山に暮らせば

2024/02/12 3連休が終わった。芸北は厳しい冬ほど美しいと仲間に言い続けてきたが、八幡界隈での撮影回数が極端に減ったのは新型コロナウイルス感染症から。東京で2020年1月15日に最初の感染者が確認されてから緊急事態宣言、まん延防止措置がとられて身動きできなくなったことが最大の理由だ。雪が少ないからではないと思いながら10年前の撮影記録と摺り合わせてみるとやはり雪の日が少ない。写真塾も20年を過ぎれば高齢化が進んだ。雪の苅尾(臥龍山)をカメラ担いで登った仲間も「山に降って里に降らんことが一番良い」と言いはじめた。
 スキー場で行われると聞いていたキャンドルナイトも雪が少ないからか、連休初日にオークガーデンで行われた。灯りで描かれたのは雪だるま。地元の子供たちが描いた絵がキャンドルに巻かれている。気温は1℃。寒い。やはり芸北の夜だ。
 2日目の朝は積雪が2㎝。少し汚れていた田んぼの雪は真っ白に塗り替えられた。滝山川沿いの木々は霧氷とは違い白さが少し鈍い色で朝の光りを受けあっという間に溶けた。
 そしてきょう。写真塾の仲間は今の八幡で撮るものはないという。10年以上も冬の芸北を撮ってきた人には刺激的な風景ではないのだ。
 仲間と益田市遠田町の鵜の鼻古墳群のすぐ下にある遠田漁港へ。残念ながら波があまりなく海は少し静か。昼食後、浜田市の三隅梅林公園へ。午後3時半、山頂付近に樹氷が見える苅尾(臥龍山)を横目に納会。



山に暮らせば_e0091879_00533304.jpg

霧氷とは違った感じに見える着雪。あっという間に溶けた。


山に暮らせば_e0091879_00540630.jpg

芸北の夜を彩ったキャンドルの灯り。冬には珍しい暖色系の写真になる。


山に暮らせば_e0091879_00542515.jpg

遠田漁港。中央の山と海の間、海岸線をJR山陰線が走る。


山に暮らせば_e0091879_00543668.jpg

びっくり! 撮影しているとテトラポットの間から釣り人が立ち上がった。中央の小島が高島。


〔三隅梅林公園 三景〕
山に暮らせば_e0091879_00562460.jpg

山に暮らせば_e0091879_00561281.jpg

山に暮らせば_e0091879_00554551.jpg




# by konno_noboru | 2024-02-13 01:09 | Comments(1)

山に暮らせば

2024/02/04  積もるかなと思っていた雪は夜半から雨に変わり5㎝ほど積もった屋根の雪を洗い流した。
 朝方少し冷え込んだが、滝山川の流れの緩やかな増田屋渕沿いの木々だけ薄く霧氷が着いた。メリハリのきいた冬の景観にならない日が多く撮影数の最も少ない冬になる。
 セリバオウレンの花が太田川沿いの神社で開いたとメールが入った。菜の花も目にとまる。駆け足で春がやって来る。今日は立春。


山に暮らせば_e0091879_21534242.jpg
冷え込みが足らないので水道凍結の不安が希薄。生活するには楽だが、カメラを手にしたとき気合いが入らない。



山に暮らせば_e0091879_21535752.jpg

屋根からの落雪。車は通れなかったのでUターン。車にスコップは積んでいるが、人力ではちょっと無理な量だった。



山に暮らせば_e0091879_21532853.jpg

除雪をしない農道も雪がなくすっきり。2月にはあまり見ない景観。本当に暖冬なのだろう。


山に暮らせば_e0091879_21542691.jpg

土曜日、塾の仲間との撮影会は水仙公園。海穏やか、花満開。みんな芳香だというスイセン花の香りだが、ちょっと苦手な匂いだ。


山に暮らせば_e0091879_21550313.jpg


雑木が防風林になっているのか、海に最も近いのだが花は痛まず咲きそろっている。





山に暮らせば_e0091879_21541632.jpg

三隅梅林公園。三分咲きくらいか。




山に暮らせば_e0091879_21544184.jpg

現在は紅梅が主に咲いている。これから白梅が後を追って咲く。





# by konno_noboru | 2024-02-04 22:23 | Comments(1)

山に暮らせば

2024/01/24 今朝、除雪車が走った。雪は昨日から断続的に降り続き車の屋根の積雪は50㎝。昨年12月に故障した除雪機は修理が終わり待機していた。
 しかし、西風、北風が吹きまくり前が見えないホワイトアウト状態になるうえ-5度℃の冷気に打ち負かされ除雪機を出したが引き下がった。
 いつも外の景色を見るのは西側の窓。雷は鳴らないが、2度3度屋根の雪がずり落ちる音が部屋に響いた。窓ガラスには叩きつけられたように1円玉から500円玉ほどの大きさで雪が固まり張り付いている。ガラス窓はレールの部分が凍り付き開かない。北向きの玄関も凍り付いて開かなかった。
 音もなく静かに降ったり、屋根の雪を引き飛ばす強い風を伴って降る。敵意を持って降るような雪には抗しきれず、昨日、今日はコロナで経験した自宅軟禁の状態と同じだ。
 あすは、今日よりは厳しさはやわらぐはず、週末まで除雪の日になりそう。


