山に暮らせば

2018/03/04  朝は部屋にいても雪焼けするのではないかと思うほど雪の照り返しが強かった。庭の雪も消えたが菜園には除雪した雪が山になる。まだ黄色いタニイソギ(谷急ぎ→マンサク)も咲かない。こちらは急いで4月末から始まる芸北写真塾の写真展の準備に入らなければならない。

 3日は土曜会だった。吉舎、総領、上下町と回る。吉舎のユキワリイチゲ、今年は何故か花が小振りで白色もあまり際だってはいない。節分草も花が咲いていない未公開地も順次公開されるだろうからまた行くことになる。総領町のリストアセンターで昼食を取り、フクジュソウを見て上下に向かう。

 上下町のひな祭りに飾られていた雛人形の女雛だけ撮ったのが2014年。その年に開いた写真展のDMに使ったお気に入りの雛人形が今年も飾ってあった。道路から正面に見えるように飾ってあるのだが2014年は男雛と女雛が離れて飾ってあった。少し離れていたが特に女雛が美しく見えた。十二単衣の柔らかな色使いと滑らかな膨らみ、凜とした姿、顔立ちも気に入っていた。
 今年も見たがガラス戸の中で少し見えにくい所にあり、写真は撮れなかった。
 古い翁座が見たいと訪ねたが、開館時間を過ぎていて中は見られなかった。残念に思いながら白壁の町を仲間と歩く。帰り道でガラス戸の中にある壮麗な七段飾りの雛人形を見た。二段目の三人官女が着ているものは十二単衣。上段の親王を見てびっくり。2014年に撮ったものに似ている。こちらは親王、三人官女、五人囃子,随臣、仕丁
…と十五人飾りになっている。ちょっと現代的すぎない? の声は仲間内から出た。町並み通りにたくさんあるので気に入ったものを探すのも楽しい。


e0091879_22544655.jpg


2014年に撮ったもの。この時、男雛は離れた所に飾ってあり、一緒に撮れなかった。残念ながら今年も撮れなかった。

e0091879_23014192.jpg
今年別のお店で撮った。そっくりだったのでびっくり。親王飾りのようだが立派な七段飾り。
後ろが白いのは背景にアクリル板のようなものがあり、向かいの家が映り込む。



e0091879_09502762.jpg
現代的な七段飾り。他の昔ながらのものより変わっていたから目についたのかも。


e0091879_22551719.jpg
フクジュソウも咲き始めた。

e0091879_22554979.jpg
セツブンソウ。赤いきれいな花がなかなか見つからない。暖かくなればもっとたくさん咲く。その時赤い花も多く見られるはず。


e0091879_22564351.jpg
吉舎のユキワリイチゲの花は白色。花が少し小さい。

e0091879_22565592.jpg
安佐北区に咲くユキワリイチゲは花も一回り大きく、色は紫が強い。



# by konno_noboru | 2018-03-04 23:14 | Comments(1)

山に暮らせば


2018/02/27 きょうは暖かかった。と言っても芸北の朝は-3℃だった。火曜会できょうも総領町と吉舎町、上下町へ。
 撮影はセツブンソウとユキワリイチゲと雛飾り。午前9時に千代田舞ロード集合。十人。2台の車に分乗して高速で三次東へ。尾道道を吉舎で下りて灰塚ダム方向に向かって走るのはいつものルート。10時過ぎにユキワリイチゲの自生地に着いたが、車から降りることもせず、セツブンソウの公開地へ。
 きょうは撮る順番を変えた。ユキワリイチゲは陽が当たらなければ咲かない。午前11時から午後3時が撮影に良い時間帯と現地の標示板に記すのは自生地に陽が当たる時間がだいたい11時~15時の間ということから。雲一つない好天。ユキワリイチゲの撮影は午後3時に設定した。
 セツブンソウの咲く公開地は9時には陽が当たる。撮影は10時半からたっぷり時間をとった。終われば上下町へ向かい食事処土田で「上下ぎゅう蕎麦とちらし寿司」の雛祭りリセットを食べる。ゆっくり食事を済ませて上下のひな祭り会場の雛飾りを見て歩く。その後ユキワリイチゲの自生地へ引き返した。誰もいない。我々だけだった。気ままに撮れた。


