山に暮らせば

2017/08/01 昨夜、市内で夜の講座があり、サギソウの確認に寄り道をした。2カ所見たが1株だけ咲いている場所と3株咲いているのを見た。まだほとんどが蕾で10日ころがピークかも。

 今朝は同じ文化センターの朝の講座。市内に泊まり、午前9時に三段峡入り口に集合。長渕橋から黒渕までの2.7㎞を歩く。4月に同じコースを歩いたとき夏エビネが数株あったので花が咲いているのではないかと期待してきた。残念ながら花はすべて蕾で、これも10日ころになりそう。イワタバコは咲き始めたばかり。長渕橋から1.5㎞付近でウスキキヌガサタケがあった。少し遅かったようでマントの部分が少し傷み、バランスも悪かったが、初めて見たという仲間もいて盛り上がった。
 渓谷なので直射日光もなくとても涼しい。追い越していくのはほとんどアメリカ系の外国人。若い娘は短パンだ。外国人は黒渕からさらに水梨方面に行きたかったらしいが、黒渕~水梨間の一部で遊歩道の崩落があり通り抜けは出来ない。通行止めの標識の前で3組の外国人は「引き返すしかないのか」と言った。残念ながら!

 弁当は黒渕の河原。食後にコーヒー。とてもおいしいコーヒーで2㍑入りのペットボトルに水を入れてきた仲間が入れてくれた。「水はいっぱいあるじゃないですか。重かったのに」と言って皆を笑わせた。




e0091879_00423777.jpg

ウスキキヌガサタケ


e0091879_00433653.jpg

イワタバコ


e0091879_00435460.jpg
黒渕の渡し船。乗客は2組の外国人カップル。遊歩道から声を掛けると笑いながら手を振ってくれた




e0091879_00441578.jpg
サギソウ

e0091879_09380234.jpg

夕立が来たので濡れていた


e0091879_00444268.jpg

菜園の収穫。キュウリが終了。茄子は豊作。キャベツは虫も付かず良好。トマトはこれから。後方はトウモロコシ、枝豆。手入れしなかったので雑草がいっぱい。



# by konno_noboru | 2017-08-02 00:58 | Comments(1)

山に暮らせば



2017/07/29  ヒメボタルの季節も終わった。アイドリング状態でなかなかスタートできなかったが、大雨の被害で通行止めになっている雲月山方面に行ってみた。集落を抜けて2車線から1車線になる場所で通行止めになる。雲月山の駐車場まで1.5㎞くらいあるはず。散歩のつもりで歩く。途中3カ所で崩れていたが、ブルーシートなどで応急措置はしてある。時おりぱらっと雨が降る。風が吹いているので涼しい。汗もかかず下の駐車場着。水分補給後、尾根を目指して右回りで稜線に出る。ここまで来ると汗がたっぷり出る。ベンチのある場所で休み、上の駐車場に向かって下り、舗装路を車まで帰る。
 山はもう秋だった。桔梗、女郎花、萩、撫子など秋の七草が咲き始めていた。ススキの根元にはナンバンギセルも見えたがまだ蕾。
 我が家のそばの田圃の稲も花がついた。アギナシ、ユウスゲ、ノカンゾウが咲く。山菜園はキュウリが終了、ナスが結構実をつけた。トマトが紅くなり収穫間近。ことしはキャベツがとてもよく出来た。暑さにばてて山菜園も放っておいたので雑草がびっしり。サツマイモが見えないほどだ。

