山に暮らせば

2007.11.25  掛頭山に上がった。今年はなかなかきれいな雲海に巡り会えず、通うたびに空振り。きのうも午前5時30分に上がったが北側に見える雄鹿原地区の外灯がオレンジ色に見える。外灯が見えるのは雲霞がない証。すぐに下山。気温が-6℃なので霜を撮ろうと臥竜山山麓へ。臥龍が見えるところで紅葉を撮る。
 この時期に紅葉した葉が残るのは珍しい。例年なら木枯らしに引きちぎられるように散っていく木々の葉が未だ残る。ススキも穂が残るし、いつもならチカラシバしか残っていない場所に雑草が立ち枯れて真っ白い霜の衣に身を包み、残っている。ツルウメモドキの実も霜で白く縁取られる。カンボクの実も赤く熟しているのに小鳥も食べない。おいしくないのだろうか。木々の葉もそれぞれ霜に縁取られてどれも美しい。

 益田市に買い出しに出かけたついでに鎌手の唐音海岸に行ってみた。パンフレットに11月から水仙が咲くと書いてあったので足を延ばした。黄色い花が数多く咲いていた。少し盛りを過ぎたツワブキのようだ。もっと早い時期なら、きれいな花に合えたのかも知れない。沖合に見える高島周りには釣り船、岩場では磯釣りを楽しむ人たち。波にさらわれはしないかと思えるところで竿を出す人。危ないですよ! と叫んでも波の音にかき消されるだろうし、距離も相当離れているので聞こえはしない。釣り好きだが、あの岩場は怖い。やはり波の静かな瀬戸内海の波止でメバルを狙うのがいい。それにしても暖かい。この時期にセーターで日本海沿いを歩けるのはやはり首を傾げる。

e0091879_1744712.jpg
霜の朝。未だ紅葉が残る臥竜山山麓。-6℃で草原は霜に覆われた
e0091879_17455293.jpg
カンボク
e0091879_17471419.jpg
e0091879_17491140.jpg
唐音海岸。11月から水仙が咲くというので行ってみた。少しのスイセンとツワブキが咲いていた。
e0091879_1751468.jpg
磯釣り。釣りが好きだが、見ていて少し恐怖を感じた。500㍉レンズで撮影してやっと撮れる距離なので、声を出し注意を呼びかけても届かない。

by konno_noboru | 2007-11-25 18:34 | Comments(7)

Commented by さくら ふみ at 2007-11-26 10:04 x
1枚目の写真、絵にしたいです! ステキです!
Commented by koike at 2007-11-28 20:06 x
真っ白い霜の衣に身を包んでいる姿、ほんとにきれいですね~!
画面に顔を近づけて何回も見ました。
磯釣りをしている人、写真でみていても恐怖を感じますよ。
釣りの好きな人って、すごいですね。
Commented by はなまる at 2007-11-29 11:14 x
私がココで見た写真の中で、このツヅリが一番!!
どの写真も^^b 感激です!
一枚目の赤から薄日になって霜の白、木や実の霜、この場所の風景、
そして、波しぶき?の寒そうな海。
シッカリ?頭の中に納めたいような・・・
何度も見て、3枚目の木の葉の霜の写真が一番好きかな^^v
Commented by aga-a at 2007-11-29 20:19 x
紅葉の赤・カンボクの実の赤・陽を透かした葉色、
モノトーンの世界を予感させる霜に覆われながら、
秋を惜しむ気の効いた色遣い。
自然の粋なはからいですね。
Commented by ocarina21 at 2007-11-29 23:24 x
1枚1枚、本当に素晴らしい作品ですね。
霜の朝。紅葉と霜・朝の光・・・冷たく澄んだ空気まで感じられて、思わず見入ってしまいます。こんな日は、カンボクの愛らしい赤い実も、木の葉も、こんなにきれいに縁取られるのですね。唐音海岸・磯釣りも、日本海の荒波や光が素適ですね。波の音も聞こえそうで、魅せられます。もうすぐ、冬本番ですね。
Commented by 山彦 at 2007-12-01 21:19 x
以前、写真は美しくなくてはならないと言われていた事を思い出しました。
釣りの写真は美しくきれいに写っているのですが緊張感と恐怖を感じました。日本海の荒々しさと神々しいまでの輝くしぶきと波。
そこに立つ釣り人、それを写し出す写真家。
全てがマッチしたときにこのような写真が生まれるのだと。
改めて頑張らなくてはいけないと思わされました。脱帽です。
Commented by 写真好き at 2007-12-06 21:08 x
霜に縁取られた葉と赤い実はポリエステルベースの全紙以上の大きさに焼いて拝見したく思います.