山に暮らせば

2019/07/09  家を出るとき陽は差していたが、車で15分程度のところにある山は霧。撮影が終わるころには大粒の雨に変わった。急ぎ下山して講座は終了。6日の土曜日から日曜日をはさんで3日続いた撮影行は終わる。
 7日の日曜日は地元の神楽団による芸北神楽研究発表会があり、文化ホールで撮影。久しぶりに神楽を撮ったが、動きのあるものを撮るのはやはり面白い。
 きょうは午前中に八幡でツチアケビとミズチドリを撮り、昼食後にカキランとスズサイコを撮る。2週間前に行ったときスズサイコは咲いていなかったし、カキランも全く見なかった。何とか願いが叶って撮れたが、旬の時と撮影行がピタッと合うのは希なこと。
 
 ホタルは飛び交っているが、数が少ないので最盛期なのかどうかもわからない。すぐそばの神社のヒメボタルは昨年は13日頃がピークだったのでこれからに期待。
 このところ暇を見つけてはガラス乾板から電子データを作る作業を続行。20年近く前に同じ作業をしたときは宝の山に当たったと感動したが、写真集を出版したことで、あのときの作業テンポより遅い。昭和初期から30年ころまでの貴重な記録であることに変わりはない。昭和30年3月撮影の第8回八幡村立八幡小学校卒業記念と記されたものもあった。その写真の中に芸北写真くらぶの仲間が写っていることを知った。




e0091879_00514843.jpg
山はガスがかかった。間もなく大粒の雨が降り始める。


e0091879_00521046.jpg
カキランとスズサイコは並んで咲いていた。





e0091879_00524017.jpg
色の濃い茶色のものが多いが、中には色の薄いものもある。




e0091879_00531268.jpg
ツチアケビ。2週間前に比べればずいぶん大きくなったが、開花は少しだけ。


e0091879_01230429.jpg


ビロードのような花。咲きそろうにはまだ時間がかかりそう。



e0091879_00533145.jpg
カミキリムシ。足元の花に登り、羽を広げて飛んでいった。




e0091879_00534121.jpg
ミズチドリ。霧が谷湿原で次第に目につくようになった。



e0091879_00535248.jpg
霧が谷湿原から掛頭山を望む。天気がめまぐるしく変わるが、ときおり青空が広がる。間もなくもっと力強い感じの雲が見られるだろう。




by konno_noboru | 2019-07-10 01:10 | Comments(5)

Commented at 2019-07-11 10:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 井上雅行 at 2019-07-11 13:20 x
こんにちは
連日の撮影会お疲れ様でした。雨中の撮影会になりましたね。お疲れではありませんか。
時間を見つけてのガラス乾版の作業大変でしょうがまたお話しを楽しみにしています。
Commented by D@Yamaguchi at 2019-07-13 12:39 x
カキランとスズサイコのコラボいいですね。
一週間前、家から30分のところにミズチドリの
群生地を発見しました。
小躍りしました。
Commented by konno_noboru at 2019-07-16 19:46
井上さん 撮影行、少しは慣れましたか。楽しくいきましょう。
Commented by konno_noboru at 2019-07-16 19:51
Dさん 久しぶりです。山野を歩いていて新たな発見があると本当に嬉しいものです。たぶんそれが原動力。それがあるから歩き回れるのでしょう。