e0091879_00101628.jpg


セツブンソウは領家八幡宮以外の公開地には雪が残り、花は咲いていない。当然、カメラマンが集中する。結構な数になったが、静かだった。


e0091879_00105131.jpg
ゆっくり見ると八重の花に気づく。

e0091879_00110385.jpg
赤い花があるのは第6公開地。ほとんど咲いていない。1週間後がちょうど良いかも。


e0091879_00114945.jpg
ユキワリイチゲ。ここの花は白いのが特徴といわれているが、少し紫色がかっているのが多かった。


e0091879_01020492.jpg
偶然蜂が飛んできた。花と虫の絡みは好きではないのだが、蜂と蝶ならその限りではない…というところか。




# by konno_noboru | 2018-02-28 01:13 | Comments(6)

山に暮らせば

2018/02/25 散歩の間考え続けたこと。
 新聞社のカメラマン時代、スポーツを見て涙ぐむことなどなかった。冷めた気持ちで仕事をしている自分をもう一人の自分が見ている気がして嫌だった。仕事を辞めた後もカメラを持つと別の人格が現れてくるような気がしていた。だが一昨年のカープ優勝の時、黒田・新井両選手がマウンドで抱き合って泣いているのを見た時、はじめて涙が出た。あの時、現役時代もっと柔軟な気持ちで撮れていれば良かったなあと思った。
 今回のオリンピックでやはりスピードスケートの小平奈緒選手と韓国の李相花(イ・サンファ)選手の抱き合ったシーンで黒田・新井両選手の場面が重なった。写真は本記筋よりサイド的なものが心を打つのだと思う。塾の人たちには「写真は心の動きを一瞬のうちに凍結する作業」。柔軟にまた大胆に、さらに感情豊かに撮るように話す。素直に感情豊かにとることは難しいのだ。
 歩き始めてもう30分過ぎた。家の近くの大規模林道を歩いている。何故か今年は除雪してある。どこまで除雪してあるのか5㎞先まで歩く予定で出た。道路に積もった雪は腰の高さよりも上。風もない。自分の足音とウインドブレーカーがこすれる衣擦れの音だけ。2.5㎞地点は小垰になる。除雪した道は続く。もし、この道にウサギが迷い込んだら両側に立ちはだかる雪壁を上がれるだろうか。もし、上がれないなら走り続けなければならない。両側には獣の足跡もあまりない。
 また、オリンピックのことを思い出した。カーリングの銅メダルが確定した場面。もしあの現場にいたら…。2点取られたら逆転負け。日本が勝ったが相手スキップの狙いがはずれての勝利、その瞬間喜びを爆発させられないことを彼女たちは知っていた。相手への心遣い。喜びの爆発までちょっとの間があった。後攻めで勝ったのなら間など必要なかったのだが…。
 除雪の道は4㎞地点の桜広場で終わっていた。鎧滝の入り口になるが急坂のため雪崩れる恐れもある。滝へは下りられない。到着は15時45分。雪のない道路に座りお茶を飲む。遠くに掛頭山が見えスキー場も確認できる。
 帰ろう。往復8㎞の散歩。家に着くのは17時30分かな。何も考えずに歩こう。



e0091879_01123894.jpg

大規模林道はこれまで除雪がなかったのだが、今年は4㎞地点道は空いているが通り抜けは出来ない。両サイドの雪壁は腰の高さより少し上。山からの雪崩はなさそう。



e0091879_01124824.jpg


結いの里公園前のカーブミラー。鏡に映っているのは小生。


e0091879_01130497.jpg


除雪はここまで。我が家から4㎞になる。後方の山が掛頭山。


e0091879_01134295.jpg


掛頭山。白いところが芸北国際スキー場のゲレンデ。


e0091879_01135637.jpg


雪まくり。しっかり立っているのは少ない。出来てすぐではないので少し崩れかかっている。



# by konno_noboru | 2018-02-26 01:24 | Comments(3)

山に暮らせば

2018/02/23  目覚めた時間が早すぎて外は暗く、滝山川沿いの木々の霧氷は確認できない。気温は-7℃。雄鹿原界隈で霧氷を狙う予定だが‥‥。 再びベッドへ。明るくなるころコーヒーを入れる。市内から八幡に撮影に来ていた仲間から電話があり、気温は-13℃だという。
 雄鹿原界隈をゆっくり走る。狙いを付けていた大きな木には霧氷は少ない。大佐山の方角から雪雲が来た。積もるほどの雪ではないが、降り始めた。

