山に暮らせば

2019/06/16  「寒い」。思わず言葉になった。雨が降り、風も強かった。とても山に登る天候ではなかったがどうしても確認したかった。
 オオヤマレンゲは風と雨の中、まさに天女の舞い、山頂で大きく揺れて咲いていた。カメラを構えても風が強くファインダーの中から消える。じっと風が止まる瞬間を待った。望遠で狙えると思った花は撮れない。岩にしがみついて撮るしかなかった。カメラは濡れるし早々に撮影中止。
 下山中も木々の枝に着いた水滴が落ちてきて雨合羽を叩いた。
 山に行く前、たまたまシャッターが空いていたガレージにキツネが侵入し、中に入れていたゴミ袋をつついていた。とても警戒心が強く、こちらが姿を見せればすぐに逃げるはずなのに、目の前にいるキツネは飼い猫のように馴れ馴れしく近寄っても逃げない。少しスリムな体型、急いでいるのでガレージから追い出して家を出たが、すぐ近くに立派な体型の別のキツネがいた。たぶん近くにキツネの一家が住んでいるのだう。


e0091879_23241051.jpg
オオヤマレンゲ咲く。雨、風ともに強く撮影には不向きだが、風の止まる一瞬を待つ。




e0091879_23242308.jpg
蕾もまだあるので天気の良い日にリベンジ。



e0091879_23243800.jpg
風の裏になる登山道はガスがかかり幽玄の世界。



e0091879_23250439.jpg
ガレージに入っていたキツネ。母親だろうか。子どもに与えるえさのために警戒心を捨てたか。


e0091879_23252138.jpg
ササユリ。散歩道にはササユリが咲く二つの神社がある。咲き始めたが強風で倒れているものもあった。


e0091879_23263751.jpg
忍冬(スイカズラ)。咲き始めが白色、蜂などの助けにより受精が終われば黄色に変わると教えてもらった。



by konno_noboru | 2019-06-16 23:45 | Comments(4)

Commented by 井上雅行 at 2019-06-17 14:59 x
こんにちは
相変わらずじっとされていないのですね。気になるものは必ず確認されますね。参りました。
ガレージのキツネ、人に慣れているんでしょうね。イノシシは歓迎したくありませんがこちらは可愛いなと思いますね。
今年はまだクマには出会われてないようなのでこのまま出会われないことを願います。(中国新聞社はがっかりするでしょうけどね。) (^ ^)%
Commented by BUN at 2019-06-18 22:48 x
なかなか精悍な姿。とっさに撮れるとはさすがカメラマン。寒い日は家で過ごしましょう。
Commented by konno_noboru at 2019-06-21 23:09
井上さん  グミの実が色づいてきました。2年連続してクマが来たグミの木なので要警戒です。家から言えば北側の山際にあるので2階階段の窓からしか見えません。窓際に400㎜レンズをつけてカメラをおいています。今年は護岸工事の最中で人の動きがあるので昼は来ないでしょう。夜来れば外灯がすぐそばにあるので見えますが、撮影は無理でしょう。
Commented by konno_noboru at 2019-06-21 23:15
BUNちゃん 退職後もガンマンと同じ気分です。丸腰では何となく不安で散歩に行く時も菜園にいるときもカメラは手元にあります。ただ、我が家から見る空は山があり狭いので低空で飛来するジェット機だけは撮れません。反応は相当鈍くなっています。