<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2014/08/30 自然は敵意を持っていると思い続けてきた。山では油断ならないと。ただ、それは冬の山で激しい吹雪に襲われたときで、私に対しての敵意と小さく小さく感じていた。19日から降り続いた雨は未曾有の土砂災害を引き起こした。日々増える死者。新聞に掲載された名簿の中に知人と同姓同名の人がいて思わず息をのんだ。知人に確認をとらなかったのは亡くなられた方が若かったからだ。これからも続く不安と苦悩、断ち切れない悲しみの連鎖。ただ祈るしかないのか。

 土石流災害の後、写真を撮る気力が萎えている。それに拍車をかけたのがぎっくり腰。23日朝、写真塾があるので菜園のトマト、茄子、キュウリをお裾分けするつもりで作業していたとき腰に異変があった。塾を休めないのでゆっくり山道を歩き、斜面をよじ登ったのだが、強烈な尻もちをつき滑り落ちた。その夜から壁を持って立ち上がる。整形外科に行く。圧迫骨折はない。次第に痛みも和らいだので治るだろう。
 
 裏の田圃にイノシシが入って稲穂を食べていることに26日に気づいた。腰は痛いが27日に田圃のそばにカメラ2台を仕掛けた。接触型のセンサーでイノシシが触れればシャッターが切れる。なかなか手強い相手だ。空振りになるかも知れない。

 けさ早く起きてカメラ点検、イノシシは現れていない。帰って洗濯。そのあとカメラとツエを手に散歩。ツエは歩行用と言うよりマムシ除け。散歩道は萩の咲き乱れる道だったり、ミョウガ畑の側だったり、ススキの揺れる小道だったり遠くに行かなくても何種類かの花は撮れる。きょう撮影分は萩、茗荷(ミョウガ)、白髭草(シラヒゲソウ)、宵待草、黄釣舟(ツリフネ)、釣舟草、葛(クズ)、ヘクソカズラ、鳥兜(トリカブト)など。しゃがみ込むとちょっと腰が痛かった。散歩道を歩くだけでたくさんの花が撮れるのは感謝。気分的に沈んでばかりではいけませんといった激励の花たちだ。

e0091879_935464.jpg
シラヒゲソウ。友人宅前の空き地に毎年咲く。今年は今のところ花は小振り。

e0091879_19591548.jpg
茗荷の花。これも友人宅前。下にもみ殻をを敷き詰めてあるのでとてもきれいだ。

e0091879_19593394.jpg
ツリフネソウ。滝山川沿いの溝に咲く。

e0091879_19594452.jpg
キツリフネ。自生地が歩道を造るために削られ面積は狭くなったが、今年も咲き始めた。

e0091879_2012617.jpg
葛の花。けっこう可愛いが生命力の強さに圧倒される。巻き付いたら離れないんだからといった感じだ。

e0091879_2004746.jpg
トリカブト。これから楽しませてくれる花。

by konno_noboru | 2014-08-30 20:12 | Comments(2)

山に暮らせば

2014/08/21 19日夜、市内の自宅にいた。いつも寝るのは深夜。ベッドに入り電気を消す。窓ガラスがびりびり震えるほどの雷鳴。すぐ終わるだろうと思っていたが激しさを増す。窓を開ける。目の前でストロボを連続的に発光されたような強烈な閃光が昼間のように風景を浮かび上がらせる。雨はアサガオの葉を突き破るほどの勢い。
 翌朝、6時過ぎに北海道の次女から「雨、大丈夫? 」とメール。自治会から避難指示の連絡が入る。テレビでも安佐南区沼田町伴も避難勧告対象地域と伝えている。知人から「大丈夫?」メールが入る。
 我が家は心配ではなかったが、写真塾に甚大な被害が出ている八木の現場近くに住んでいる人がいる。山本に住んでいる人も現場に近い。「大丈夫?メール」をしようと思ったが、電話で声を聞いた方が安堵できると思った。2人とも無事だった。
 現役時代に何度か取材した災害だが、これほど大きな事故は知らない。行方不明者が早く見つかることを祈る。

