<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2014/09/29 27日土曜。午後1時から流川の中国ビルで写真講座。3時に終了して芸北・亀山神社のお祭り「炎の祭典」へ。10年前は本当に地域の祭りだったが、見物客も増えて大きな祭りになった。
 芸北写真くらぶが中国新聞10月3日付け夕刊「撮りたてフォト」に出稿する。同じ3日にアップしようと考えていたがちょっと間が開きすぎるので一足お先に大松明の練り回し(おおたいまつ)だけアップすることにした。

 市内からの帰りにキバナアキギリとホトトギスを撮った。
 
e0091879_0103673.jpg
大松明の練り回し。2本の大松明が境内で舞う。

e0091879_0122914.jpg
大松明練り回し。

e0091879_0171785.jpg
キバナアキギリ。

e0091879_0181547.jpg
ホトトギス

by konno_noboru | 2014-09-30 00:21 | Comments(8)

山に暮らせば

2014/09/26  きのう北広島町観光協会のカメラで探す「宝探し講座」があった。台風の影響で雨。市内から来た人たちは雨? とけげんそう。市内も集合場所の千代田も雨は降っていなかった。すぐ止むだろうと思ったが終日傘をさしての撮影になった。
 トリカブト、アケボノソウ、サラシナショウマ、ツルリンドウなど慣れない雨中の撮影。雨合羽と傘、カメラには濡れないようにそれぞれが対策を施している。昼食は山麓庵で取る。我慢できないほどの寒さではないが濡れた人もいるのでストーブを焚いてもらった。朝晩は10℃以下になることもあるのでストーブが用意してあるのは不思議ではない。
 午後から赤蕎麦と大歳神社界隈の撮影。雨が激しくなったり止んだりめまぐるしく変わる。だから面白いのだ! と強がりで終了の時を迎えた。

イノシシ撮影記  24日夜、3頭のイノシシが現れた。うり坊もいた。3頭が写ってはいるのだが、公開するには絵が美しくない。きょう、撮影ポイントを変えた。きれいな絵になればいいのだが-。

e0091879_21553578.jpg
大歳神社。暗い空が広がっていたが一瞬神社手前が明るくなった。芸北・八幡は時々予想外の景観を見せてくれる。

e0091879_220832.jpg
刈り取りのすんだ田圃に焦点を合わせるのが良いのか空を強調するのが良いのか。現場で迷いがあるからこそ楽しいのかもしれない。

e0091879_224560.jpg
大歳神社境内の山毛欅。幹を伝って下る雨が幹を美しく見せる。

e0091879_2255481.jpg
赤蕎麦。

e0091879_226424.jpg
マツムシソウ。雨に打たれて花茎は大きく倒れ込んでいた。

e0091879_2273844.jpg
カンボクの実の赤さよりもしずくが気になった。きれいなのだがおいしくないのだろうか鳥が食べない。。

by konno_noboru | 2014-09-26 22:08 | Comments(8)

山に暮らせば

2014/09/24  今夜もイノシシ撮影にセットしたカメラのストロボが真っ暗な菜園でパッ、パッと光っている。接触型のセンサーに誤作動が多いので3日前から赤外線センサーに交換したのだが、イノシシが来ているはずなのに写っていない。カメラが作動していない。今夜も誤作動だろうか?
 このところストロボの改良、カメラを雨や夜露から守るためのカメラケースの再作成などで手間取られる。その間、講座が1日おきに入る過密スケジュールでバタバタしている。講座のために下見に行くので1日おきと言っても空いた日がない。撮影地探しに走るのは自分の作品を作るためでもあるが、夜はくたびれてブログをアップする気力が失せる。
 先週から島根県吉賀町の彼岸花撮影に4日も通った。たまたまテレビの地球派宣言で山口県の寂地峡を放映していたので五龍の滝巡りもする。テレビ効果か、人がいつもより多かった。
 
