山に暮らせば

2012.04.28  ことしは桜の咲き具合が芳しくなかった。夜には妖艶な姿に変わり楽しませてくれた長沢、地久院、大歳神社の枝垂れ桜は例年に比べると一回り小さく見えた。
 写真展会場からの帰りに橋山の大歳神社に行く。ライトアップされていないので、照明具を持参して撮る。参道両側の田圃では今まで聞いたこともないほど凄まじい蛙の鳴き声。近寄っても鳴き声は止まない。
 午後9時には地久院のライトアップが終了すると聞いているので、大急ぎで地久院へ。上弦に近い月が桜の上にある。今年は桜の開花が遅れ5月6日の満月と桜の満開が重なると予測したのに大きく外れた。芸北の3本の枝垂れ桜の満開と満月が重なることは奇跡と思えるほどの確率だ。
 桜のシーズンが終わる。東山魁夷の絵画「月明かり」をなぞるような写真が撮りたいと思い続けているが今年も見送り。来年は4月26日が満月。芸北以外でもいい、日本のどこかで見られるのなら行ってみるか-。

e0091879_044035.jpg
長沢の桜。もっとふくよかで妖艶なのだが、今年はやせて見えた。樹上にあるのは金星。撮影は昨日。

e0091879_05217.jpg
橋山・大歳神社。持参の照明具で1人で作業するので後方からのライトが無いので平面的になる。

e0091879_064884.jpg
地久院の桜。上弦の月が上にある。満開を過ぎているのか少し葉の緑色が見えた。

by konno_noboru | 2012-04-29 00:12 | Comments(1)

Commented by 井上雅行 at 2012-04-29 12:03 x
今年は、昼間ですが芸北の3本のしだれ桜の2本を撮影する事が出来ました。先生の写真のようにボリューム感のある写真にはなかなかなりません。これから何年かかるかわかりませんが撮り続けていこうと思っています。