<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2015/02/25 窓を開ければまだ冬景色。残雪というのだろうか。芸北はそんなに甘くはない。まだ降る。きっととどめを刺すような激しさで降り、雪の季節の幕を閉じる。いつの間にか春ではない。梅も桜も道端の花も足並みをそろえて咲く。まだ2月、芸北の春は1か月以上も先だ。
きょうは写真展の準備のため浜田市の石州和紙会館へ。今年の写真展は4月18日から26日まで。作品は和紙で仕上げる。ミツマタの用紙か楮(こうぞ)か。プリントする和紙の色は? 和紙では発色の悪い色があるのか? 仕上げに何日かかるか? 悩ましいのはサイズだ。写真用紙のサイズは全紙、半切、四つ切りとなるが和紙はA1 A2 A3となる。当然ながらそれぞれ寸法が違う。額縁のサイズもある。とにかく急がなければならない。
e0091879_21235182.jpg
窓を開ければ冬。除雪した雪がまだ山になって残る。

e0091879_21261241.jpg
芸北・八幡。例年に比べてかなり早く土が見えた。

e0091879_2127432.jpg
石州和紙会館から近い三隅梅林公園。まだ満開ではない。8分咲きか。


 雪景色の中に花便りが届く。節分草が咲いた。福寿草もユキワリイチゲも咲いた。梅も満開だという。月曜、火曜は東へ走る。いつもと違って今年は気がかりなことを抱えている。尊敬する先生が倒れて入院。重篤なのだ。奇跡を願いながら花を撮る。

e0091879_21302668.jpg
節分草。総領町。

e0091879_2131595.jpg
福寿草。総領町。

e0091879_2133955.jpg
ユキワリイチゲ。

e0091879_21341663.jpg
セリバオウレン

by konno_noboru | 2015-02-25 21:34 | Comments(3)

山に暮らせば

2015/02/21 今朝は冷え込むと予想して少し早く起きた。窓を開けると川辺の木々に霧氷が付いていた。近場の霧氷を少し撮って八幡へ走る。
 きょうは講座日。集合場所を八幡に変更する旨それぞれに携帯で連絡。大歳神社界隈。冷え込みが緩い。カメラを持つ手が痛いと感じない。霧氷の付き方が少ない。苅尾(臥龍山)にも霧氷は付いていない。八幡の住人は「きょうはたいしたことない」とないない尽くし。それでもここは八幡だ。白くなった木々のある柴木川沿いを歩く。気温が上がれば霧氷は消えるので短時間の勝負。集まった仲間全員がスノーシューかカンジキをつけ歩く。
 今朝の八幡は穏やか。穏やかな時には荒れることを望むもの。この冬、八幡は穏やかな日が多い。

asahigaokaさん 青い鳥さん、yamaguchiさん ありがとう。

e0091879_0192887.jpg
大歳神社。北側の紅葉の木に霧氷が多く付いた。

e0091879_0204725.jpg
柴木川沿い。さくら、柳の木が多い。

e0091879_0232322.jpg
大歳神社界隈。道路も畦も田圃も同じ高さ。前夜、強風が吹いたらしく雪紋が残っていた。

e0091879_0295423.jpg
民家の庭の木も花が咲いたようになる。

by konno_noboru | 2015-02-22 00:29 | Comments(1)

山に暮らせば

2015/02/19  午前7時40分、除雪車がやって来た。出動したのは午前3時だったと聞いた。圧倒的パワーで
道路に積もった雪を押しのける。見ていると気分爽快になる。豪雪地帯ならではの感覚だろうか。
 きょうは芸北写真くらぶの例会日。家の前を除雪して駐車スペースは確保した。地元の人たちなので少々の雪には驚かない。「よう降ったのう」の一言で片が付く。バラバラ音がしながら雪が降る。霰のような粒雪が降る。コーヒーを飲み、雪の八幡で撮影開始。風上に向かってレンズは向けられない。雪が下から舞い上がって地吹雪になり、前が見えない。吹き付ける雪は顔に当たれば痛い。芸北の人でさえ「さすが八幡じゃのう」と言う。
 一瞬雲が切れたとき皆が一斉に「今だ!」と叫ぶ。苅尾(臥龍山)は見えない。昼過ぎまで撮って終了。
午後3時 八幡の積雪は145㌢。ここも広島だ。

井上さん 青い鳥さん ありがとう。市内から戻り感じるのは雪には負けとられん、ということです。除雪作業も「春になれば溶けるよ」と悠長に構えていられる状況ではありません。放っておけば氷のように硬くなり、除雪できません。雪が柔らかく軽いうちにやらなければなりません。肌着を2回も替えなければならないほど汗をかく作業です。黙々と汗をかきます。すべてを忘れてやります。それが良いのかもしれません。
 縮景園の梅ももう少し先ですね。

e0091879_18135537.jpg
除雪車が来た。道路半分ずつの作業で、我が家の前の道でも行って帰って行く、一往復半です。除雪作業のしんどさを体験しているので、強力の味方が来たといつも喜びます。

e0091879_18191160.jpg
黒い道が見えると感激です。積雪量は写真右側に写っている除雪跡から想像してください。

e0091879_18214633.jpg
八幡・大歳神社。吹き付ける雪と地吹雪で浮いて見える。

e0091879_18241177.jpg
雪が止んで少し明るくなる。橋の手前は除雪した雪で山が出来る。jここで行き止まり。歩いて橋を渡るにはスノーシューがいる。

e0091879_1827594.jpg
一瞬、陽が射した。きょうはこの一度だけだった。

e0091879_18284016.jpg
山麓庵の氷柱。屋根から雪が滝のように降ってくる。
 

by konno_noboru | 2015-02-19 18:30 | Comments(1)