 17日、広島北ホテルで彫刻家・空光秋(そらみつあき)の石のモニュメント完成式があった。空充秋は広島県(可部町大林)出身。「平成之大馬鹿門」騒動で知られた人。同騒動とは仏教大学に寄贈した自作の石門に「平成之大馬鹿門」と彫ったところ大学側は「馬鹿は大学に似あわないので削ってほしい」と要求、空は「削れない」と対立。門を自宅に持ち帰った後、全国から譲渡の申し入れが殺到、現在は兵庫県千種町にある。そのほか全国に作品多数。
  
 19日三段峡。ナツエビネ。同行者2人。

e0091879_012822.jpg
ナツエビネ再訪。

e0091879_025457.jpg
ミヤマウズラ

e0091879_02467.jpg
広島北ホテルに完成した空充秋作品

e0091879_03379.jpg
ハナオクラ。食べるために植えたのだが食べないで花を眺めている。花の大きさがわかるようにしなければおもしろくないと思い、かぶっていた帽子を並ばせた。

by konno_noboru | 2014-08-22 00:09 | Comments(3)

山に暮らせば

2014-08-14  午前中、時間がとれたので雨の中を三段峡へナツエビネの確認に入る。雨も小粒になったのでポンチョはやめて傘とカメラ2台、それにスポーツドリンクと軽食を持ってスパイク付き長靴で歩く。渓谷に入るとひどく暗い。三脚を持ち込まなかったことを後悔。
 雨が激しく降り出した。2年前、眼鏡をなくしたときと同じような状況だ。渓谷の道から外れ、見覚えのある木に向かって歩く。雨がやんだ。ナツエビネ3株が木の陰にあった。咲き具合や株数が確認できたのでまた渓流沿いの道に戻る。家族連れ、4人組の写真愛好家、若い2人組、少し年輩の山ガールに会う。お盆・雨。それでも渓谷に来る私と同じような人がいるのだ。
 三段滝から二段滝へ。猿飛の渡し船の案内人が千賀ちゃんではなかった。理由も分かった。去年一度も猿飛に行かなかったし、横川の民宿にも寄らなかった。何も知らなかった。土砂降りになったが、ただ1人、渡し船に乗って二段滝まで行く。気になることを抱えて傘を差して渓谷を出た。

九州に帰っていた2人の孫が再び我が家に戻った。お墓参りと言っても2階の窓を開ければ見える距離。お墓の数は5つ。4つがわが一族。1つが旧地主さんのもの。こぢんまりとしている。一応30mくらいは歩かねばならない山道なので草刈りは必要。今年は早めに済ませていたのでバタバタしないですむ。

e0091879_23512321.jpg
3株あったが、残りの株を画面に入れると落ち着きが悪いので2株にした。

e0091879_2353207.jpg
雨に濡れていなかった。大きな木の下で濡れなかったのだろうか。

e0091879_23543572.jpg
別な場所に咲いていた花は大きな株だった。2株あった。豪華なのにひっそり咲いているようで魅力的だった。

e0091879_2357334.jpg
雨に叩かれて咲く花もある。

e0091879_23583764.jpg
2年前、この撮影ポイントで眼鏡をなくした。あのときと同じように激しく雨が降る。カメラを濡らさないようにしてというカメラ店の社長の言葉を思い出しもしなかった。

e0091879_024176.jpg
猿飛。ここでも土砂降り。
案内をする人は知らない人だった。

by konno_noboru | 2014-08-15 00:04 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/08/12 11日と12日は写真塾の日。撮影場所は加計・深山峡から芸北・雲月山。
 深山峡は滝とイワタバコを撮ることが目的。その後雲月山へ。


初ちゃん いつもコメントありがとう。野生の花のしたたかさには何度か驚かされた経験があります。キレンゲショウマは私にとっては思い入れの強い花です。亡くなられた芸北の児玉集さんに1990年に案内してもらって3年前までは自生地に通い続けました。庭にあるのは凄いことです。私にとって夏を代表する花がキレンゲショウマです。残念ながら今年も行けそうにありません。
 イノシシとの遭遇の話がありましたが、2日に塾に来た人が臥龍山登山口近くで2頭の子グマを見たそうです。クマの目撃情報が聞かれる季節です。想定外ではなく、塾の人たちには芸北に来るときはクマや猿が出るのでカメラはすぐシャッターが押せるようにプログラムオートにして助手席に置くことと言っています。慌てないようにすれば撮れることもありますから。

