山に暮らせば

2018/08/22  12日から今日22日までの間に比婆山山系の立烏帽子山、池の段に5回ほど行った。暑い日もあったし、寒くて震え、仲間から冬用のパーカーを借りる日もあった。
 きょうは今夏最後の立烏帽子行き。帝釈峡に寄り、熊野神社前のイザナミ茶屋で昼食を取り、立烏帽子山に向かう。撮影し続けたホツツジの花も次第にピークを過ぎ、目立ち始めたのは赤く色づいた葉。紅葉の始まり。大山もくっきり見える日もあったし、霞に溶け込む日もあった。池の段から比婆御陵や吾妻山を眺めたり、寝転がって雲の走るのものんびり見た。
 秋には再び何日か通うことになる。
5回の山行でキツリフネ、ツルリンドウ、ヒオウギ、フシグロセンノウ、キュウシュウコゴメグサ、イヨフウロ、ツルニンジン、サラシナショウマ、イブキトラノオなどが見られた。身体的には少しきつかったが、多くの仲間と同行できたので、気分は良かった。
 
 9月29日から千代田のギャラリー森(しん)で芸北写真塾の仲間5人と一緒に6人展を開く。これからは春の部とともに秋に5~10人くらいの合同展を開きたいと思っている。今回はその1回目。それぞれの個性が出せれば良いと思っている。
山から帰ってきての準備作業は遅々として進まない。切羽詰まった状況はいつの写真展の時も同じだ。


e0091879_00520258.jpg
雷が鳴り青空が墨色に変わっていく。池の段に寝転んでいたので雷が鳴っても
逃げ場はない。雷雲は向かいの比婆御陵のさらに向こうへ流れていった。


e0091879_00521442.jpg
ホツツジ。後方の山が立烏帽子



e0091879_00524803.jpg
ホツツジの花。どんな花と問われても、とても説明できる形ではない。



e0091879_00525887.jpg
立烏帽子の北側稜線のずーっと向こうに大山が見える。


e0091879_00530991.jpg
500㎜弱の望遠レンズで引っ張ってこの程度。この時期にこれだけ見えれば幸運か。



e0091879_10074232.jpg
イヨフウロ




e0091879_00532448.jpg
マネキグサ。小さい花。形にこだわって可愛いのを探すのだが、なかなか良いのが見つからない。
適当なところで妥協するのはいつものパターン。



e0091879_00533516.jpg
カリガネソウ。風が強く揺れ、倒れる。起こそうとして茎
を握った手を臭うと強烈な香りがする。良い香りとはとてもいえない。


e0091879_00534738.jpg
ヒゴタイ。地元では盆花(ぼにばな)。本当にお盆の間だけが見ごろ。



e0091879_00541653.jpg
ハグロソウ。踏まないで! と言われて立ち止まる。足下に小さな花。撮るのがしんどい。




by konno_noboru | 2018-08-23 01:13 | Comments(6)

Commented by 青い鳥 at 2018-08-23 13:19 x
こんにちは👋😃
5度の立烏帽子山行、お疲れ様でした。
ホツツジの花は、よーく見るとピンク色で可愛い
いですね。秋には真っ赤に染まった山が眼を楽しませてくれそうです。楽しみですね🎵
Commented by shimazuku at 2018-08-23 23:29
6人展、楽しみに待ちます。
来月の自然観察会、雲月です。
どんな花に会えるやら。
Commented by 井上雅行 at 2018-08-23 23:30 x
こんばんは
猛暑の中5度も比婆山山系までお出かけとは、まさにスーパー写真家ですね。先生の元気はどこからくるのだろうと思っています。気がつかなければ踏んでしまうような小さな山野草、猛暑の中で健気に咲いていますね。暑さに負けないで咲く姿はたくましいですね。
新しい企画の写真展楽しみにしています。
Commented by konno_noboru at 2018-08-25 01:44
井上さん  昨年の夏に病院をかけずり回るほど不調でしたので、7月をゆっくり休んで、8月に入り、動き始めました。体調は良好で、身体をいじめると眠りが深いのでそれが良いのかもしれません。歳を忘れて動きます。
Commented by konno_noboru at 2018-08-25 01:48
青い鳥さん ありがとう。熊野神社前のイザナミ茶屋のイザナミ丼は美味いですね。月曜と火曜が定休日なので残念な組もありますが、予約を入れれば開けますとのこと。月曜会、火曜会は残念組でしたが、今回お願いして開けてもらいました。全員イザナミ丼でした。
 驚いたのは見覚えのある写真がトイレの前の壁に張ってあったことです。25年くらいかもっと前か定かでないのですが、地元熊野小学校12人の子供たちと先生に同行を願って大栃のところで撮った私の写真だったのです。新聞に掲載された写真でカラー写真ですが黄色く色あせて歳月を感じました。店の人になぜこの写真がここにあるのか尋ねました。「うちの子供らが写っているから。もう30歳をとうに過ぎたけど、地元の人の出入りも多いし、誰が張ったのかはわからない」とのこと。
 現役時代に撮った写真を記憶しているのは稀。たぶんここ30年、何度も大栃の前に立ったので、大栃の洞に小学校の子供12人全員に入ってもらったなあという記憶だけがずーっと続いていたので大栃の前の写真は覚えていたのかもしれないですね。
Commented by konno_noboru at 2018-08-25 01:56
shimazukuさん 車が変わりました。山口支社時代からパジェロに乗り、新中国山地取材もパジェロで、ずーっとトラックのような車高の高い車でしたが、今回は車高の低い、若い人向きの車です。知り合いに「一度はスポーツカーに乗りたいと思っていたが、スポーツカーよりあんたが乗っとるその車が気に入った。譲ってほしい」というところから始まり、手に入れたものです。アクセルをちょっと踏めばすぐに100㎞を超えます。爽快と言えば叱られますが、爽快です。車高が低いので、冬場がどうなるか周辺の人が気をもんでいます。