山に暮らせば

2014/07/27 真夏の夜の夢。星空を見てふとそんな気がした。大河ドラマ「軍師・官兵衛」が終わると掛頭山に向かう。家を出るとき温度計が20℃。長袖に厚手のジャンパーを持参。予想通り山の上は寒い。気温15℃。風も強い。その上東から南にかけての空がとても明るい。星撮りには難しそう。撮影予定時間は1時間。11時に終了予定。
 掛頭山山頂から南に向けば苅尾(臥龍山)方向から天の川が伸びる。東を見ればオレンジ色の外灯が並ぶ雄鹿原地区。雲海も出ている。北極星は北側。星の流れを撮るには山頂のアンテナを絡ませるしかない。
 きょうは下見のようなもの。近々に薄暮からたっぷり時間をかけて撮ることにする。

 ヒメボタルがいると、芸北写真くらぶの人から連絡をもらった。場所も判然としないので同行を願う。薄明かりの残る時間に現場到着。午後8時には真っ暗。全く見えない。ホタルがチカチカ光り始めた。ゲンジボタルの飛び方とは違う。
 ヒメボタルの撮影は30年ほど前、湯来町の阿弥陀山に行く途中の黒谷で経験した。ブログ半農半× -へそ曲がり残日録のshimazukuさんが一緒だった。当時はフィルムの感度も低く、芳しいできではなく、新聞掲載できなかったのではないかと記憶している。カメラが進歩した今ならなあと思った。
26日に芸北神楽共演大会があった。全演目を撮影したがお蔵入りだ。

 
e0091879_2151614.jpg
天の川。正面下側の山は深入山。

 
e0091879_26541.jpg
星空と雲海の下の雄鹿原地区。

e0091879_28171.jpg
掛頭山山頂のアンテナ。

e0091879_285899.jpg
ヒメボタル。黄色い太いラインはゲンジボタルの光跡。ヒメボタルの生息地を探し歩いたら、数カ所確認出来たが、外灯があったりして撮影には不向きなところが多い。

e0091879_2103657.jpg
小さい方がヒメボタル。大きいのはゲンジボタル。発する光量は体格差以上に大きい。

by konno_noboru | 2014-07-28 02:12 | Comments(6)

Commented by 初ちゃん at 2014-07-28 11:54 x
あっ井上さんの前にコメは気が引けますぅ。
でも、天の川とヒメホタルの画像では黙って去るわけにいきません。ヒメホタル、先日TVで特集をしていましたので見入ってしまいました。そして天の川。夫が定年の1年前に無理やりニュージーランドの旅を予約して一番いい時期に行きました。私が期待していなかったワイン祭りと星空ツアー。もう死ぬまで忘れない南十字星と天の川。日本人の小沢さんが主宰するツアーでテカポの天文台に行って世界中の人たちと天の川を見ました。その時ほど鮮明ではないけれど掛頭山に登ればこんなに奇麗に見えるんですね。テカポは小沢さんたちの活動で夜の照明も街頭も小さくして町は真っ暗になります。私が足が悪いのでホテルまで送り届けてくださいました。一生で一度の贅沢ですが日本で見られるのもプチ贅沢ですね。感動しました。
Commented by 井上雅行 at 2014-07-28 23:47 x
真夏の夜の夢、堪能しました。どうやったらこんな写真が撮れるのでしょう。今度お会いしたらお聞きしたい事が増えました。今日、初ちゃんさんから頂いた情報をもとに掛頭山の頂上まで行きました。途中でアサギマダラにも会えました。先生の写真を見て、頂上までの細い山道を夜真っ暗な中登られて今日のブログの写真を撮られた事に驚いています。蛍の光跡が蛍の種類の違いによってこんなに違うのかという事を知りました。やっぱり写真は楽しいですね。
Commented by umiko0 at 2014-07-29 20:07
PCの前に座って見ているだけで
天の川、雲海、星ぐるぐる、姫さまほたるの乱舞を
ひとりでゆっくり見ることが出来る
ありがたい!(手を合わせています(-"-))
Commented by konno_noboru at 2014-08-01 00:06
初ちゃん もっときれいな天の川の写真が撮れれば良かったのですけど-。掛頭山で星を見るのが楽しいのは星がたくさん見えると言うこともありますが、山頂手前のアスファルト道路に寝転がってずーっと星空を眺めることが出来るからです。昼間の太陽で熱せられた道路は心地よく、眠ってしまうことさえあります。星を撮るのは新月の夜が良いのですが、天候に災いされたりいつも好条件ではありませんが、来月はきっときれいな写真をお見せできるよう気合いを入れます。
Commented by konno_noboru at 2014-08-01 00:20
umiko0さん 掛頭山で星を眺めながらコーヒーを飲んだり、ラジオでカープのナイター試合を聞いたり、あっちにふらり、こちらにふらりと暗い道を歩いたりします。雷が鳴るときも掛頭山に上がります。これまでに一度だけ夜の稲光に姿を見せる燃えるような積乱雲を撮りました。晴れても雨が降っても苅尾(臥龍山)とはまた違って良い山です。
Commented by konno_noboru at 2014-08-01 00:26
井上さん 昼間は暑いので現在は夜に走っています。漁り火も良いし海蛍も良いし-と思っています。でも想定外のことに出会いたいなと願うことの方が圧倒的に多いですね。そのときどうする! と思いながら。