 身体の軸がしっかりしてきた。家の周りの除雪をして総領町のセツブンソウを見に行くことにした。中国道で三次東から尾道道に入り吉舎まで走る。芸北では畑も雪に覆われてまだ土は見えないのだが、柔らかい日差しの中で農家の人が畑にいる。土の感触が懐かしいと感じていたので車を止めのんびり畑作業の人を眺めた。
 総領町安田のユキワリイチゲの咲いている場所も近い。花が開いているとの情報もあったので寄ってみた。ここ5年ほど昼は五稜庵の手打ちソバだった。今月初めに今年から営業を止めますと葉書をもらった。昼食抜きも良かろう。
 セツブンソウが咲いているのは領家八幡神社だけとの情報はあった。第六公開地も行ったがまだ蕾だった。足を伸ばして上下町のひな祭りへ。上下駅前から翁座まで歩く。人通りは少なかった。お気に入りの雛があるので撮ろうと思ったが、ガラス戸の中できれいに撮れない。改めて。


e0091879_00062495.jpg
雄鹿原スキー場近く。結構きれいな霧氷がつく


e0091879_11011301.jpg
最後に残っていた雪もほぼ除雪し終えた。また降れば振り出しに戻るということになる。




e0091879_00064888.jpg
セツブンソウ



e0091879_00065899.jpg
第六公開地には赤いセツブンソウもあるが、ほとんど蕾。

e0091879_00070852.jpg
ユキワリイチゲ。咲き初め。花もまだ小さく蕾が多い。


e0091879_11015471.jpg
ぶらりと上下の町を歩いた。商店街に沢山のひな人形が飾ってある。これは道路のいくつか並んでいたものの一つ。







# by konno_noboru | 2018-02-24 00:20 | Comments(2)

山に暮らせば

2018/02/20  きょう中国新聞の紙齢が44444号になった。入社した昭和38年はまだ活字の時代。活版印刷だった。編集局の隣の印刷局には膨大な活字の棚があった。棚には判子のように文字は裏返しの状態の鉛で鋳造された活字が並ぶ。記者が書いた手書きの原稿と小さな木造りの活字ケースを左手に持った文選工(係だったかな?)と呼ばれる人たちが、鉛の活字を一文字ずつ拾って一行15文字の原稿を作り上げていき、プリントし小さなゲラを校閲部に回す。校閲部員2人一組で原稿と小ゲラを読み合わせをする。
 校閲部では当時、紙面の一番上にある日付、曜日などを額(ガく)と呼んでいた。額は一面から最終面まで横書きの状態で1枚のゲラとして校閲部に上がってくる。24㌻なら24の額がある。その1段目に紙齢がある。手書きの原稿があるわけではない。紙齢を確認するのは前日の新聞。わずか5文字だが最後の一文字を確認するだけではない。額も記事も毎日、すべてが新しい活字で組み上げられてくる。特に紙齢、日付、曜日など校正するのは重かった。我々が確認し、当番デスクが再校する仕組みだったと記憶する。
 紙齢44444号が近づくにつれて当時の息の詰まるような感じの校正作業を思い出した。活字からコンピューターで作る紙面になったときは写真部にいて、額の校正はどういった形になったのか聞かなかった。
 活版印刷のあの手作り感は今思っても胸が熱くなるほど感動する。あの頃は良かった! もうすぐ昔を思い出せない時期が来るに違いない。心の針がいつまでも大きく振れる年寄りでいたい。

