山に暮らせば

2010.12.06   写真展が始まって、なるべくなら会場に詰めていようと八千代通いを続けている。今年は見ておきたいと思ったので11月28日、岡山県奈義町の菩提寺の大銀杏を見てきた。写真展会場を空けることになり、後で見に来てくださった人の芳名録を見て申し訳なかったと思った。来てくださった方に感謝です。
 会場にいるとひっきりなしに来館者があるわけではないので、1人で展示された写真に向き合うことが多い。展示された作品からさまざまなことを思うが、やはり最後に落ち着くのは「写真が撮れるというのは元気な証拠。みんな元気でまた来年も開催しよう!」ということ。
 1カ月間ずーっと写真展会場に詰めるわけにもいかないので土曜、日曜だけは詰めていたいと思っている。
 12月4日4、5日に備北丘陵公園と平和大通りの電飾を見てきた。いずれも塾の人たちと行くための下見だったが、少し疲れた

e0091879_0443475.jpg
菩提寺の大銀杏

e0091879_0331353.jpg
備北丘陵公園電飾

e0091879_0341330.jpg
平和大通り 電飾

by konno_noboru | 2010-12-07 00:35 | Comments(1)

Commented by ocarina21 at 2010-12-09 21:58 x
菩提寺の大銀杏、銀杏とは思えないような立派な樹ですね。県下一の大樹で、国の天然記念物に指定されており、樹高約45m・目通り周囲約12m、推定樹齢900年を越えるとか(ネット検索)。風雪に耐えてきた美しさに、樹とはいえ尊敬しそうになります。備北丘陵公園や平和大通りの電飾、夢の国のようですね。今年も、もうこんな季節になったのだと思うと、感無量です。