山に暮らせば

2018.01.20  時々、目がさえて眠れない夜がある。ちょっとテンションが上がったときがいけない。気になる
小さな作業が次第に大事になっていき、この作業は終わるの? となる。眠れない今夜はブログを更新しようと思うが絵がないなあと苦し紛れ.

1mを超える大雪の後、激しい雨が降り積雪量は一気に半分に減った。それでも除雪はしなければならない量だ。屋根から落ちた雪は高さが1m以上、雨で固まり壁になりロータリー式除雪車のオーガー(回転刃)でも切れにくい。スコップで壁を崩し高さも50㎝以下にして飛ばす。1日で済む作業ではないので暇な時間に少しずつ作業して、今朝、塾の人たちの車8台分のスペースを確保できた。
 午後から久しぶりに苅尾(臥龍山)山麓の千町原と大歳神社界隈をスノーシューで歩いた。雪は魚の鱗のような形で湿っていたが長靴でも歩けるくらいの堅さはあった。

 苅尾(臥龍山)の樹氷を見る機会は今のところない。次の寒波に期待したい。
 火曜日に益田市に行き、帰り道でキジの喧嘩を見た。繁殖期には早過ぎる。縄張り争いでもなさそう。冬の間オスはオス同士でで暮らすと聞いていたのでじゃれあいか。



e0091879_01543379.jpg

苅尾(臥龍山)山頂も樹氷はゼロ。画面中央が山頂付近。右の端に少し太い木がある。望遠系レンズでのぞいたときの定点木。

e0091879_01544605.jpg


大歳神社付近の農道。雨のせいか魚の鱗のような雪紋が残る。

e0091879_01550286.jpg


アカミヤドリギ


e0091879_01551895.jpg


    ヤドリギ。   ホサキヤドリギもあるのだが、私には見分けがつかない。


e0091879_01553127.jpg


キジの喧嘩Ⅰ


e0091879_01554242.jpg


道路に出てきてバトル。兄弟げんか?



e0091879_01555632.jpg


亀山神社。雪の重さで枝が落ちてきたのだろう。小さい社の屋根には枝が刺さっていた。



by konno_noboru | 2018-01-21 02:20 | Comments(5)

Commented by umiko0 at 2018-01-21 12:55
キジ 綺麗

キジ 面白い鳥だな
だから きびだんごで桃太郎について行ったんだね
Commented by 井上雅行 at 2018-01-21 15:57 x
こんにちは
2枚目のキジの喧嘩、何か日本画を見ているような気がします。綺麗です。
今年の雪掻きはいつもと違うようですね。お怪我の無いように。
明日から寒気の再登場の気配、体調と相談しながら撮影をお楽しみください。
Commented at 2018-01-21 22:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by konno_noboru at 2018-01-22 18:32
umiko0さん  

ヤツガシラも今回のキジもラッキー! です。ツキを大事にします。
Commented by konno_noboru at 2018-01-22 19:11
井上さん 
 たぶん私は車を運転しているとき相当よそ見をしているのでしょう。後ろを走っている塾の人が「危ないほどフラフラしながら走りますね」と言います。よそ見の結果がキジです。都会ではとても慎重に運転はします。