 ほぼ1か月休んだが、その間ほとんど座って過ごしたせいか足の筋力がひどく衰えていることに愕然とした。秋の花が楽しませてくれる時期、少し足腰を鍛えて改めてスタート。
 

e0091879_00460939.jpg
キキョウ。次第に咲きそろってきた感じ。小雨がぱらつくくらいが暑くなくて良かった。水分補給が大切。水を忘れないで行くこと。

e0091879_00462141.jpg
カワラナデシコ。いろんな色があったが、優しい色のこの花が気に入った。


e0091879_00463685.jpg
                            ミズチドリ



e0091879_00465314.jpg
                        トンボソウ


e0091879_00470638.jpg
                       アギナシ


e0091879_00472355.jpg
                        稲



# by konno_noboru | 2017-07-30 01:06 | Comments(1)

山に暮らせば

2017/07/23  きのう久しぶりに講座。暑いのでアサギマダラの撮影のみ。花に止まるチョウなら子供でも撮れると冷やかすが、なかなかチョウが飛んでくれない。辛抱! 市内から来ている人たちなので宇品の花火大会に間に合うように終了。
 芸北では神楽共演大会があるので涼しくなってから出かけてみた。神楽の合間に他にイベントが入るので加計高校芸北分校の「大蛇」を見た後、浜田市周布の神楽団による「頼政」を見る。源頼政が鵺(ぬえ)という怪物を退治するお話で、小猿などが客席になだれ込んで走り回るコミカルな動きもあって面白かった。最後まで見たいとも思ったが、7時過ぎ終了。我が家から100mしか離れていない神社のヒメボタルがいる。クマが出るところなのでスマホでカープの試合を大音量で聞きながら午後8時にカメラをセットした。現場にいる必要もないので自宅に戻る。9時にカメラを撤収に行く。



e0091879_21150297.jpg
アサギマダラⅠ

e0091879_21151699.jpg
 アサギマダラⅡ

e0091879_21154748.jpg
  神楽「頼政」(横位置の写真は左右が切れるのでちょっと残念。


e0091879_22134593.jpg
ヒメボタルⅠ


e0091879_22132491.jpg
ヒメボタルⅡ





# by konno_noboru | 2017-07-23 21:22 | Comments(3)

山に暮らせば

2017/07/19  カメラを持たずに10日以上過ごしたことはカメラマンになってから初めて。きょう、シャッター音は良いなあと思った。
 体調不良が意外に長引いた。歩けばふわふわとスポンジの上を歩くような不安定な足取り、ものが二重に見える不愉快さ、決定的な病名が浮かび上がってこないもどかしさ。今月に入ってすべての講座を休講にさせてもらった。のんびりしてくださいという言葉に甘えさせてもらっていたが、一昨日から体幹に力が入ったような気がした。
 きょうは気分転換も兼ねて散髪。塾の生徒さんの理髪店。気持ちよくてほとんど寝ていたがホタルの話が出た。現状では暑い中を出歩くのは不安もあった。夜なら気分が悪くなることもなかろうと行ってみた。

 真っ暗な山道でカープvsタイガース戦の放送を聞きながらヒメボタルの撮影。8回カープの猛攻を聞いて勝利を確信して帰る。

 情報はたくさんもらったが、今夏は無理をせずにおこう。もう少しの間ぼちぼちだな。


e0091879_23171932.jpg
夜の撮影は効き目である右目が黄斑変性で色の濃いサングラスをかけて見るような感じでなかなか苦しい。ピントがよくわからないのでやはり夜の撮影は左目が中心。動きの速いものを撮るのではないので心配はない。




# by konno_noboru | 2017-07-19 23:22 | Comments(3)

山に暮らせば


2017/07/05  大雨のニュースがテレビで流れ、沢山の人からお見舞いをもらいました。ありがとうございました。取材などで水害の経験はありますが、目の前で押し寄せてくる水の恐怖を改めて感じました。

 何となく川の瀬音がいつもと違う。耳障りになる。雨で少し増水したせいだろうと気に止めなかった。早めの起床だったが窓を開けて川を見てドキッとした。滝山川の水が堤防を越えそう。よく見ると、菜園も冠水した。下の田圃には既に川の水が流れ込んでいる。このまま増水したら上の田圃も危ない。雨は止んでいる。川岸に行くとゴトゴトと異様な音がする。激流に流される大きな石がぶつかり合う音が足下からする。水が濁っているので火花が散る光景は確認できなかった。
 市内にいる娘から「何処かに避難したら」と電話。八幡からも道路も田圃も冠水し雲耕(うずのう)では通行止めで八幡方面には入られないと連絡があった。

