<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2016/05/29  昨日、道後山クロカンパークに行った。中国新聞文化センターの講座だ。クロカンパークといえばスズラン。いま3分咲きから5分咲きといったところか。他にエビネ、キンラン、ギンランがあった。白いイカリソウがあったがヒメイカリソウなのかなと思った。帰って調べたが花の名前に自信は持てなかった。
 子供時代、ずぼらをして書かなかった日々を思い出しながら描いた絵日記のようにここ1週間を遡ってみる。
 23日も24日 写真塾の講座で龍頭山。駒が滝の水量が減って流れ落ちる姿が次第に細身になる。熊の目撃情報もあったが、遭遇することはなかった。
 25日 芸北写真くらぶの仲間と呉市が撮影範囲になる中国新聞写真クラブの撮影会。どちらかといえば遠足気分。音戸大橋から倉橋島、鹿島へ行く。昼食は2時前。ラストオーダーは2時までという店に入る。生ジャコを食べたかったが6月まではないというのでほとんどの仲間が海鮮丼。土産も買った。
 呉に来たのだ。呉海自カレーを食べて帰ろう! クレイトン・ベイ・ホテルで「補給艦とわだ」カレーを食べる。甘みとコクがあり美味。
 何を撮ったかと聞かれれば ?? だ。
 26日 近くをウオーキング。ヤマボウシ、エゴノキ、サワフタギなど撮る。午後4時ころから猛烈な雨。田圃に叩きつける雨を撮る。
 27日 観光協会会長から白トウモロコシの苗30本をもらった。植え方が判らない。近くの農家のトウモロコシ畑で植えてある苗の間隔などを観察して同じように植えた。サツマイモも植えた。今年、我が菜園は品目豊富。「蝶も飼っとるんか」と言われたキャベツなどの葉菜類は防虫ネットも掛けた。今日は雨。天気になればトマトとナスの雨対策をする。
 これまでキャベツは蝶、サツマイモはイノシシ、キュウリ、トマトは信じられまいが亀とタヌキに食べられ痛めつけられた。初めて植えたトウモロコシを狙ってくるのは熊。さてどうする。

e0091879_2138263.jpg
スズラン。


e0091879_21421918.jpg
キンラン。多く見られたがまだ完全に開ききっていないので今週中は楽しめそう。

e0091879_21393222.jpg
ギンランの数は少ない。

e0091879_21431121.jpg
エビネはほぼ終了。

e0091879_2143451.jpg
白いイカリソウ。

e0091879_21451895.jpg
水量が少し減った駒が滝。

e0091879_21462557.jpg
駒が滝の裏にある洞窟にある仏像を撮りに行くがどうしても濡れる。滝の裏に行くのに「悪い子は滝の水をかぶり濡れる。良い子は濡れない」と小学校の時の遠足で先生に聞いたと千代田に住む塾の仲間が皆を笑わせた。

e0091879_22232686.jpg
エゴノキの花も咲き始めた。

e0091879_22245757.jpg
田圃に激しい雨が降った。2階の窓からコンパクトカメラで撮った。

by konno_noboru | 2016-05-29 22:25 | Comments(1)

山に暮らせば

2016/05/21  今週は旧豊平町の龍頭山にある駒が滝が撮影ポイント。駒が滝は江戸後期、広島藩お抱え絵師・岡岷山が「都志見往来日記」の中に描いている名瀑。
 11日に下見をすませて16日、17日。21日と龍頭山へ。11日は龍頭山に登る道の途中から駒が滝に下りて
遊歩道を下り、車を停めた場所まで2時間半ほど歩く。下見なので撮影ポイントや花を探す。駒が滝がメーンなのだが滝だけでは1日持たない。最初にギンラン、キンラン、コケイランの蕾を見つけたので中国新聞文化センターの講座、北広島観光協会の宝探し講座、土曜会と続く撮影実習にアクセントはつけられる。
 宝探し講座は強風に雨で天候に恵まれなかった。

 龍頭山は928m。車で山頂近くまで上がれるが、どんぐり村近くから歩いて上がる登山者も多い。山頂からは瀬戸内海も見える。

e0091879_045048.jpg
龍頭山

e0091879_053245.jpg
駒が滝

e0091879_064100.jpg
キンラン。

e0091879_10522829.jpg
キンラン。

e0091879_062620.jpg
ギンラン


e0091879_073659.jpg
コケイラン。間もなく花期は終了。

by konno_noboru | 2016-05-22 00:08 | Comments(2)

山に暮らせば

2016/05/15  午前中は天気も良いので洗濯。昼食は安芸太田の「醍醐」。きょうのメニューはメバルの煮付け。珍しいメニューだったので源爺さんに聞いた。「メバルは私が釣ってきました」と。何と60匹も釣り、処理もした。ひとみさんの味付けも抜群だった。
 煮魚の中では一番メバルが好み。20歳代から魚釣りが趣味だったので、メバルの夜釣りによく出かけたものだ。2人の娘も好んで食べたし、親父はいかにも魚好きといったきれいな食べ方をした。
 今夜もメバルの煮付け。晩ご飯用に源爺さんからもらった。親父ほどきれいに食べられなかったが、残りは煮こごりにしようと思った。

