<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

e0091879_12422728.jpg


2014/12/31  今年も今日限りになりました。一年間ブログを見ていただき感謝します。

 今年は北海道の双子の孫が熊本のおじいちゃん、おばあちゃんの方に直行し、2日に広島に来ます。例年になく静かな年末を過ごしました。
 午後になって鉛色の空から雪が降り始めました。風に吹き飛ばされています。雪の大晦日です。優しく降ってくれれば嬉しいのですが…。

青い鳥さん ありがとう。今月後半は少しくたびれましたが何とか2015年が迎えられます。いろいろありがとう。

asahigaoka32427  いつもコメントをいただきありがとうございました。年が明けると、4月の写真展の準備です。今年は「茶花・和花」がテーマです。石州和紙にプリントの予定です。不安はありますが、肩の力は抜けそうにないので力んでやってみます。

初ちゃん 一年間早かったですね。今、テンの撮影に入っていますが、さっぱり撮れません。来年へ持ち越しです。たいした病気もせず、加齢黄斑変性も進行せず、何とか乗り切りました。来年もよろしく.

umiko0さん いつも素敵なコメントありがとう。私の芸北生活は12年になります。少し感度が鈍ってきたのではないかと感じています。どんどん芸北に撮影に来て「こんなのもあるじゃない?」と見せてください。ブログ「日替わり定食」楽しみにしています。

e0091879_1247451.jpg
降るときには降る。抗しきれないほど降る。

e0091879_12481139.jpg
目覚めてカーテンを開ければ別世界。パジャマで撮れる環境に感謝。

 

by konno_noboru | 2014-12-31 12:52 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/12/22 車の雪を落とさなければならない。その前に車周辺の雪を掘らなければならない。除雪機を出さなければならない。1つのことをするのにやらねばならないことがいっぱいある。柔らかい雪を除雪機で飛ばすのが楽だということに気づいてから、一気に車に覆い被さった雪に立ち向かうのはやめた。時間はかかるが周辺の除雪から始める。除雪機はキャタピラのようなトラック(無限軌道)で動く。回転式の集雪口で雪をかき集めて吸い込み煙突状の投雪口から5m近く飛ばす。風上に飛ばせば粉雪が頭から降りかかるので要注意。
 積雪は70㌢。写真塾を中止にしたので車でやってくる人たちの駐車スペースを確保しなくてすんだのだが、のんびりやって車を掘り出すのに1時間かかった。

 久し振りに自由時間が出来た、といった感じ。雪は降り続いているが、八幡に向かう。5日に田圃に横転しかけた道を避けて右回りで出る。雪道を走るのが何となく気味が悪くなっている。無重力で走るような感覚がふと目覚める。
 八幡洞門を抜ける。積雪90㌢の世界。

e0091879_23434424.jpg
車庫はあるのだが、雑多なものを入れているので車が入らない。したがって、こうなる。

e0091879_23445734.jpg
元々は茅葺きだったのだろうが、今はトタン屋根に変わった。雪が降れば昔の景観に戻る。

e0091879_23484572.jpg
雪が降る。傘はささない。確かな足取り。都会の人のような不安定な歩き方とは違う。

e0091879_2351449.jpg
八幡が好きなのは刻一刻と景観が変わるところ。-5℃だったが寒いとは言ってられない。

e0091879_2353417.jpg
八幡にいれば全方向に気を配らなければならない。後ろではこんな風景が展開することもある。

e0091879_23563829.jpg
どうしても雪の苅尾(臥龍山)が見たかったが、中腹までしか姿を現さなかった。

by konno_noboru | 2014-12-22 23:57 | Comments(4)

山に暮らせば

2014/12/12  雪が降る。ホタルが舞うように優しく降る。外に出てみる。ダウンジャケットの肩や袖に降り注ぎしがみついたように放れないのは冷気が足らないのだ。冷え込みが厳しくなり風が吹けば着ているものや木々に着雪することはない。真冬の怖いほどの降り方とは違う。また、今回も湿った重い雪かも知れない。
 冷え込みもやわらかく張り詰めた空気感はない。重い雪がまた針葉樹に積もり始めた。すべての音を飲み込んでただ静かに雪が降る。撮影にはとても不向き。八幡には行かずに部屋に籠もったままの1日だ。
 夜になって気温は氷点下になった。道路もまた真っ白になった。
  
 例年通り、年も押し迫ったころにカレンダーが出来た。
 1月 掛頭山の雲海とご来光に始まり霧氷、冬山トレッキングと続く。昨年までの縦型からデザインをが一新され横40㌢縦18㌢の横型になった。印刷は西風新都にある喜勝印刷。きれいな色再現である。
 ご注文はメールでkougen@eagle.ocn.ne.jpか北広島町観光協会芸北支部0826-35-0888で受け付けている。1部1000円です。
 また小生のアドレス n_konno0317@green.megaegg.ne.jp でも受けます。


e0091879_20572348.jpg
冬になれば木々の葉が落ちて滝山川が蛇行するのが現れる。いつも通り窓際から外を眺める。

e0091879_20594864.jpg
枝垂れ桜が気になる。大きな枝だったのでとても残念だ。しかし、あっと驚かせる花を咲かせるだろう。

e0091879_211105.jpg
観光協会が出したカレンダー。撮影は芸北写真くらぶメンバー。ワイド写真に衣替えして新鮮です。




 

by konno_noboru | 2014-12-12 21:05 | Comments(3)

