<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2015/05/25 日曜日は安芸太田の「醍醐」で昼食をとることにしている。土曜日は講座があって行けない日もあるので、日曜日のお昼が楽しみなのだ。源爺さん夫婦も頑張っている。昨日はブログ「半農半×-へそまがり残日録」のshimazukuさんと一緒で楽しい昼食だった。
 
 25、26日も講座。菜園の作業も中途半端な状態のままだ。27日~30日の4日間が完全フリー。野菜を植えられそうだ。

e0091879_2237746.jpg
タンポポ。休耕田にたくさん咲いた。きょうは雷が鳴り、雨も降った。乾燥して風があれば種が飛んでいくはずだったのだが…。

e0091879_22441177.jpg
八幡・大歳神社。田植えが終わり苗も活着して大きくなっている。

e0091879_22455056.jpg
田圃の複雑なライン。どうしたらこんなラインに植えられるのだろうか?

e0091879_2251554.jpg
カキツバタの季節になった。一面に咲くのは好みではない。蓮の赤い葉の中で島のようになって咲くのは良いなあと思う。

e0091879_22594484.jpg
睡蓮も咲き始めている。咲き急いだのか花はまだ水の中。

e0091879_2334927.jpg
久しぶりに会ったヒメザゼンソウ。

by konno_noboru | 2015-05-25 23:05 | Comments(5)

山に暮らせば

2015/05/22  芸北に住んでいるとジェット機の低空飛行は珍しいことではない。大歳神社付近で撮影中のことだ。ジェット機の爆音が近づいてくる。撮影中の人たちが一斉に爆音の方向を見た。すぐ近くを飛ぶ。カメラを構える間もなく飛び去った。
 きょうは北広島観光協会主催の宝探し講座。朝から八幡を歩く。大歳神社付近で撮影中のことだった。銀色の機体が山際を飛ぶ。爆音が聞こえない。正面を右から左に飛び去ったのと同時に空気が震えるほどの轟音がした。ジェット機は低空から一気に上空に上がる。目で追い続けると苅尾(臥龍山)から掛頭山上空へ行き、左に回り機首を下に向けてこちらに飛んでくる。「来るぞ、来るぞ」。カメラを構えるだけの時間はあった。講座に参加している人たちも撮った。「空気が震えてガラス割れるぞ」と誰かが言った。
 その後同じような形でわれわれの前を二度超低空で飛んだ。機首に400と402と記された2機だった。
 
 低空飛行で意識が空に向いていたので、苅尾(臥龍山)上空に横に広がる虹があることに気づいた。NHKニュースで「環水平アーク」と言うことを知った。
 「カメラで探す宝探し講座」で2つのハプニングに出会った。湿原や苅尾、聖湖を回って撮った写真は次回にアップ予定。

e0091879_23115082.jpg
木の上を飛ぶジェット機。翼が見えないのは低空を飛んでいる証。

e0091879_23134796.jpg
轟音を二度三度と聞けばやはり沖縄の基地周辺の人たちのことを思う。決して慣れる音ではない。

e0091879_23153048.jpg
横に伸びた虹。環水平アークというそうだ。正面の山が苅尾(臥龍山)。

by konno_noboru | 2015-05-22 23:16 | Comments(4)

山に暮らせば

2015・05・21 まあ、いろいろあった2週間といったところ。眼科も内科も異状なし。自覚症状としては気力欠乏症。
 パソコンの外付けハードディスク2台が作動しない。1つは2013年の全撮影分と今年の1月から3月までの撮影分。バックアップは支障のない数だけはしていた。ところが写真塾の中から救世主が現れ直ったという。壊れたときに「2年前のものだ。不要だ!」と見得を切った手前、どの程度喜んだら良いのか…。
 菜園の作業もストップしたまま。だれかさんのブログを見て「かなわんなあ」と感嘆して意気消沈。
忙しいだけの2週間だったが、きのう新聞社の後輩2人が遊びに来てくれて昔話。テンションアップ。「やるしかない」とちょっとだけ気合いが入る。
 ブログの更新をしなければ-。きょう朝食を済ませて4時まで昼食抜きでお散歩。