 午後から長靴を履いて近くを歩いた。滝山川がカーブしながら流れ下るところの畑が冠水していると言うことだけ解った。細見で崖が崩れたとか情報はもらったが、窓際に座って滝山川の水位が下がっていくのをずーっと見続けた。

e0091879_19475041.jpg


滝山川は増水していた。役場の人も川岸の確認に訪れた。菜園は水をかぶった。


e0091879_19481457.jpg


どこまでが堤防でどこからが川か解らない。濁流の音が恐怖を呼ぶ。



e0091879_19562929.jpg


ネムノキは川の法面にあった。ここまで水が上がって来て根こそぎ流されるとは思わなかった。



e0091879_19482701.jpg


人呼んで「川小田の別天地」。きれいな滝山川と桜、カジカの声。恵まれ過ぎた場所が危機を迎えた。


e0091879_19503072.jpg


我が家から100m、川向かいの畑のトウモロコシが倒れた。濁流は右側上部から流れてきたのにトウモロコシは
すべて上流を向いて倒れている。濁流はここで大きな渦を巻いたのだろうか。

e0091879_19504583.jpg


友達の菜園。手入れが行き届いたきれいな菜園だったが壊滅状態。


e0091879_20344256.jpg
水が少しずつ引いた。幹に流れてきたものが巻き付いている。
クマが上がった木は根元を洗われむき出しになった部分があった。







# by konno_noboru | 2017-07-05 20:14 | Comments(5)

山に暮らせば

2017/07/04 午後から雨も上がった。きょうは中国新聞情報文化センターの講座。午前中は写真を見ながら楽しく我が家で雑談。昼食を取り、雲月山へ。ガスが流れて来たり、いつもより少し風が強いが台風の風と思えるほど強くはなかった。
 今年、雲月山のササユリは目立ちにくい。雑草に覆われ隠れて見えない。今年は春の山焼き予定の時期に天候が悪く山焼きが出来なかった。そのためと思うが、例年より雑草が大きく育っていた。
 当然、スズサイコもほとんど目につかなかった。秋に向かって咲く花がちょっと心配。


e0091879_23233834.jpg


雲月山は時折霧が流れてきた。半袖の人は寒いと感じたかも。


e0091879_23234853.jpg
何とか雲月山山頂方面が見える場所できれいなユリを見つけた。雨で花粉が花びらついたものが多かった。


e0091879_23240022.jpg
やっと見つけたスズサイコ。花の開いたのがあって良かった。


e0091879_23243101.jpg
数本のカキランを見つけたがまだ旬の状態ではない。


# by konno_noboru | 2017-07-04 23:39 | Comments(2)

山に暮らせば

2017/07/02  昨日は土曜会。芸北で写真展を見た後、近くの大仙神社でユリの撮影中に体調を崩し、座り込んだ。相当くたびれているように見えたらしく、撮影会を中止。たいしたことはないと言ったが塾のみんなが「無理しちゃダメだ」といって市内の家まで乗せて帰ってくれた。
 自宅でゆっくり休み、午後からカープの試合をTV観戦。誠也の劇的な3ランで逆転勝ちした。気分も良くなったので夕方から芸北へ。