山に暮らせば

2015/02/18
お昼に芸北に戻った。昨日、縮景園で撮ったメジロやきょう帰りに撮ったアオサギなど鳥の写真を整理した。フォルダー「鳥」の中に入る。たぶん、もうフォルダーから飛び出すことはあるまい。
 芸北に帰るとき、市内は雨で気温は6℃だった。自宅から西風新都ICまでは3分程度。高速道で千代田へ。積雪は全くなし。気温は6℃で雨。旧豊平町志路原で気温4℃で霙(みぞれ)。所々に残雪あり。豊平から芸北に抜ける椎谷峠へ入るとすべてが雪一色に変わる。気温0℃、激しく雪が降る。春の気配があったはずなのに、季節は冬に逆戻り。孫と「暖かくなったらゲームソフト買いにトイザらスへ行こう」と約束している。孫は「ばあちゃん、もう温いよね」とい言う。ばあちゃんは「市内はもう温いの! 芸北の雪が消えたらと言ったら」。孫続けて曰く「じゃあ5月ね」。
 午後7時30分、気温は-1℃雪。すでに除雪車が必要なほど積もった。除雪車が黄色い回転灯を灯してやって来ると嬉しくて思わず「来た!」と声が出る。明日朝、必ず除雪車が出動する。除雪した後の黒い道を見たとき不思議な爽快感が沸くのだ。
 午後8時 八幡の積雪は120㌢を超えた。

e0091879_22122135.jpg
サシバ。雪の無い畑の側でじっとしていたが一気に飛び降りた

e0091879_22134638.jpg
縮景園の梅に来たメジロ

e0091879_22142649.jpg
ジョウビタキ

e0091879_22145077.jpg
雪の中でじっとしているアオサギ。

by konno_noboru | 2015-02-18 22:16 | Comments(3)

山に暮らせば

2015/02/18 昨日、久し振りに縮景園へ。雨が降っていたが小降りだったし、すぐに止んで傘は必要なかった。咲いていると思った梅はまだ2~3分咲き。咲きの良い紅梅に新しく始まった講座の人と写真好きの人たちが集中する。メジロが来たとざわつきさらにヒヨドリもジョウビタキもツグミまでやってきた。
 枝先についた雨粒が朝日を浴びて光る。早く撮らなければ雨粒が消える。「逆光で狙って!」「雨粒を意識して撮ってください」「白梅と紅梅を絡めたのも狙ってください」と小声で伝える。新人さんたちがどんなの撮ったか次回が楽しみ。
 夜の部もある。19:00からだ。身体が持つかな。芸北に戻るのは明日の朝。芸北は雪が降っていると連絡が入った。

e0091879_21474865.jpg
縮景園。3分咲きといったところか。

e0091879_2150562.jpg
白梅に宿る雨露。

e0091879_2254754.jpg
紅梅。

e0091879_2213725.jpg
小さな小さな蕾の下で輝くしずく。

by konno_noboru | 2015-02-18 22:06 | Comments(1)

山に暮らせば

2015/02/11 雪や氷を溶かすのは風。9日月曜日、気温は朝-6℃で午後になっても気温は上がらず真冬日だった。きょうは気温+6℃の風が吹く。芸北では冬には温度差が20℃近くになることさえある。
 滝山川の支流で木の枝から下がるシャンデリアのような氷柱を見たのは1月14日。気温が上がれば氷柱は細くなり、冷え込めば成長していく。1か月近く枝先で成長した氷柱は大きく、重くなり枝を折ってしまった。それでも揚水ポンプのホースから飛び散る水の勢いは止まらず、冷気と風が周囲を氷の世界に変えていく。次第に日は西に傾いていく。静かな冬の一日だ。

e0091879_1623578.jpg
小雨のように降りかかる水しぶきを集めて氷柱は形を変え大きくなっていく。

e0091879_166310.jpg
見ようによれば鍾乳洞。透明感がないのは雪が降り、一緒に凍ったためらしい。

e0091879_1684673.jpg
下は川。氷柱はこれ以上伸びない。

e0091879_1693855.jpg
大きくなりすぎて形が不明瞭になっていく。

e0091879_16102381.jpg
手前の丸い穴から水しぶきが吹き出す。飛沫は霧のようになって周辺の木々に凍り付いていく。

by konno_noboru | 2015-02-11 16:12 | Comments(1)