e0091879_012256.jpg
大歳神社一帯の田植えも終わった。

e0091879_0123344.jpg
海老根。株数が増えていた。ほかに小さな株が2つあった・

e0091879_0125426.jpg
キンラン。これから咲くのだ。

e0091879_0134361.jpg
サラサドウダン。撮影中に気づかなかったが蜂が写ってた。

e0091879_0184688.jpg
ハルリンドウ。ちゃんと守ってくれる人がいるので今年もたくさん咲いた。

e0091879_0203672.jpg
ギンリョウソウ。

e0091879_0365825.jpg
5月3日撮影のものに比べると若葉が色濃くなってきた

by konno_noboru | 2015-05-22 00:21 | Comments(2)

山に暮らせば

2015/05/06  連休総決算してみれば
 1日、大山元谷でサンカヨウが開花したとの情報で広島・島根県境の大万木山へサンカヨウの開花状況偵察。山頂一帯は蕾。
 2日、写真塾の仲間と大万木山。八合目当たりで開花が見られる。
 3日、雨の苅尾(臥龍山)
 4日、雨の大万木山へ。雨に濡れたサンカヨウはガラス細工の花に変わる。水飲み場当たりで濡れた花探し。
 5日、写真塾 大万木山。山頂のブナを撮る。サンカヨウは山頂一帯で少し開花。
 6日、午前中苅尾(臥龍山)、午後菜園の手入れ
 
 現役のころからF・F(フラワーフェスティバル)が終われば大万木山に行くことにしていた。例年、山頂一帯のサンカヨウの見頃は10日前後。今年も例年通りか。

バタバタした連休。明日からのんびりするぞ。

e0091879_2354370.jpg
半透明になったサンカヨウ。

e0091879_2372670.jpg
雨に濡れた花も乾けば純白の花に戻る。塾の仲間には花びらにシベの影が入るのは良くないと言っているが、夢中になって忘れることもある。

e0091879_239048.jpg
山頂の大ブナ。姿からタコブナと言う人もいる。

e0091879_23101515.jpg
枝分かれした上は1本1本は真っ直ぐに伸びる

e0091879_23121937.jpg
人が入ると山毛欅の大きさが解る。

by konno_noboru | 2015-05-06 23:13 | Comments(10)

山に暮らせば

2015/05/03   雨。我が家の前の田圃で田植えが始まった。少しだけ見せてもらって「醍醐」に昼食を食べに行く。源爺さんはすでに「マスター」。楽しそうにやっているのが嬉しかった。
 食後にすぐ近くにある写真家(本職は別にあり)の飯田恒弘さんの山荘に写真展を見に行く。「西中国山地のブナ林 森の詩」春/夏編。優しい写真が多い。私と撮影地が重なっているので刺激になる。気に入った写真は見覚えのある木。
 帰りに臥龍山に行く。同じ木の下に行くが雨が激しく、カメラを上に向けるとレンズがすぐ濡れる。林の中は傘も役立たない。撮影の準備はしていなかったのでズボンはずぶ濡れ。少し寒くなったので撤退した。苅尾(臥龍山)は芽吹きの良い時期を迎えている。

e0091879_22515555.jpg
田植えが始まった。これから水の管理が続く。大変な作業だ。

e0091879_2253488.jpg
オオカメノキ。今年はウワミズザクラとともに当たり年だ。

e0091879_22542622.jpg
林の中に入ったが、雨が激しくレンズが濡れる。撮らずに立ち去るには耐えがたいとても瑞々しい花だった。

e0091879_22562881.jpg
飯田さんが撮影していたブナ。良い写真は行ってすぐに撮れるものではないことは解っている。99㌫の頑張りと1㌫の幸運が必要。

by konno_noboru | 2015-05-03 23:03 | Comments(1)