 昼食をご機嫌よく食べた後、ハルリンドウ、サラサドウダンを撮りに行く。その前に店に入る前に見事に咲いているアケビを撮る。この春、アケビもギンリョウソウもエビネもヤマシャクヤクもたくさん撮ったが出会うたびに前回より良いのが撮れそうと決まって思う。そこで1枚!


e0091879_23122820.jpg
アケビ。今シーズンはもうアケビは撮らないかも。

e0091879_23125048.jpg
ハルリンドウ。右目で見るとどの花も鉛色に見えるのは黄斑変性の影響。深刻には考えないようにする。

e0091879_231391.jpg
サラサドウダン。この花を身近なところで見ると恐羅漢山に行こうか冠山にしようかと思う。

e0091879_23132668.jpg
シャが。近くのお寺の裏にあるので毎年見に行く。

by konno_noboru | 2016-05-15 23:32 | Comments(1)

山に暮らせば

2016/05/14   きょうは中国新聞文化センターメルパルク教室の講座日。撮影実習は芸北・阿佐山。狙いは紅いギンリョウソウ。なかなか見つからなかったが、帰りに仲間が見つけた。
 午後4時、講座終了後、家の前の滝山川で釣り。庭に繋がっているのでプライベート釣り場のようなもの。市内に出たとき欲しかったルアーを買ったので試し釣り。もちろん入漁証をつけた帽子をかぶる。
4~5回キャスティングしたが当たりなし。水面すれすれに鵜が飛んできて、こちらに気づいて一気に上流に飛んでいった。釣れないはず。いつも鵜が来て魚を捕食しているのだ。今年はまだ1匹も釣っていない。
 魚釣りもダメなので菜園での作業。写真塾に強力な助っ人がいるので大助かり。任せっぱなしというわけにはいかないので昨日買ってきたキュウリ、トマト、ナスの苗を植えた。レタス、チンゲンサイ、ニンジン、ホウレンソウは芽が出てきたので防虫ネットの準備。
 明日も菜園の手入れ。熱中症に注意しながらの作業だ。

e0091879_0111790.jpg
紅いギンリョウソウ。探しても探しても見つからなかったが、帰り際に仲間が見つけてくれた。

e0091879_0131386.jpg
大きくてブルーがきれいなものもあった。

e0091879_0142915.jpg
ウスギヨウラク。だいたい黄色い花だと思うのだが赤の強い花が一枝だけ咲いていた。

e0091879_0174573.jpg
もうアカモノの咲く時期なのかと驚いた。

by konno_noboru | 2016-05-15 00:18 | Comments(1)

山に暮らせば

2016/05/10   写真展が終わって2日、翌日から2日続きの講座だったが両日とも雨。撮影を中止して座学。半分は雑談会。
 きょう、講座が終わった後、写真展に来てくださった方々に送る礼状に添える写真がほしいと雨の中を山に入った。雨続きの撮影。慌てることはないのだが、良い結果には繋がらないので焦りは出た。

e0091879_23524331.jpg
ギンリョウソウ。まだ多くは枯れ草の下だった。

e0091879_23563337.jpg
雪の影響なのか茎が曲がり窮屈そうに咲いていたエビネ。

e0091879_23592970.jpg
きれいに咲いているエビネも何本かあった。

e0091879_0283537.jpg
ユキザサ。稚児ユリが咲いていたのでユキザサもあると思って探した。探さなければ見つからない花ではないのだが、どの花も最初は見つからないものだ。
 

by konno_noboru | 2016-05-11 00:33 | Comments(2)

山に暮らせば

2016/05/06  写真展は残り2日。たくさんの方にご来場いただきとても感謝しています。
 これまでの芸北写真塾としての写真展とは違ったものにしたいと考えました。最初の案は「忘れかけた風景」でした。昔の風景が次第に消えていき、目にしなくなった景観を探して集めたいとの思いでした。仲間の間で話題になる写真が同じようなものになることに気づき、少しだけ方向転換することにしました。
 最終的に「里山=ふるさと→記憶・思い出」と言う線引きで選びました。撮影者のふるさと感が描ければそれで良し。さらに今の子供たちがわれわれと同じ世代になったときどんなふるさとを描くか興味を持ちながら撮ることに専念して欲しいと願いました。忘れかけた風景、消えていく風景、残したい風景へと思いが広がりました。展示した写真がその結果でした。
 
 期間中、撮影は出来ないと思っていましたが、2時間早く起きて3日間ヤマシャクヤクを撮影しながら会場に向かいました。今朝、濡れた花を見ながらこの花も雨の日が良いなと思いました。

e0091879_017238.jpg
ヤマシャクヤク。雨の中の抱え咲き

e0091879_0182770.jpg
開花は明日の朝かも


e0091879_0193828.jpg
1株だけではないkとだけは確か。

by konno_noboru | 2016-05-07 00:20 | Comments(4)