<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

山に暮らせば

2018/10/20  今夜もストーブに火を入れた。午後11時、戸外の気温は4℃。枯れ葉が舞い始め向かいの山も紅葉が始まった。ちょっと寒い。夜具も冬用にした。
 きょうは土曜会。午前中はたっぷり座学。午後からの予定は雲月山→筏津芸術村→西教寺→大朝天狗シデ→ほとけばら遊園→千代田で解散の段取りだった。座学が長すぎて昼食も1時半。午後の撮影は急がなければならない感じだった。
 雲月山でススキやリュウノウ菊などを撮り始めたが、太陽が少し西に傾きかけてススキが銀色に輝き始めた。雲月山山頂尾根に陽が隠れるまでねばることになった。予定のコースは次回。

 若いカップルがカメラを持って上がってきた。少女は山には似つかわしくないスカート。ススキをバックにモデルになっている。昔、あんなこともあった。思い起こせば半世紀も前のことだ、と話せば、みんな心当たりがあるらしい。クスッと笑った。
 撮影終了は5時。リンゴを買うのだと大急ぎで下山。それぞれリンゴ1袋を買った。いつも500円だがきょうは袋に「トキ わけあり。¥300」とあった。
 夕食後、リンゴを食べる。甘かった。



e0091879_00550156.jpg

ススキが銀色に光る。太陽はちょうど雲月山の真上。陽が山に隠れるまで撮りながら待つ。きょうは望遠系のレンズなし。


e0091879_23451558.jpg
太陽を背にすれば真っ青な空。ススキは順光では茶色に見えて趣は少ない。空の青さに誘惑されて前を向いたり後ろを見たり、結構楽しい時間になる。



e0091879_23453174.jpg
野菊はあまり撮らないが、ここ雲月では撮る。ちょっと時期が遅すぎた感じだった。


e0091879_00265935.jpg
ムラサキセンブリ。咲いている場所が少し移動したが、株数は増えたようだった。



e0091879_23455926.jpg
前日、食料買い出しの途中でほとけばら遊園に立ち寄った。だいぶ紅くなっていた。



by konno_noboru | 2018-10-21 00:01 | Comments(1)

山に暮らせば

2018/10/14  8日に10日間の写真展が終わりました。6人展という新しい試みで5月の定例写真展とは違った緊張感と不安がありましたが、多くの方にご来場いただき、感謝しています。ありがとうございました。
 翌9日が火曜会で深入山。正面の南登山口から登るが急坂で年寄りには結構きつい。こたえた。センブリ、ムラサキセンブリ、リンドウが目的の花。山頂で昼食後、西コースから下山。
 10日は眼科診察日。7年前の10月10日、深入山でリンドウを撮影中、紫色の花の一部が鉛色に見えて異常に気づいた日。加齢黄斑変性だった。以来、月1回診察を受けるが、2カ月に1回は水晶体に注射。悪くなっても全快することはない。現在は夜の撮影でちょっと気になる程度。
 11、12日は写真展の後始末。13日、中学生になり野球部に入っている双子の孫の試合が可部運動公園で。久しぶりに試合を撮った。兄がライト、弟が一塁。3-1で勝っていたが、7回裏に同点にされてタイブレーク制。一死満塁から始まる。1点を取ったが8回裏から弟がリリーフ登板。2点を取られてさよなら負け。外野(センター)から撮ったが、面白かった。
 15日からは中国新聞1階ロビーで中国新聞写真くらぶ芸北支部の写真展が始まるので作品搬入。紅葉もまだ先。当分、のんびりだ。


 
e0091879_22103515.jpg
7年前、花の一部が鉛色に見えて目の異常に気づいた。両目で見れば濃い紫のきれいなリンドウだ。
登山道脇なので草刈り機で刈られたのだろうか背丈は10㌢足らずだった。




e0091879_22105321.jpg
ウメバチソウ。花の数はとても少なかった。



e0091879_22112249.jpg
花びらが4枚のセンブリがとても多いと感じたのだが-。



e0091879_22114412.jpg
ムラサキセンブリ。花びらが4枚のものや1株に7枚、6枚、5枚のものまであった。








by konno_noboru | 2018-10-14 22:26 | Comments(2)

山に暮らせば

2018/10/04  写真展も中日を過ぎた。多くの方に来ていただき、6人全員が安堵と言ったところ。
会場に詰めっぱなしでは気分が持たないだろうとツキヨタケ撮影のお誘いメール。会場を閉めて、午後8時ごろ待ち合わせ場所へ。案内してくれるのは芸北写真くらぶのI君とYさん。ツキヨタケを撮るときの決まった3人。
 林道の途中で5~6台の車が路肩に止まり、人影も見えた。目的は同じツキヨタケだ。1カ所だけではないのでさらに林道を上る。ツキヨタケのある場所は明るい時間にI君が確認済み。
 車を止め、撮影機材を下ろして車を離合できる場所に移動させる。道から10mほど下ったところまで藪こぎ。懐中電灯が頼りで昼間歩くのとは違って結構厳しい。ツキヨタケのついた古い山毛欅の木。見上げれば星も見える。懐中電灯でキノコを照らしてピントを合わせる。作業中は3人とも無言。10分もしないうちに「いいですか」と声がかかる。懐中電灯を消す合図だ。真っ暗。獣が何か食べているとI君。大型の獣ではないので黙殺し撮影開始。1~2分して再び「いいですか」と声がかかり明るくして撮影したものをチェック。それぞれ修正して本格的に撮影に入る。なんとなくキノコの状態がおかしい。緑色が弱い。少しピークを過ぎているのではないかと3人とも気づく。場所交代。
 さらに山を登って山毛欅の森に入る。明るい時間に目的の木にたどり着く道順を確認してくれているので迷わず到着。
 撮影終了は10時を大幅に過ぎていた。同じルートで帰るのだが、1人では絶対に迷う、と思った。
 1日前に休まれない講座があり、深入山に登った。久しぶりだったので足が少し痛く、真っ暗な森で立ったり座ったりの撮影だったが、気合いが入って気分は良かった。
 深入山ではムラサキセンブリ、センブリ、ウメバチソウ、リンドウなどを撮る。



e0091879_23525530.jpg
山毛欅の古木についたツキヨタケ。天気も良く、星がきれいに見えた。



e0091879_23530571.jpg
肉眼では決して見えない光。長時間露光で見える不思議の世界。



e0091879_23531641.jpg
ムラサキセンブリ。咲き始めたばかりでこれからがピーク。


e0091879_23532771.jpg
センブリは豊作。


e0091879_23533961.jpg
花びらが6枚。撮影しながらふとバランスの
違う花があるのに気づく。丹念に見れば6枚も4枚のものもあった。



e0091879_23535222.jpg
ウメバチソウ。シラヒゲソウの造形美には
かないそうにないが、じっくり見れば結構きれい。



by konno_noboru | 2018-10-05 00:03 | Comments(2)