくなったと錯覚させる。登山道を右に折れ岩場に出たとき白い花が見えた。撮影開始。傘はない。レンズが濡れる。濡れた髪からしずくが落ちる。ただ無言で撮る。雨と霧の中、展望はきかない。咲いていることを確認出来ればOK。「帰るぞー」「了解」。
 撮影カット数244。

 井上さん 青い鳥さん umikoさん ありがとうございます。1週間更新できませんでしたが、umikoさんのブログでホタルを見て益田市の大谷温泉近くに撮影に行ったり、近場の山を散策したりしていました。けっこう雑用もあるのでバタバタすることもありますが、これからも芸北の情報を出していきたいと思っています。また訪ねてきてください。
 
e0091879_21143170.jpg
雨の中で咲いていたオオヤマレンゲ。

e0091879_21155170.jpg
離れた場所の花。下りていけない場所に咲いている。

e0091879_21161066.jpg
蕾もある。近くに茶色になった花があったので3日前くらいから開花が始まったのかも知れない。

e0091879_2116262.jpg
霧で遠望は効かなかった。

e0091879_2116512.jpg
霧のブナ林。幽玄の森と感じた苅尾(臥龍山)と同じ風景だった。

by konno_noboru | 2014-06-11 21:21 | Comments(4)

山荷暮らせば

2014/06/11 カープの調子が急降下で気分も降下。ここ1週間ブログをアップする気力無しといった感じ。家人も娘もカープが負けると機嫌が悪い。娘はに到っては「話かけんとってくれん。気分悪いの」という始末。カープの試合が無い日は嬉しい。もっとも嬉しいのはカープが勝って巨人が負けてくれた日!

 きょうも雨。昨日は降ったり止んだり。10日は講座の日だった。塾に来る人がキュウリとトマトとオクラの苗を持参してくれる。予定通りマルチで覆ったところに穴を開けて植えてもらった。ホウレンソウとダイコンの間引き菜をみんなに分配。先に植えたトマトとナスに花が咲いた。
 菜園での作業後、我が家界隈を歩く。昨年、すぐ近くにバイカツツジがあることに気づいた。小さな山の崖の上にたくさん咲いていた。望遠レンズで撮影できる花ではない。ハシゴをかけて撮ることにした。ササユリもたくさん咲いているので撮る。3本並んで咲いていたキンランは終了、コケイランも終わり。エビネは残念ながら今年は花をつけなかった。
 午後3時半から八幡へ。睡蓮、コウホネ、アサザが目的。睡蓮は花を閉じる時間だが葉の光りだけは最小限に抑えられる。たまたま岩田農園の奥さんが華道家から注文があったと言ってコウホネ採りに来た。「コウホネの満開の花はどれ?」と聞く。3本のコウホネをカマで切り「この開ききったのが私みたいに満開を過ぎた花。少しだけ開いたようなのが満開。乙女のような小さい蕾のもの出荷する。だが、送り先が北海道なのか九州なのか、また2日後に生け花にするのか3日後にするのかによって蕾の大きさが違うのでけっこう気を遣ってる」と笑わせた。

 きょうオオヤマレンゲが気になり雨の中を偵察に出かける。山は霧。寒い。ジャンパーを借りて着る。白い花が霧の中に見えた。傘は無し。撮影でずぶ濡れ。濡れた服の洗濯が終わり、夕食の準備が整えばきょう撮影分の整理。

e0091879_18585973.jpg
バイカツツジ。大きさは100円玉くらい。撮影が難しい花だが、チャンスはまだまだあるので撮り続けてみる。

e0091879_1933391.jpg
左は満開を過ぎた花だろうか。右が満開だろうか。大きさは満開を過ぎればおちょこくらいかな。

e0091879_1953040.jpg
睡蓮。バイカツツジよりもコウホネよりも大きな花なのだが、撮り方によっては睡蓮お花の方が小さく感じる。やはり花の撮り方は難しい。

e0091879_19114960.jpg
旧芸北町の町花。アスファルトの道の側に咲いている。他所ではまだ蕾も堅く咲いていないので道路の輻射熱があり開花に影響するのだろうか?

