山に暮らせば

2018/06/29
  芸北写真くらぶの写真集「山里の詩 芸北へのいざない」が出来上がりました。計画段階から完成するまで結構時間がかかりました。
 芸北写真くらぶを立ち上げて15年、写真は撮ったことないという人もいる中での船出でした。心強かったのはみんな地元の顔見知りの集団、明るいスタートでした。くらぶの目標は「地元のお宝ともいえる新鮮な情報を発信していこう」ということでした。
 芸北写真くらぶの例会は「窓を開ければすぐ写真が撮れるけえ楽じゃのう」とか「あんたも パジャマのままで撮ったんでしょ」といつも明るい話で始まりました。年月を重ね、12年前からくらぶ独自の写真コンテストも開催して頑張ってきました。この写真集は最高齢90歳、平均年齢は70歳を超える16人の仲間が心を込めて撮った集大成です。写真集の完成間近に亡くなられた杉本作雄さんの遺作「革靴を履いた獅子」(北広島町観光協会写真コンテスト大賞)も入っています。地元にいるからこそ撮れる作品を集めたいと思って仕上げました。私も3点ほど掲載させていただきました。
 カレンダーと同じように芸北観光協会で販売します。よろしくお願いします。
 本の体裁  210㎜×205㎜  52頁 掲載作品 48点
 ご注文は北広島町観光協会芸北支部か私のメールアドレス(noboru2015@blue.megaegg.ne.jp )でもお受けして観光協会に回します。
 
 定価 1冊 1,500円  送料360円(レターパック)
 申し込み先  広島県山県郡北広島町川小田10075-5
           北広島町観光協会芸北支部
           0826-35-0888
  メールアドレス  kougen@eagle.ocn.ne.jp



 寝不足はサッカーのせい。機嫌の悪さは昨夜の対ポーランド戦の戦い方。
 雨が激しく降って、崩れたままの滝山川の護岸がまた崩れるのではないかと増水する川から目が離せない。
菜園のキュウリ、ナス、キャベツ、トマトは少しずつ収穫。
 昨年クマが食べに来たグミが熟れたと思ったら、3日前に1粒もなくなっていた。鳥が食べたなら少しは残る。2本あるグミの木の実は完全に消えた。クマなら細い木なので上らなくても採れる。クマは知らないうちに来たのか? 
 庭に亀が登場。今期2度目。双眼鏡で見る。産卵するように後ろ足で穴を掘る。ピンポン球くらいの大きさ。埋め戻さないまま亀は去った。数時間後、蛇が現れ、亀の掘った穴の上で細い体をよじる。何をしたのか不明。そしてまた亀と同じように蛇も逃げた。残っていた小さな穴はきょうの雨で砂が流れ込み埋まった。
 ブッポウソウの巣箱はまだシジュウカラが出入りしている。2階の窓の手すりには雨蛙が上ってくる。緑色なのだが、じっとしている間に窓の手すりの色に変わる。保護色である。そっとしておいてやりたいのだが、夜になると鳴き声がうるさすぎる。高飛び込みをさせるように2階の窓から田んぼに飛ばす。着水はお見事。今も2匹の蛙が垂直の壁を上ってきた。
 部屋から眺める小さな出来事が気を和ませてくれる。せわしい2週間だったなあ。



e0091879_15503027.jpg
雛にせっせとえさを運ぶシジュウカラ。巣立ちはちかいのだろうか。



e0091879_15504552.jpg
雨蛙。緑色から手すりの色と同じ茶色に変化。下に見える緑色は田んぼ。
ちょいと押してやれば高板飛び込みのように見事に着水する。



e0091879_15512843.jpg
クモキリソウ。

e0091879_16250761.jpg


イチヤクソウ

e0091879_15520047.jpg
マタタビの花。




e0091879_16191051.jpg
浜田市都川の棚田(熊ヶ谷棚田)



by konno_noboru | 2018-06-29 16:21 | Comments(3)

Commented at 2018-06-29 22:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 井上雅行 at 2018-06-30 00:49 x
こんばんは
里山の詩の完成おめでとうございます。芸北写真クラブの積み重ねられた日々の作品の集大成ですね。観させて頂きたいと思います。
梅雨の鬱陶しい中パソコンの再インストールやら畑の世話や撮影やら、毎日おげんきに動き回られておられるようですね。
クマの話題もそろそろかなと思っていましたがやはりあらわれましたか。ブッポウソウの話題ももうすぐ見せて頂けると楽しみにしています。
梅雨が明けるまでもう少しかかりそうです。雨中の運転にはくれぐれもお気をつけ下さい。
Commented by geihoku.org at 2018-07-05 19:12 x
写真集をご紹介いただき、ありがとうございます!
お陰様で順調にご注文をいただいています。
構想から5年、時間はかかりましたが、こうして形になり手に取るとまた感慨一入です。
偏に、日頃ご指導をいただく紺野さんの賜と、感謝ばかりです。
巻末に、くらぶ代表も記していますが、
見ていただく皆さまの心のアルバムに、一枚でも残るものがあれば
この上なく嬉しく思います。
(ご指導いただくにもかかわらず、文中、「紺野さん」と表記させていただきました。
 写真くらぶ設立当初より、「地元では先生というのは無しにしよう」と仰り、以来、芸北写真くらぶでは親しみを込めてそう呼ばせていただいていることからです。ご容赦下さい。)