山に暮らせば

2018/06/04  アカショウビンのキョロロ、キョロロという鳴き声が聞こえたらすべての作業は中止する。部屋にいるときは常時戦闘態勢にある望遠レンズの所に行って姿を探す。菜園で作業しているときはすぐに撮影できるようにそばに置いている望遠レンズ付きのカメラを持つ。鳴き声から推察すれば近くにいるはずなのだが姿は見えない。
 昨年7月の豪雨で川沿いにあったネムノキが濁流に流され、私の部屋から見る視界が大きく開けたので、アカショウビンが見えるかもしれないとちょっとだけ期待した。
 今年はブッポウソウが姿を見せない。アカショウビンが越えてくる山の尾根にある枯れ木に止まり、急降下して来ていたが、何故か下りてこなかった。流されたネムノキが巣箱に入る最終的な止まり木だったことと、巣箱周辺の視界が開けたことはブッポウソウにとって悪い環境になったのかもしれない。
 ブッポウソウの来ない巣箱にシジュウカラが営巣した。もう1本あるネムノキにはホトトギスが来て鳴く。ちょっと寂しい初夏。
e0091879_00304785.jpg
2階の部屋から600㍉で撮影。右にいるのがブッポウソウのペア。左にいるのがたぶんホトトギス。肉眼では慣れないとほとんど鳥とは気づかないくらい小さい。撮影できる距離ではないが、近くの巣箱に下りてきてくれることを念じながら毎日眺めた。


e0091879_00315612.jpg


800㍉で撮影。ブッポウソウと何とか解る程度。午後4時ころにいつもやって来た。




e0091879_00321162.jpg


シジュウカラが営巣。あんたにはちょっと大きすぎではといった感じ。

e0091879_00322416.jpg


ホトトギス。撮影は午後6時4分。やっと芽吹いたもう1本のネムノキ。この木にもブッポウソウが止まるはずだったが…。



by konno_noboru | 2018-06-05 01:00 | Comments(2)

Commented by D@yamaguchi at 2018-06-06 12:46 x
ブッポウソウの会話が聞こえてきそうです。

「ぼくたちのおうちさきどりされてる・・・
   どうする・・・」

みたいな
Commented by konno_noboru at 2018-06-07 16:57
Dさん 巣箱のある場所の環境が変わったので位置を変えた方が良いと思っています。現状では鳥に圧力を掛けすぎるのだろう思います。まあ、来年の楽しみにしておきます。