井上さん 雨に泣かされましたね。孫たちは昨日、父親の故郷・九州熊本に行きました。前夜、スーパームーンを撮影しようと孫と月の撮影をしました。ばあちゃんは「カメラを壊すからお願い やめて」と言い孫は「僕の写真をブログに載せてくれない?」と。月はいつもの満月より大きいということですが一枚の写真にすれば同じ満月です。写真はすごく単純でとてつもなく難しいと感じます。まあ、楽しみですから気持ち良く撮りましょう。

umiko0さん 今、桔梗がたくさん咲いています。紫色は私にとっては救世主です。紫色の一部が鉛色に見えることで目の病に気づいたのですから。両目で見てきれいな桔梗を選んで撮っているのにファインダーの中の桔梗の花びらが鉛色です。最近はその色の変化に違和感なく納得してシャッターを押します。仕事でなく押したシャッター音がとても心地良く聞こえることがあります。
 完成した桔梗色のバッグ、拝見しました。脱帽です。

Yさん ありがとうございます。きょうも雲月山に行きました。2時間ほど歩き回りました。桔梗は間もなく終盤かな思います。孫は生意気にもなりましたが、少年になって気遣いが少しずつ出来るようになるのだと感じます。

e0091879_2321723.jpg
イワタバコ。ほぼ満開。

e0091879_23221349.jpg
滝の側に咲くウバユリ。流れ落ちる滝の水が巻き起こす風に揺れ続ける。しんどい撮影だ。

e0091879_23234232.jpg
キツネノカミソリ。

e0091879_23241582.jpg
雲月山。夏と秋のせめぎ合いか。風爽やか。しかし、気温は夏。

by konno_noboru | 2014-08-12 23:26 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/08/07 昨夕、雷が鳴り土砂降りになった。滝山川の川幅がいつもの倍の10mくらいになって濁流が流れる。川音も猛り狂った凄まじい音で下ってゆく。ベッドに入っても激しい雨音のように続いた・
 
 今朝は川の流れも穏やかで水も澄んでいた。夕立が来そうな雲だったが、近くの仲間で雲月山の行く。3日の強風が嘘のように無風。キキョウも女郎花も風で倒れてはいない。のんびり2時間ほど撮影して下りた。
 夜は芸北の写真仲間とバーベキューだ。南に半月より少し大きな月が見えたが、雨が降るかも知れないので大きなテント(トップターフ)を張った。風通しは良い。料理はシェフがいるので豪華。車の人は残念ながらノンアルコールビール。それでも酔った気分になるらしい。写真の話をすればいつも「感性って何?」というところに行き着く。私の答えは決まって「母のお腹にいるときに出来るもの」である。返ってくる答えもいつも同じ。「それじゃ頑張ってもダメだ」。本当は「自然が与えてくれる刺激の積み重ねで出来る記憶」が感性だろうと思っている。