by konno_noboru | 2014-06-11 19:15 | Comments(2)

山に暮らせば

2014/06/04  昨夜は市内での講座日。けさは雨。雨の日こそ撮影チャンスなのだ。長靴に合羽。カメラは買い物の時レジでもらった袋に入れて雨から守る。雨の日が好きなのは撮影地に行って誰にも会わないことと予期せぬことに出会う機会が多いこと。きょうは100㎜マクロレンズだけ。
 雨。慈雨。イノシシに掘り返されたサツマイモが喜んでいるはず。きょうは水をかける必要がない。Tシャツでは肌寒いが夕方まで歩いてみよう。きょうはすべて雨の花。

e0091879_22435877.jpg
トキソウ。もう咲いていた。季節が早いのか花が早いのか、それともこちらの感性が遅いのか。いつも花に追いかけられる。

e0091879_22572912.jpg
エゴノキ。

e0091879_2313674.jpg
ヤマボウシ。

e0091879_233262.jpg
タンナサワフタギ。

by konno_noboru | 2014-06-04 23:04 | Comments(4)

山荷暮らせば

2014/06/02 きょうは芸北在住の人たちだけのグループ「芸北写真くらぶ」の撮影会。3月に作った鮮やかな青のジャケットを全員が着込んで歩く。キンラン、タニウツギを撮り、カキツバタも撮る。尾崎沼の農園で作業中の岩田さん夫妻に会う。ジャケットを見て「迷子にならないですね」と言われた。こちらは「目立ちすぎて悪いことの出来ない青色です」と応じる。その後ハルリンドウ、サラサドウダンを見て帰る。
 夜は合評会。シェフの料理で食事会から始まる。福山が舞台になった中国新聞写真クラブ撮影会の作品を見る。賑やかである。

 昨日は壬生の花田植えや芸北・八幡のカキツバタ祭りがあった。最近、人が集まる所に出かけるのが億劫で家にいた。4日前にサツマイモの苗を植えたのだがその夜にイノシシが畑を掘り返してしまった。イノシシと断定できたのはすぐ側の水田に足跡が残っていた。うり坊より少し大きいくらいか。改めて苗を植える。芋があるわけではないのに掘り返されちょっと腹が立った。畑にカメラをセット。たちまちは警戒用で畑に近づけばライトが点灯する。部屋から望遠レンズで狙う。ストロボつきのカメラでシャッターを切れば畑にセットしたストロボが同調する。ライトが光ればイノシシは退散するはずなので部屋からの撮影のチャンスはないだろう。サツマイモの収穫期になれば警戒用のライトもなくし無人カメラを畑にセットする。センサーに近づけばシャッターが切れる。獣にシャッターを切らせるのだ。

 31日に西城のクロカンパークに行く。写真だけでもアップしようかと思案中。

e0091879_0391777.jpg
キンラン。今年は例年になく豊作。今まであった場所のほとんどで復活している。

e0091879_11422543.jpg
キンラン。つぼみの最も多かったのは14もあった。



e0091879_0393444.jpg
タニウツギ。道端に咲いていた。一枝だけ白い花をつけていた。

e0091879_0395872.jpg
ハルリンドウ。遠くから見ると一面が青く見えるほど咲いていた。踏まないようにして撮るのだが、足の踏み場がないので外側の花を撮ることになる。

e0091879_121678.jpg
睡蓮。たくさん咲いている。


e0091879_11147.jpg
サラサドウダン。以前住んでいた家の垣根がサラサドウダンだった。


e0091879_0405317.jpg
コウホネ。黄色の色調再現が難しい花だと思う。

e0091879_0411262.jpg
カキツバタ。もうシーズン後半。岩田さんにも「来るのが遅かったですね」と言われた。

by konno_noboru | 2014-06-03 00:49 | Comments(1)