 明日は北広島町観光協会の「カメラで探す 宝探し講座」。天気が気になるところだ。下見に苅尾(臥龍山)界隈を歩く。トリカブト、マツムシソウは終盤、リンドウの蕾もあった。加齢黄斑変性に気づいたのはリンドウの花の色が鉛色に見えたこと。23日、彼岸花撮影中に以前写真塾にいた人に会った。彼も加齢黄斑変性である。症状は私より進んでいて車の運転は出来ない。マイクロバスでの撮影である。彼も早い段階で予兆があった。目がおかしいと聞いていたのに-と今になって悔やまれる。

 新聞に赤蕎麦の記事が載った。私は白い蕎麦の花のほうが見るのも食べるのも遙かに好きだ。「新聞に載ってた蕎麦はどこ?」という問い合わせ電話とメールが来る。それくらい探せよ! と冷たく軟らかくお返事いたしました。

e0091879_057555.jpg
何処かのご婦人が奥田元宋の赤みたいと言った彼岸花は撮りにくい。陽が射すので木漏れ日の下の花を狙った。

e0091879_113616.jpg
田圃の畦に咲いているのが良い。栗園に咲くのはモグラ除けのためだろうか? 何年も通うのに聞いてもいなかった。

e0091879_132699.jpg
春にはカタクリの花で賑わうところ。彼岸花祭りの舞台とは離れているし、地元の人も気さくで楽しいところだ。帰りにすぐ近くの「山吹」でクリのジェラートを食べた。
e0091879_165836.jpg
寂地峡・龍頭の滝。一番上の滝。

e0091879_174877.jpg
龍尾の滝が一番下。間に登龍の滝など3つの滝があり合わせて五龍の滝。

e0091879_116071.jpg
八幡・大歳神社。周囲で稲刈りが始まった。

e0091879_117105.jpg
トリカブト。今年は白い花が多かった。

e0091879_118812.jpg
リンドウの蕾。3年前の10月10日、加齢黄斑変性に気づかせてもらった紫の花が咲くのも間近。

by konno_noboru | 2014-09-25 01:19 | Comments(7)

山に暮らせば

2014/09/15 稲刈りが終わった。田圃を荒らしたイノシシが狙ってやってくるのがサツマイモ。試しに掘ってみた。欲を言えばもう少し大きい方が良い。去年、収穫前にやられたので同じ轍は踏みたくない。トマトとキュウリを守るために張っていたネットをサツマイモのところに移動した。植えている面積が違うのでネットが短すぎてとても防御にはならない。明日の夜は市内に出る。ちょっと不安。
 イノシシが出てくる荒れ地にススキがある。田圃の電気柵を確認しながらススキの穂先を眺めていた。穂先が出るときさまざまな形になる。カメラを持って歩く。

e0091879_22362243.jpg
白い鳥兜。毎年同じところに咲く。

e0091879_22363754.jpg
ツリガネニンジン

e0091879_22383173.jpg
ススキⅠ

e0091879_22385294.jpg
ススキⅡ

e0091879_22391860.jpg
ススキⅢ

e0091879_22393264.jpg
ススキⅣ

e0091879_22394712.jpg
ススキⅤ

by konno_noboru | 2014-09-15 22:40 | Comments(2)

山に暮らせば

2014/09/14  きょうはイノシシが侵入した田圃の稲刈り。侵入個所近くにカメラを設置してもほかの場所から入るという知能犯。夜ごと二階の窓から威嚇の花火を田圃に向けて撃ったが、効果はなかった。無人カメラのストロボに照らし出されたのは走り去るウサギだった。
 稲刈りが終わった。次は昨年同様サツマイモを狙って現れるだろうか。

e0091879_0243147.jpg
好天に恵まれて順調に進む稲刈り。長雨、日照不足さらにイノシシの被害を合わせればで収穫は例年に比べて3~3割5分減と大家さんは言う。コンバインに乗るのは思いもかけなかった芸北写真くらぶの人だった。

e0091879_025846.jpg
2階から見た田圃。イノシシは左端の草の生い茂る荒れ地から出るようだ。下の田圃がイノシシ被害が大きかった。

e0091879_0252873.jpg
イノシシは電気柵を倒して侵入したらしい。くぐって入るのか、体当たりして倒すのかvわからない。腹立たしいが防ぎようがないのだ。

