山に暮らせば

2019/02/15  やはり異様に感じる。部屋の中はいつもの冬と同じようにストーブが燃えるのに、窓から見える景色は冬ではない。芸北に暮らし始めて2月の中旬に菜園の土が見えることはなかった。雪がまだらに溶けて緑色が透けるように浮き上がる。夕方の散歩時に見える景色も冬のそれではない。モノトーンの世界でブリザードのように吹き付ける敵意を持った風、下から舞い上がる雪は吹雪、冷たい風に身を縮め、歩を進めば堅く締まった雪がバリッと割れる音がする。住み慣れた芸北の冬は優しさには縁遠い紛れもない北国の冬だ。厳しければ厳しいほど春が待ち遠しい。雪の下から次第に土が見え、小さな緑色の命が芽吹き始めるときの嬉しさは雪国で感じられる春一番の喜びのはず。
 昨年は大雪が降り、3日間除雪車が来ないという事態に見舞われ外に出られず軟禁状態になったが、今年は撮るものがなく、平時なのに出かけることもなく軟禁状態。窓の外を眺めるだけの日が多いが、講座のある日は出かけるのは決まって雪のない益田市の梅林。そういえば芸北ではあまり梅の花に巡り会わない。梅林がないことだけは確かだが、4月終わりに咲く桜や桃と季節を同じくして咲いているのだろうか。芸北の早春に咲く花はマンサク。今つぼみが膨らんできた。経験したことのない雪のない冬。折り目の見えないまま春へ向かう道筋があるのだろうか。


e0091879_15524934.jpg
撮影 2月12日 16時56分。今冬、苅尾(臥龍山)の樹氷は雲が低かったり、ガスが出たりしてあまり見えなかった。
夕方になって山頂部が西日に照らされて白く輝いた。


e0091879_15530235.jpg
赤苅尾(臥龍山)が夕日で赤く染まるのをじっと待ったが、残念ながら染まらなかった。(撮影 12日 17時27分)


e0091879_15531559.jpg
益田市 三隅梅林公園。満開までもう少し。中央部分が咲ききっていない。

e0091879_15533036.jpg
梅林公園の定点木が中央の白梅。この木を中心に一周して撮影。


e0091879_15534850.jpg
三隅公園に咲いていた桜一輪。




by konno_noboru | 2019-02-15 16:45 | Comments(1)

Commented by 井上雅行 at 2019-02-16 08:30 x
おはようございます
長く芸北に住まれておられる先生が「これほど雪のないげいほく」と言われるのですから今年は本当に異常な冬なんでしょうね。先生のお好きな厳しい冬景色が撮影できなくて残念ですが春に向けてしっかり充電しておいて下さい。もうすぐ桜が咲き乱れる季節になると色々忙しくなりますよ。