山に暮らせば

2015/02/09 きょうは講座の日でしたが、雪が降りしきるので仲間と一緒に部屋で過ごしました。このところ気合いの入った写真撮影が出来ずもやもやしている。思うような冬景色にならないのでしかたないところ。
 八幡は140㌢の積雪だから何とかなりそうな気がするが心揺るがせる景観ではない。こんな冬もある。

3日前に三隅の梅林に行った。例年早く咲く紅梅がすでに咲いていたがほかは三分咲きと言ったところ。今週末当たりから見頃になりそうだ。

e0091879_1703499.jpg
除雪しても一気に降るので油断は禁物。特に下りのカーブは要注意。

e0091879_1722138.jpg
地元の人は慣れたものだ。狭い道もきれいに走り抜ける。

e0091879_1745425.jpg
歩経路の確保も大変な除雪作業。雪国の暮らしの厳しいところだ。これくらい降ると土の感触が懐かしくなる。

e0091879_1782544.jpg
三隅町の梅林。ぼつぼつ咲き始めた。

e0091879_179294.jpg
白梅も紅梅に遅れて咲き始めている。根元にはフキノトウも顔を出していた。芸北で梅が咲くのはもっと先。雪国の春は遅い。

by konno_noboru | 2015-02-09 17:13 | Comments(1)

山に暮らせば

2015/02/05  午後1時45分ごろストロボ光を放ったように稲光が窓ガラスに反射した。そして霰のような粒雪が音を立てて窓を叩く。暗くなり前が見えないほど雪が降り始めた。この冬初めて見る大雪の前兆だった。20分ほど激しく降り続き、次第に明るくなった。夜まで断続的に降り続いた。
 八幡では120㌢。と言っても残雪があったので新たに積もったのは60㌢超か。我が家近辺は30~40㌢。除雪車が家の前を走っていないし、外出の用件もないし、新雪の道で車を暴走させる不安もないのでパソコンのしがみついていた。
 窓を開け、小降りになった外を眺めていると突然、鷹が飛んできて枝に止まる。着雪した枝に止まり頭部が見えない。しかも後ろ向きだ。しばらくして飛んでいった。撮れたのは後ろ姿だ。パソコンにしがみついていたので良い休憩になった。
 車のライトが明るく見え始めたころ、除雪車が走ってきた。とにかく凄く嬉しくなるのだ。あの力強さはたまらない。西回りで国道に出るか、東回りにするかを心配しなくて良いほど道路はきれいになった。まだ雪は降り続いているのだが…。

e0091879_2315273.jpg
とにかくパワフル。凄いとしか言いようがない。

e0091879_22565615.jpg
すべての道路の除雪するのは大変な作業量。除雪してもまた降る。

e0091879_22592320.jpg
午後2時なのに暗くなった。芸北の雪の降り方だと感じた。

e0091879_2311457.jpg
雪が止んだ少しの間に鷹が飛んだ。

by konno_noboru | 2015-02-05 23:03 | Comments(2)

山に暮らせば

2015/02/01 いつの間にか2月だ。プロ野球はキャンプインだがこちらは自主トレもないオフだった。撮影記録は18日分の記録があるのだが、良い写真も頑張ったなというものもなかった。とてもブログ更新の気力が沸いてこなかった。
 きょうも天狗石山に登ろうと誘いを受けていたが、今冬は身体を鍛えていないので雪山を登るには体力的に自信がなくお断り。朝から除雪作業で過ごした。午前10時、「これから天狗石山に登ります」と電話あり。「絶好のコンディション」らしい。
 昼前に気温が上がらず-1℃。登らないがトレッキング気分で麓を歩いてみることにした。まず掛頭山。芸北国際スキー場がある山。山頂北側には霧氷がある。掛頭山の裏側八幡に回る。良い光線を待つ。尾根続きの苅尾(臥龍山)にも霧氷があるが、臥龍山にはなかなか陽が射さない。のんびり歩く。一昨日歩いた時は田圃の畦が見えるほど雪が溶けていたのだがいつもの八幡の世界になった。大佐山、中野冠山(芸北才乙)、高杉山界隈へ。午後4時撮影終了。
※yamaguchiさん 2月ですね。きょう、霧氷を見に歩きました。更新も出来なかったので2月は頑張ります。

e0091879_0444959.jpg
掛頭山。雄鹿原から見る。

e0091879_0453910.jpg
掛頭山。八幡から眺める。

e0091879_0513397.jpg
一番好きな苅尾(臥龍山)。霧氷が付いていたら一日中見ていても飽きない。

e0091879_052229.jpg
大佐山。ここもスキー場がある。

e0091879_053548.jpg
高杉山。ここはサイオトスキー場で左の陽が指した山の尾根続きにきょう登れなかった天狗石山が見える。

e0091879_0542235.jpg
高杉山。スキーリフトの側に霧氷。天狗石山もこんな風景だったのかとちょっと恨めしかった。

e0091879_0585970.jpg
中野冠山。冠山という呼び名の山はたくさんあるが昔、中野村にあったので芸北の山は「中野冠山」。サイオトスキー場の向かいの山だ。

by konno_noboru | 2015-02-02 01:03 | Comments(2)