山に暮らせば

2014/12/07  ブログを見た人から「大丈夫でしたか?」とメールや電話をいただきました。ご心配をかけ申し訳ありませんでした。asahigaokaさん、floraさん、山彦さん、umiko0さん、驚かせてごめんなさい。恐怖感もなく、無重力状態で5m近く走り、田圃の方に滑りました。車も私も無傷だったので笑い話ですんだようなところもあります。雪道には慣れていると過信していたのでしょう。これからは注意を怠らないようにします。

 きょうは朝から除雪作業。今朝再び屋根から落雪。除雪機で飛ばすのだが、湿った雪に手を焼く。庭にある枝垂れ桜の枝が折れているのに気づいた。残念。来年の花の時期に影響がはっきり見えるだろう。

 きのうは備北丘陵公園のイルミネーション撮影に行く。仲間7人同行。雪が激しく降って寒さが応えた。

e0091879_0372547.jpg
窓から見れば

e0091879_03814100.jpg
窓から眺める向かいの山。カメラはいつも窓際にある。一瞬、青空が来た。同じ場所でも陽が射せば見事な景観になる。

e0091879_0393269.jpg
大家さんお庭の枝垂れ桜の枝が折れていた。窓から見れば正面の位置。来年の桜の時期が不安。

e0091879_0415638.jpg
きょう再び屋根から落雪。重い湿った雪は手強い。

e0091879_042509.jpg
イルミネーション。鯉の滝登りなどが表現されている。

e0091879_044985.jpg
竹藪に配置された傘。

by konno_noboru | 2014-12-08 00:46 | Comments(1)

山に暮らせば

2014/12/05 午後1時に千代田に行かなければならなかった。午前11時には除雪車がくるのに来なかった。車を掘り出し、国道まで出れば問題ないと判断して出発。東回りの予定が道路に遮断機のように倒木が横たわる。西回りに変更。積雪は50㌢。家から100m走ったあたりから車が浮き上がる感じがする。雪は湿って重い。軽い雪なら吹き飛ばすのだが、重い雪は車の下に入り、亀の腹の下に砂を入れたように次第に車輪が浮くのだ。車が泳ぎながら走り横滑りを始める。ハンドルは効かない。すーっと田圃に吸い込まれていく。横になったまま止まった。車内で動けば車が一回転しそうだ。
 除雪作業をしていた知り合いが走ってきて、助手席のドアを開け、手をさしのべてくれた。車が揺れないように静かに脱出した。レッカーの手配などは北広島観光協会の会長に世話になり、千代田まで同乗させてもらった。千代田から帰った時には車は無傷のまま引き上げられていた。
 夕方、我が家の除雪。雪が重く、午後7時、ギブアップ。

※asahigaokaさん、umiko0さん 芸北が一番美しい時期を迎えました。美しさの裏に魔物が潜んでいます。雪道は予期せぬことが起きます。用心に用心を重ねてちょうど良いと思ってください。

e0091879_2264816.jpg
横滑りして田圃に落ちかかった。わずか5分後に除雪車が来て道路が見えた。焦らずにもう少し待てば肝を冷やさなくてすんだのに-。

e0091879_2210670.jpg
東回りの道は倒木が通せんぼをしていた。倒木がなかったら-。後の祭り。

by konno_noboru | 2014-12-05 22:11 | Comments(4)

山に暮らせば

2014/12/04 芸北・八幡の積雪が35㌢(午後11時)を超えた。時折大雪の前兆である雷が遠くで聞こえる。雪は静かに降り続いている。屋根の雪も滑り落ちた。本格的な雪のシーズンで到来である。

 けさ、カーテンを開けると川沿いの木々は着雪に覆われていた。窓際にテーブルを移動させてコーヒーをゆっくり飲む。新聞を広げたり、窓から撮影したりしながら目の前の風景を楽しむ。2階の部屋は極上の空間である。のんびりとした後、カメラ点検。現場についてバッテリー容量が不足でダウンしたり記憶メディア(SD,CFカード)が挿入されていなかったり、最近は凡ミスが時々あるのでちょっと気を引き締める。仲間がいるときは「誰か持ってない?」の一言で助けてくれるが、一人の時は泣くしかない。
 きのうもちょっとだけ様子うかがいに八幡に行った。きのうも苅尾(臥龍山)は見えなかった。きょうも雲の中。きょうの降雪は根雪になるだろう。

井上さん 本格的に降りました。防寒対策をしっかりしてお出かけください。道路は除雪が完璧ですから大丈夫です。

e0091879_201228100.jpg
部屋から見た着雪した木々。霧氷とは少し違って白の輝きが少し違うような気がする。

e0091879_20162886.jpg
八幡洞門。狭いので大型車との離合が困難。両方の入り口に対向車があることを知らせる信号が付いた。大型か小型車の区別がどんなシグナルになるのかしらない。狭さも注意だが入り口の凍結に細心の注意を。

e0091879_2023204.jpg
大歳神社。着雪した木の上をすぐ側の柴木川にいたカモが飛んできた。

e0091879_2025214.jpg
除雪車出動。作業はパーフェクト。

e0091879_2026455.jpg
芸北の雪の降り方は凄い。昼間でもヘッドライトを点灯して走るのだがすぐに雪がライトの部分を覆ってしまう。

e0091879_20284352.jpg
きょうは広い範囲は撮れなかった。小降りの時に少し明るくなった。

e0091879_2029315.jpg
アトリ。


 

by konno_noboru | 2014-12-04 20:30 | Comments(3)