<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2018/09/27  カープ優勝。3連覇。16年優勝の時、黒田、新井両選手の涙の抱擁を見て不覚にも涙が出た。今回は3連覇「慣れた喜び」だった。次はCS。DeNA戦の悪夢がよみがえる。ラミレス監督の采配が怖い。

 きょう写真展の作品搬入が終わった。いつもの写真展とは違った緊張感がある。5人がそれぞれ10点。1人10点になると個性が出て面白いと思うので見に来ていただければ嬉しいです。私は大平桜など一本桜を石州和紙でプリントしたモノクロ5点。
 最近、撮影したものの、パソコンに入れることさえしない日が増えた。日を追って整理するのがとても面倒。
 
 写真展のPR   場所は千代田 サンクス内 ギャラリー森
e0091879_21393944.jpg
   
e0091879_22413931.jpg
                    


彼岸花も咲いた。



e0091879_21414736.jpg
    彼岸花の咲く場所の近くの山でトリカブトがたくさん咲いていた。とても色が濃い花だった。



e0091879_21412142.jpg
               金平糖のような溝蕎麦。



e0091879_21413664.jpg
                秋のウナギつかみ

   

e0091879_21421995.jpg
イワレンゲ。散歩する道のそばに咲く。タマゴタケも散歩の途中で出会った。最近は遠くに行かず、近くを散歩。いろいろあるのでカメラ持参だ。




by konno_noboru | 2018-09-27 22:15 | Comments(4)

山に暮らせば

2018/09/17  稲刈りが始まった。間もなくポツリ、ポツリと雨が振り始めた。2筋だけ刈り取り、中断。雨が続き稲刈りは延期になった。部屋では写真展の作業。プリントした写真とマットの寸法が2㎜違う。写真が小さい。こちらも作業延期。29日から開催の写真展まで後10日。いつもながら神経性胃炎。
  15日土曜会の撮影は近所で白鬚草、茗荷の花、タマゴタケを撮る。雨がなかった夏場を過ぎて少し長雨がありキノコが目につくようになった。キノコはほとんど撮ることはないが、タマゴタケは別。あまりの多さにみんなで驚きながら撮る。 八幡へ向かう。知り合いの家(昔住んでいた隣の家)で蕎麦とサワグキョウを撮る。松虫草や曙草、鳥兜はシーズンには何度も撮る花。塾の仲間と行くときは、同じ花でもこれまで撮影した場所と変えなければと思い、久しぶりに違うコースを歩く。久しく入っていなかったコース、木々が大きくなり、雑草も生い茂っていて雨で濡れた草を分け入ることは出来ない。遠くから眺めるだけ。 市内に出る用事があり、皆と現場で別れさせてもらった。


e0091879_22331998.jpg
タマゴタケ Ⅰ。


e0091879_22334268.jpg
                     タマゴタケ Ⅱ



e0091879_22335160.jpg
タマゴタケ Ⅲ


e0091879_22340293.jpg
                     蕎麦畑。昔は見ていた風景が違って見えた。

     


e0091879_22341574.jpg
今年とても増えていたサラシナショウマ。



e0091879_22343324.jpg
アケボノソウ。花びらが6枚。撮影していてもちょっとバランスが違う花だなと気づく。



e0091879_22344701.jpg
バランスのとれた株だった。

e0091879_22350164.jpg
我が家の2階から見た稲刈り。雨で中断。明日晴れれば良いな。




by konno_noboru | 2018-09-17 22:45 | Comments(2)

山に暮らせば

2018/09/09  涼しくなった。開けっ放しの窓も閉める日が多くなった。雨が降り川の濁った水が増えてきたが、閉め切った窓から音は入ってこない。目の前の川は岩があり、キシツツジもあったが、昨年7月の豪雨できれいに流された。岩を縫うように流れていた川の流れは浅い瀬に変わった。時折姿を見せていた白鷺も川相が変わって来なくなった。
 散歩しても膨らんだ腹は小さくなってくれないが、あきらめずにカメラを持って歩く。傘はいらない。
 滝山川にかかる増田屋橋に立ちどまる。風が見える。少し冷たい風だが黄金色に色づいた稲の上を波が押し寄せるように走る。稲刈りは雨が降らなければたぶん来週。クマもイノシシも田んぼには入らなかったから、田んぼもきれいだ。
 
 隣の上田屋さんの裏にサギソウ、シラヒゲソウ、サワギキョウが咲いていた。民家の裏なので人知れず咲く。花にとっては安全地帯。サギソウもサワギキョウも咲く。散歩コースは気分によって距離が違うが、長いコースで10㎞、短くて5㎞。軽いコンデジを持って歩く。遠くに行かなくても秋の花があるので遠出は減った。花を撮るにも地の利はある。



e0091879_00363850.jpg
マツムシソウ。一番奥の山が苅尾(臥竜山)。



e0091879_00370227.jpg
トリカブト。



e0091879_00372870.jpg
サラシナショウマ。



e0091879_00374675.jpg
ツルニンジン。


e0091879_00380854.jpg
アケボノソウ。手裏剣のような形。花びらが4枚だとやはりバランスがおかしい。


e0091879_00384538.jpg
ボタンヅル。


e0091879_00391650.jpg
マルバノホロシ。





by konno_noboru | 2018-09-10 00:49 | Comments(1)

山に暮らせば

2018/09/03  近くでシラヒゲソウが咲いているのでぶらり散歩。2カ所で咲いているのだが、今年は花が小さい。時期遅れのサギソウとサワグキョウがあった。アゲハが飛んできて止まったので105㎜で撮る。現場で気づかなかったがアゲハの羽は傷んでいた。歩ける距離なので前日に撮ったミョウガの花、キツリフネ再撮影。
 シラヒゲソウは隣の上田屋の畑の法面にも咲く。上田屋さんがニンニクを植えている。新しい穴あきのマルチが二筋並ぶ。我が菜園は収穫が終了した後雑草が生い茂る。このまま放っておくわけにもいかない。草刈り機で刈る。機械に巻き付くほど草が伸びている。菜園に残っているのはサツマイモと落花生。落花生は塾の仲間が植えたものだが、地面を這うように伸びた葉の中に鮮やかな黄色い花がいくつも見える。カメラを持ち出し撮影。豆科の花。草刈りは中止。
 ネットで調べる。落花生の花が咲いたら中耕と追肥とある。その後の作業もいろいろ記してある。
 川の音で思い出した。防虫ネットの覆いを取り、そばの滝山川に友禅流しのように流した。5㍍ある汚れたネットなので流れないように石を置いて漬けたままだった。長靴を履いて川に入り、洗った。
 午後からは写真展準備で千代田へ。

e0091879_00520423.jpg
落花生の花。

e0091879_00521934.jpg
ミョウガ畑にはマムシがおるから気をつけろとよく言われた。一脚で周辺をたたきその後に撮影。
周囲をきれいにして撮れば良かったが、周りのたくさん花があり迷った末の1枚。


e0091879_00523107.jpg
キツリフネ。


e0091879_00525391.jpg
ツリフネソウ。道路脇にあったが、この1株だけ陽が当たりきれいだった。



e0091879_00531019.jpg
とても難しい配置になった。花びらが6枚ある花(上から2段目、右)を
何処に配置すれば良いのか迷った。1輪だけのアップが正解かも。



by konno_noboru | 2018-09-04 01:07 | Comments(6)