山に暮らせば_e0091879_17505853.jpg

除雪車が走った。だが、降り続く雪が埋め戻していくように降り続いた。


山に暮らせば_e0091879_17541857.jpg

いつも開けて外を見る西側の窓。窓の外にある手すりは太く大きくなった。初めての経験だ。


山に暮らせば_e0091879_17542736.jpg

西側の窓。外に温度計を下げて外気温を見ている。
今朝はガラス戸は凍り付いて開かなかったし、雪がガラスに凍り付いていた。


山に暮らせば_e0091879_17544555.jpg

朝、歩経路だけ除雪をして外に出た。午後になって外に出ようと思ったが、
またまた北風で歩経路も埋めてしまった。

山に暮らせば_e0091879_17550504.jpg

外はホワイトアウトになりそうで降参するしかないと引き返す。


山に暮らせば_e0091879_17551464.jpg

音もなく降るときは良いが、北風で雪煙が飛び景色は豹変する。



山に暮らせば_e0091879_18160484.jpg
風で倒れかかる木々。




# by konno_noboru | 2024-01-24 18:18 | Comments(4)

山に暮らせば


2024/01/17  冷え込むと聞いていた日の朝、温度計は-3℃。雪が降ったのか田んぼが少し白く見えた。苅尾(臥龍山)の山頂一帯は靄ってすっきり見えないがブナが樹氷に覆われているのは確認できた。残念ながら苅尾山頂の樹氷は午前中は逆光できれいに撮れない。R191を下って益田市へ行き、午後からの光りを受け美しい山に変身する苅尾を撮ることにした。
 5人の仲間と益田市へ。荒れる日本海を期待したが波は穏やか。水仙公園でスイセンを撮り、樹氷が消えていないことを祈り八幡へ。
 午後3時50分、苅尾は真っ白い姿で青空の中に浮かんでいた。飽きもせず2時間撮り続け20年の間で2回しか見たことのない苅尾が赤く染まる「赤苅尾」を待った。西の空が次第に夕焼け色になる頃柔らかな薄い紅色の光りが山頂に差し込む。午後5時57分恥じらいを残したような薄い紅色の苅尾は薄墨色の世界に沈んだ。


山に暮らせば_e0091879_01573955.jpg
苅尾(臥龍山)が赤く染まるのを待った。日没前、薄紅色の夕日が山頂を照らしたまま、幕引きとなった。


山に暮らせば_e0091879_02094141.jpg

苅尾(臥龍山)は双耳峰の山。山頂は左側。手前の大歳神社付近から見れば左右同じ高さに見える。



山に暮らせば_e0091879_01483125.jpg
苅尾(臥龍山)と尾根続きの掛頭山。なだらかな山頂でブナの木は少ない。



山に暮らせば_e0091879_01495299.jpg

水仙公園のスイセン。海側から見るとなだらかな丘一面に花が咲く。


山に暮らせば_e0091879_01500687.jpg


八重咲きのスイセン。緑色っぽい花もありゆっくり見ると楽しい。花の香りは強い。



山に暮らせば_e0091879_01501519.jpg

風も弱く波も小さかった。大波の時はこの場所は迫力がある。




# by konno_noboru | 2024-01-18 02:31 | Comments(2)

山に暮らせば

2024/01/05  窓から見える景色はいつもの冬とは違う。雨の日が多く80㎝以上積もった雪が瞬く間に消えた。これまでも雪のない1月はあったが田んぼがくっきり見え、滝山川の水量が少なく川が痩せ細ることはなかった。
 間もなく2024年の塾も始まるので下見を兼ねてドライブ。休業中のスキー場がある掛頭山に立ち上る霧の流れが目にとまる。蒸気霧なのか。冷え込めば木々に凍り付いて樹氷になるのだろうが、気温は高めだ。隣の苅尾(臥龍山)は雲の中で全く見えない。撮るものもなくR191号線で益田市の水仙公園へ。
 美都町を過ぎたあたりから道路脇などにスイセンは咲いていたが、水仙公園の駐車場から見たとき花の少ないことはわかった。どれだけ咲いているか、撮影に仲間と一緒に訪れても良いか確認のため海岸へ降りた。3組の家族連れに会った。少し来るのが早かったですね、と笑うのが挨拶。
 風裏になる場所では咲いているが、全体的に見える場所ではほとんど蕾。咲きそろうのは月末頃かも。
 冬こそ芸北は美しいと言い続けているのだが、雪不足、冷え込み不足で期待する風景にはならない。生活するには穏やかな冬と感じれば良いのか。裏と表。これからに期待。


山に暮らせば_e0091879_23560449.jpg
掛頭山に霧が立ち上る。明日の朝冷え込めば樹氷が見られるのだろうが…。



山に暮らせば_e0091879_23561549.jpg
定番のポイント。沖に見えるのが高島。風が左側から吹くが、咲いている場所は風の当たらない場所。


山に暮らせば_e0091879_23563547.jpg
上の写真と同じ花だが、少し左によって下からあおって撮る。



山に暮らせば_e0091879_23564680.jpg
芸北・川小田。圃場整備された田んぼの畦がくっきり。これは冬の景色ではないと思う。
手前が滝山川。春になればこの川でアマゴ釣りを楽しむ。




# by konno_noboru | 2024-01-06 00:11 | Comments(1)