e0091879_0255131.jpg
侵入すると思われるルートにセンサーを仕掛ける。糸を張り巡らせて糸にかかればシャッターが切れる仕組みだ。

e0091879_026880.jpg
無人カメラに写ったウサギ。左からと決めてセットしたのにウサギは逆方向から現れて走り去る。

by konno_noboru | 2014-09-15 00:28 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/09/09 「夏はなくても夏物あります」。小さな衣料品店の前に張り出された看板が架かったまま秋になった。きょう、ダイコン、ホウレンソウ、チンゲンサイの種を蒔いた。10月になればコタツがいる地域で秋蒔きの野菜が出来るだろうか。
青空を見上げる。忘れていた色。気分も次第にハイになる。腰の調子も良い。7日に聖湖マラソンがあった地域をカメラ担いで歩く。距離も長くなった。月末に亀山神社で秋祭り「乙九日 炎の祭典」がある。それで芸北の秋は終わりだ。夏も短いが秋はもっと短い。
 
 今夜はスーパームーン。東側に山があるので市内より月の出は30分以上遅い。雲が多いが月はまだ東の方角にある。月の向かって花火を打つ。子どもの悪戯のようだがこちらは本気。田圃にイノシシが侵入するので威嚇するためだ。電気柵はあるのだが、それでも入る。今夜、孫のために買っておいたロケット花火5発を打った。プッシュと音を発して20mほど飛んで破裂する。現役時代、ツキノワグマ出没地域の取材で見た農家の人が打ち上げていたものと同じだ。一昨日まで無人カメラを2台設置していたが撤収した。イノシシを歓迎しているような私と出てきては困る米を作る隣人が「あっちから出る。こっちから来る」と話す。私のしていることは遊びの範疇。昔のように「仕事だ!」とは言えない。単純に考えても今は撮影を中止した方が良い。しかし、菜園のサツマイモを狙ってイノシシが侵入すればカメラは設置する。稲刈りが終わった後を出番とする。センサーなど少し改良しなければならない。

e0091879_23232255.jpg
青空と鰯雲、風爽やか。昼食を木陰でとる。

e0091879_23244222.jpg
高原の秋はマツムシソウが彩る。午前中は雲一つなかった。

e0091879_23271197.jpg
アケボノソウ。花びらが六枚の花があった。バランス良く花びらが並んでいることが不思議だ。

e0091879_23285416.jpg
寝転んで咲いている横着なトリカブト。

e0091879_23293522.jpg
ツルリンドウ。地を這うような形で咲いているのでこちらが横着げに寝転んで撮る。

e0091879_23315362.jpg
キツリフネ。朝露でびっしょり濡れていた。

e0091879_23325292.jpg
サラシナショウマだけが咲いていない。やっと見つけた一花。

by konno_noboru | 2014-09-09 23:34 | Comments(8)

山に暮らせば

2014/09/03 昨夜は市内での講座。それぞれが撮った写真をプロジェクター見ながらの合評会。仲間の1人源爺さん(私より若い)がアケボノソウ、サラシナショウマ、タムラソウなど秋の花を見せてくれた。明日の朝は八幡だと思った。
 
 今朝、病院で薬をもらった後、芸北・八幡に。大歳神社に着いたときにも雨が降っていた。稲穂が青いのは日照不足だけではなさそう。冷夏? 先週、14℃の日もあり寒かった。ススキもいつもより早く穂が出ている。日曜日(7日)に行われる聖湖マラソン。今年は熱中症の心配は少し減るかも。

e0091879_2349429.jpg
今日も雨。大歳神社周辺の田圃はまだあまり色づいていない。日照不足が心配。

e0091879_23475815.jpg
アケボノソウ。まだ咲き初めたばかり。咲いているのを探すのが大変だがあと1週間もすればたくさん見られそう。この花にはクモの糸がたくさんついていた。

e0091879_23482941.jpg
トリカブト。開花が早い気がするのだが-。

e0091879_23484772.jpg
タムラソウ。

e0091879_23493465.jpg
マルバノホロシ。

e0091879_23494793.jpg
サワギキョウ。こんなところにこんなにたくさん、と思った。

by konno_noboru | 2014-09-04 00:01 | Comments(1)