 1日に塾の仲間11人とカープVS.中日戦を観戦。1塁側外野席。ビールを飲みながら賑やかに楽しんだ。終了後、翌日塾があるので芸北に帰る。飲んでいるので車に乗せてもらってご帰館。そして翌日ダウン。少しのんびりしたい。

e0091879_00425687.jpg


ジェット風船飛ばし。結構楽しい。大声出してストレスも発散。これはスマホで撮影。

e0091879_00431695.jpg
ホームランのエルドレッドと鈴木誠也。外野席からコンデジで撮影。粒子が荒れて大きく伸ばしては見られない。次回から本格的に撮る用意をして行くぞ。



e0091879_00432845.jpg
菜園でキュウリ4本収穫後、2階からシジュウカラの巣箱を撮る。わりと大胆に出入りしている。



e0091879_00434096.jpg
今年はたくさんユリの花を撮影したが、この花を撮影後にへなへなと崩れて座り込んだままになった。





# by konno_noboru | 2017-07-03 00:56 | Comments(2)

山に暮らせば

2017/06/27 クマの行動半径は広い。もう我が家周辺には来ないだろう。クマやブッポウソウのことが気になり撮影に出なかったが26日、27日は塾の撮影日。下見をしていなかったので我が家周辺でササユリを撮る。
 雲月山にも行ってみたが、ユリはまだ堅い蕾。カキランももっと先にならないと咲かないだろう。
 菜園ではキュウリが2~3本収穫できそう。他はまだ先。トマトはわき芽をキッチリ取らなかったので野放図に育っていたが、きょう、塾の仲間がきれいな1本立ちに整えてくれた。
芸北写真くらぶと北広島町観光写真コンテストの入選作品との合同展を7月2日(日)まで芸北:川小田の芸北文化ホールで開催中です。ササユリの咲いている大仙神社がすぐ手前にあります。ユリを見て、ちょっと時間を割いて会場に足をお運びください。2日は同ホールで芸北神楽研究発表大会もあります。

 

 ササユリの画像をあれこれ見ていてずーっと昔、もう半世紀以上前のことを鮮烈に思い出した。
 姉が中学3年の時、原爆症で亡くなった。その日、入院していた広島日赤病院の病室に私は入れてもらえなかった。父が私の背中を押して「お前は合わなくて良い」と言って廊下に出した。姉は比治山のABCC(放影研→原爆傷害調査委員会)に運ばれた。翌日、当時住んでいた安芸郡府中町の家に車で戻った。車はグリーンと木目仕様のシボレーのワゴン車だった。
 クリスチャンの姉の葬儀は府中教会。雨の日だった。礼拝堂の両サイドにはユリの花が飾られていた。ユリの香りでいっぱいだった礼拝堂で初めて父の涙を見た。
 ササユリの花は父の涙であり、姉の笑顔である。最期に合わせてもらえなかったのは可愛いと言われていた姉の苦しんだ顔を私の記憶の中に留めることを避けた父の配慮だったと後に気づく。
 今、午前2時半。ユリの花を見ながら思い出に彷徨うということは私も歳を取ったということだ。ビールでは酔えない。

 

e0091879_01020539.jpg


今年はたくさん咲きました。



e0091879_03030357.jpg




e0091879_01024392.jpg
大仙神社。小さな芽もありますので撮影はなるべく望遠系のレンズで。



e0091879_01030239.jpg
これから咲く花もあります。


写真展の開催中です。
e0091879_01035916.jpg



# by konno_noboru | 2017-06-28 01:20 | Comments(7)

山に暮らせば

2017/06/22  昨日、またクマが現れた。家の南側の桜の木に登って実を食べていたのが17日、そして昨日は家の北側、玄関から10mほどのところにあるグミの木の実を食べていた。2階から階下に下りる時、グミを食べているのを見つけ、桜の方にセットしていた機材を階段に置き、ゆっくり窓を開けたが、あまりにも距離が近すぎてクマに気づかれ、逃げられた。しばらくすると今度は東側の窓から見える位置を歩いている。見守っていると方向転換、17日に上った桜の木の方角に向かっていたが、笹の中に入り見えなくなった。
 600mm(300mm×2)レンズをセットして待つ。17時19分、笹の中から出てきた。小さい! 17日に出てきたクマとは違う。親離れした子グマだろうか? 2頭いると言うことだろうか。