e0091879_0504147.jpg
無風。だが雲は動いている。雨の雲だろうか。ただ座っているだけで心地良い。

e0091879_11247100.jpg
フシグロセンノウ。たまには後から狙うのも良いか。

e0091879_0551488.jpg
湿原の夏の貴婦人。少し露出を抑えたのでくらい感じになったかも知れない

e0091879_0565910.jpg
目に付くと変わったアングルで撮ってみたいし何か冒険したくなる

e0091879_10454.jpg
サワギキョウ。次第に咲きそろってきた。

e0091879_124140.jpg
コオニユリ。とにかく目立つ。素通りできない色の鮮やかさについレンズが向く。

by konno_noboru | 2014-08-08 01:04 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/08/03 きのう雲月山を歩いた。写真塾の撮影日。台風の余波か風強く涼しい。だが被写体は強風に揺れまくり写真は撮れない。午前中で中断。夜にヒメボタルの撮影を予定していたが、土砂降りでこれも断念。夕方から菜園で収穫したナスを料理してもらいただ1人ビールを飲む。トマトは砂糖をかけて食べる。他の人はカレーパーティー。たまにはこんな日も良いと慰め合う。お土産に大きなキューリを持ち帰ってもらう。
 一昨日も塾の下見のために雲月山だった。雨風が叩きつける。傘を持って歩いたが、ニュースで見るのと同じように傘がジョウゴのようになってバラバラに壊れた。
 山はもう秋だ。キキョウ、ナデシコ、ハギ、オミナエシなど秋の七草が多く見えた。ススキの下にはナンバンギセル。来ているものが濡れてきたので何となく肌寒い。山を下りてほかの場所に寄る。サギソウ、サワギキョウがボチボチ咲き始めていた。

 今日も雨で出歩くことを止めた。のんびり日高敏著隆「動物たちの戦略」を読んでいたら家人から電話。ブログを読んで孫のこうた泣いているという。理由を聞くと「僕が芸北に行くと言ったらおじいちゃんは寂しい思いをしなくてすんだのに。芸北に行かないと言ったからじいちゃん寂しい思いをしている」と廊下でタブレットを抱えて座り込んでシクシクしていたらしい。うーん 明日はトイザらス行きだ!

e0091879_2214471.jpg
山は強風なのだが風の度合いを表現するにはスチール写真では無理なんだなあ。

e0091879_22175324.jpg
キキョウはたくさん咲いていた。

e0091879_2218348.jpg
カワラナデシコ。

e0091879_2219836.jpg
ナンバンギセル。

e0091879_22194823.jpg
ハギ。

e0091879_22201176.jpg
トンボソウ。

 

by konno_noboru | 2014-08-03 22:19 | Comments(5)

山に暮らせば

2014/07/31 28日に北海道から双子の孫が帰ってきた。小学校3年生になるともう少年だ。沼田に住むもう2人の孫と4人で楽しく遊ぶ。「芸北に遊びに行こう」というと「芸北には無線ランはある? ないのなら行かない」という。どうも3Dのゲームをパソコンで楽しむらしい。虫取りや水遊び、菜園でトマトやキュウリ、ナスを収穫することなどは楽しくないのだ。どこに行きたい。日本海にお泳ぎに行こうかと聞けば「じいちゃんの時間があるならトイザらスが良い」という。
 菜園の収穫は毎日、一人食べる分には十分だ。野菜の話をすると小学1年の孫娘が「ばあちゃん、じいちゃんに野菜生活のジュースを買ってあげた方が良いよ」という。ばあちゃんもその一言につられて野菜生活1ダース買ってきた。いつ間にか孫たちとの主導権がひっくり返った。次第に相手にされなくなっていくのだろうな。

 孫の守りが消えたのでアサギマダラに最後の挑戦。野菜収穫後に菜園の水やり、周囲の草刈り。夜、ヒメボタルがいそうな場所を探しに出る。ヒメボタルの撮影はもう1回チャンスがあるかどうか。
 
e0091879_0311959.jpg
アサギマダラ。圧倒的に♂が多いと聞く。ヒヨドリバナの蜜に♂には欠かせない繁殖に関わる秘薬があるのだろう。

e0091879_0314335.jpg
自動車がすぐ側を走り去った。舞い上がった蝶が次第に下りてくる。

e0091879_0362522.jpg
今夜の食卓に上がる。茄子は焼く。オクラはちょっと硬いので? キュウリとトマトは洗ってかぶりつく。毎日これくらいは食べられそう。孫娘に野菜生活も毎日飲みなさいと言われているので両建てで行く。

e0091879_041523.jpg
近くの稲も花が咲いた。傍らにイノシシの荒らした跡がある。電気柵は乗り越えられないようだ。

e0091879_0445634.jpg
部屋にラジオがない。カープのテレビ放送がないときは掛け頭山山頂で車のラジオで聞く。天気が良ければ撮影。今夜は黒い雲だ。こんな日のほうが多いのだ。星を撮影するにはなかなか良い日にあたらないものだ。

by konno_noboru | 2014-08-01 00:48 | Comments(3)