山に暮らせば

2017/06/04  裏山のバイカツツジが咲いた。イチヤクソウは蕾。蕾が大きくなっていたキンラン2本が摘み取られた。ブッポウソウは抱卵しているのではないかと思えるのだが-。きょうはさっぱり鳴かない。
 土曜日、西城町のクロカンパークに行く。スズラン、キンラン、ササバギンラン、エビネなど見る。大阪から来たのだろうか企業の陸上部の人たちがトレーニング中だった。走り回っていたアスリートが近くの鉄棒にぶら下がり軽々と懸垂をしていた。食事を終えて、我々10人も挑戦。ぶら下がったのは良いが肘がほんの少し曲がる程度しか上がらない。歳を取ると言うことはこういうことかと思った。みんな「昔は簡単に出来たのに」と言う。何とかけクリア出来たのはやはり一番若い人だった。



e0091879_14085319.jpg
                             ササバギンラン 西城町クロカンパーク

                              

e0091879_14090855.jpg


キンラン


e0091879_14092663.jpg
キエビネ


e0091879_14093683.jpg
スズラン


e0091879_14095629.jpg
芸北 バイカツツジ


e0091879_14100861.jpg
給餌。これ以降、1羽しか見られない。抱卵中か?



by konno_noboru | 2017-06-05 14:17 | Comments(3)

Commented by 井上雅行 at 2017-06-05 22:19 x
こんばんは
県北西城も季節は市内より一ヶ月くらいビハインドですね。それにしても土曜会の撮影範囲は広いですね〜。クロカンパークは一度行って見たい場所です。
ブッポウソウ産卵したのでしょうか、気になるところですね。続きが楽しみです。
Commented by D@yamaguchi at 2017-06-06 07:50 x
ブッポウソウの翼がハートに…

ラブラブですね

楽しみ たのしみ‼️
Commented by 初ちゃん at 2017-06-14 10:06 x
ブッポウソウの生態が段々詳しくなりました。最近、野生動物と遭遇する機会が増え考えさせられます。
安佐町の近道を通る事が多いのですが3度に一度はシカに出会います。山の中をドライブしていると熊以外の小動物は珍しくなくなりましたね。息子の子供は4歳ですが生き物が好きで連休にシカと遭遇して大喜びでしたが毎年田んぼは荒れて野生動物が過ごしやすくなっているようです。私の写したアサギマダラを見て大興奮していましたが東京に戻るとゴキブリくらいしか出会わないので虫少年は生きにくい趣味になると思うと(考え過ぎ)可哀想だなとか思います。カブトムシやザリガニを飼って一緒に観察した息子もこの夏は飼う事にしたそうですが嬉しいような可哀想なような気持ちです