山に暮らせば

2018/08/08  今夜は涼しいを通り越して寒い。昨夜から風が変わった。少し冷たい感じで部屋にいても心地よい。
 8月になって塾再開。すぐにまたお盆休み。

 4日土曜会、7日中国新聞文化センター組、ともに木陰のない深入山、雲月山は熟年が多いので熱中症の危険が大きいと考え涼を求めて三段峡へ。4日は三段峡正面口から入る。集落手前の柴木川に流れ込む小川で万年筆ほどの大きさの魚のようなものが上流に向かっていた。泳いでいるのではない。4本足で流されないように歩く。望遠レンズで覗くとオオサンショウウオの子供らしい。三面張りのセメントの川底を少しずつ遡上していた。何処まで行くのだろう。川底はセメントで浅い。大変な長旅になるだろう。
 三段峡ホテル横にかかる吊り橋から長淵でカヤックで遊ぶ子供たちの声が聞こえる。水が冷たそう。雨がほとんど降らないので渓流沿いの岩についた苔が紙をめくるようにはがれる。イワタバコも生気なく岩場に沈み込む。
 目的のキノコもない。ミヤマウズラはすべて蕾。エビネも発育不良といった感じでこれも生気がない。
 元気が良いのは勢いよく熟年を追い越していく子供たち。姉妹滝、女夫淵と歩いて黒淵へ。河原で昼食。涼しい。別天地だ。ゆっくり休んでから帰路につく。歩けばやはり汗は出る。「ああ、かき氷が食べたい!」と誰かが叫んだ。三段峡入り口にかき氷の看板があった。帰りに寄るぞ。店に着いたが誰もいない。走り回って店の人を探し、ブルーハワイが良い、宇治金が良いとそれぞれ好みの氷を食べる。350円だった。安い? 髙い?
 7日は深入山に集合。三段峡には水梨林道を下り、蘆が原から三段滝まで歩く。今回は新入りの女性会員が1人いるが歩きは強そう。賑やかに歩く。三脚が重いとか、軽いカメラがよかったとかいろいろ。下流では咲いていなかったエビネを探しに沢を登る。少し咲いていたが、蕾のママ折れ曲がっているものが多い。
 昼食は三段滝。食後、shidaさんがコーヒーを入れてくれる。暑いのにリュックの中に2㍑入りのペットボトル2本持参。おしゃべりしたり、撮影したり誰も来ない三段滝の音を聞きながら熱いコーヒーを飲む。これぞ至福の時間。
 三段峡を抜けて「かき氷が食べたい」と深入山の売店に入ったが、残念ながらかき氷はなく、アイスクリームで終了。
 早めの散会だったが、元気のいい人はさらに八幡に撮影に走った。


e0091879_18533785.jpg
水量は背中が隠れる程度。一生懸命生きているなと思う。


e0091879_18535675.jpg
清流で遊ぶ子供たち。夏休みの楽しい思い出できるだろう。


e0091879_18540676.jpg
黒淵の渡し船。水量が少ないと感じた。

e0091879_18541553.jpg
岩場に咲くイワタバコも枯れかかっていた。雨が降らないので岩場は乾燥していた


e0091879_18542666.jpg
木の陰でひっそり咲いていた



e0091879_18543956.jpg
花つきが少ない。元気がなんとなくなさそう


by konno_noboru | 2018-08-08 19:42 | Comments(2)

Commented by D@yamaguchi at 2018-08-09 16:59 x
近々、そちらに出向こうかと画策しております。
が、ちょっとびっくりのイワタバコですね。
酷暑の影響が・・・そちらにも、でしょうか。。。
Commented by 井上雅行 at 2018-08-10 08:49 x
おはようございます
猛暑の続く中決して講座は休まれませんね。先生らしいな〜と思っています。しばらく雨が降っていないので三段峡も水量が減っているようですね。
サンショウウオも山野草もきっと雨を待っているのでしょうね。朝夕ほんのちょっぴり秋を感じさせてくれるような涼しい風が吹きます。今年は特に秋が待ち遠しいです。日中は暑いですから水分補給をしっかりされて撮影を楽しんで下さい。