 桜の木に登った。桜の枝が大きく揺れるのだが、クマは見えない。枝が折れる音がする。前回より高い場所にいる。黒いものが動くのは確認できるがスチールカメラでは撮れない。もう1台カメラを用意して動画を撮ることにした。
 18時04分、クマは木の上にいたが撮影終了。クマの行動域と私の撮影域が重なっている。近所にクマ捕獲用の檻が設置された。

 
 気になるブッポウソウはカラス数羽とのバトルの後、巣に戻ってこない。その間に菜園手入れ。キュウリ、ナスは順調、トマトはちょっと茂りすぎた。枝豆、トウモロコシも大きくなっている。キャベツは間隔が狭すぎて、ちょっと窮屈そうだ。

e0091879_00093812.jpg


17日に現れたクマより小さい。親離れした子グマだろうか? と言うことは近くに2頭いるのか。

e0091879_00095539.jpg


木の上り実を食べる。枝葉に隠れて見えないが、立ち上がり食べている。こちらを向いて口を開けているのだが…。


e0091879_00104948.jpg


枝を折る音は聞こえるのだがクマ棚が出来ない。パワー不足か。


e0091879_00105937.jpg


枝の間から瞬間顔が見えた。いい顔している。♀だろうか。



# by konno_noboru | 2017-06-23 00:17 | Comments(4)

山に暮らせば

2017/06/20  クマが現れたのは17日。クマは危険な隣人なのだ。積極的に人に襲いかかるとは思ってはいないが、気を許すことは出来ない。芸北はクマの生息域。出会う確率は高い。
 
 危険な隣人は無警戒で桜の実を食べていた。幸運にも撮影できたので仲間にラインで写真を送った。たまたまその日が中国新聞写真クラブの世話人会総会。世話人の中に塾の仲間がいて「KONさんがクマ写真を撮った」と新聞社の人に伝わり、写真提供を、と言うことになった。
 当方としては17日にブログにアップする予定だったが、提供したので新聞より早く公開するのは出来ないと思い、紙面掲載されるまで待った。

 話の筋は新聞の通りだが、新聞を見て「田圃も見るの?」と数人から聞かれた。17日はたまたまだ。午前5時に起きることはまずない。前夜、田圃の水は見ておきますと約束したのに忘れて寝てしまったのだ。そして気づいたのが午前5時。
 田圃の水は川からのポンプアップなので適当な時間に電源を落とさなければならない。電源を切らずに寝たから水がオーバーフローしているのではないかと思い、2枚の田圃を見て歩いた。結果的にはちょうど良い水量だった。
 安堵して畦を歩く。川岸にある桜の枝が風もないのに大きく揺れていた。木の下へ行ってみるとクマが登っている。
 急いで2階に駆け上がり、ブッポウソウを撮るためにセットしている機材を組み直して桜の木に照準を合わせる。残念ながら枝は揺れるが姿がはっきり見えない。
 手前の枝が奥に引っ張られるような形で曲がると葉が裏返り枝の上に乗ってクマが現れた。引き寄せた枝の紅い実を食べている。子グマではない。クマ棚が出来、ゆっくり食べていた。午前6時過ぎ、木から下り、川下へ去った。
 クマの去った後、桜の実を摘んで食べてみた。渋い、酸っぱい。サクランボとは違う。まだ実は残っている。また現れるかもしれない。

 昨日、芸北写真くらぶの今村守君から「旧雲月小学校近くの桜の木にクマ2匹が上り、実を食べている」と連絡があった。危険な隣人は人の生活圏で生きている。


e0091879_20055558.jpg


奥の方から枝の上に乗って出てきた

e0091879_20062015.jpg


起用に枝を引き寄せ小さな実を食べる


e0091879_20070400.jpg


顔を上げるととても可愛い。どこに野生が潜んでいるのかと思わせる優しい顔だ


e0091879_20072464.jpg

桜の木から下りて悠然と去って行った
 


# by konno_noboru | 2017-06-20 20:15 | Comments(15)