 オリンピックで感動する日が続いている。セツブンソウが咲き始めましたという春の便りも届く。1月中旬から色々ありすぎて、立ち位置が判らない。何となくなのか、結果的には何事もなく過ぎていったほぼ1か月。
 植物公園も行った、泊まりがけで野呂山にも行った。浜田も益田も行った。日めくりカレンダーを遡ってみようか。


e0091879_21591366.jpg

残念!增田屋の枝垂れ桜も地久院と同じように枝折れした。地久院よりもダメージが大きいような気がする。



e0091879_21592425.jpg
3本の枝が折れてしまった。


e0091879_21593591.jpg
まだ除雪し切れていない雪がたっぷりある。明日少し頑張ろう。



e0091879_21595117.jpg
野呂山の弘法寺 玉すだれの滝は凍っていた。



e0091879_22000279.jpg
夜も撮ろうかということになった。寒かった。



# by konno_noboru | 2018-02-20 22:11 | Comments(2)

山に暮らせば

2018/02/10  双子の孫が今春から広島に帰ってくる。中学生になる。祇園の太田川沿いのマンションに住む予定。中学校の入学手続きなどのため一時帰省。7日からきょうまで大騒動。我が家に吹き荒れた嵐は去った。
 一週間ぶりに芸北の戻る。嵐の去った後のように雪に覆われた家々に静かに雨が降っていた。戸河内から国道191号線。雪道は洗濯板の上を走るように小刻みにガタガタ揺れたり、電車の軌道を走るような変則的は曲がりを繰り返す。芸北に入れば除雪はほぼ完璧。楽に走れる。

 市内で寝ていてもLINEで次々に新しい情報は入る。気になっていたのは水道管の凍結。台所と風呂の二個所、蛇口からしずくがタラタラと落ちる程度の水を流していた。台所の蛇口から鍾乳石のように氷柱が伸びている。流しには薄い氷が張っていた。氷柱を取ったが水は出ない。風呂場はタラタラ落ちる水受けの洗面器に氷が張っていた。蛇口をひねれば勢いよく水は吹き出す。断水の不安はとんだ。




e0091879_21492779.jpg
地久院の枝垂れ桜。真ん中の太い枝が折れているようだ

e0091879_21512798.jpg
折れた個所は向かって右側だ。花の時期が気がかり。



e0091879_21283835.jpg
深入山。少し雪崩れたのか。


e0091879_21335693.jpg
家の中に光が入らなくなり薄暗くなる。


# by konno_noboru | 2018-02-10 22:01 | Comments(2)

山に暮らせば

2018.02.05 ずーっと眠っているのも気が滅入るので、時々起きてゴソゴソする。ラインで芸北情報をもらったりしている。

 今年の雪の降り方は経験したことのない降り方だ。とにかく連続的に降り続き、積もる。大雪が降れば除雪車の優先度は国道、県道、町道になるはず。わが家から国道186号線までは4㌧車が通れる程度の一車線の狭い道。民家も数軒、除雪車の除雪順位を考えれば4日の日曜日には入ってこないかもしれない。
 早めに動くしかない。月曜の朝に病院に行く予定だったが、前倒して4日の午後、市内に出ることにした。
 車のドアが開かないほどの高さまで雪は積もっている。仲間が来てくれて車を掘り出した。荷物を積んで仲間が帰っていった道をと思い家の前で左折した。轍がない。右回りだったのだ。バックして右に出るには無理がある。前に行くしかない。除雪された道の両側にできた壁で道は凹形。風に飛ばされた雪や激しく降る雪が流れ込んで狭くなりV字型の狭い道になり道路の中央がわからない。田んぼに落ちたこともあったし溝にもはまったので慎重になるが気持ちはよくない。超スローで抜ける。山沿いでは木々に着いた雪が雪崩れて降ってくるとまったく前が見えない。ホワイトアウト状態。
 熱っぽい身体がさらに熱くなったが、何とか猪山を経由して加計スマートから高速で帰った。
 
 今日午後5時で川小田も積雪が170センチを超えた。1日早めに脱出したのは結果的に正解だった。 原因不明の発疹も出ているが体調を整えて、塾の仲間に迷惑をかけないように今週末には芸北に戻ろう。


e0091879_00193002.jpg
午前中に一度屋根の雪は落ちたが、またすぐに積もった。どどーっと落ちると今年は雪に負けそうだ。4トントラックでは10杯近くにある。左が菜園なので雪を捨てる場所があるから救われる。雪の捨て場がなければ大変だ。


e0091879_00194401.jpg
車道の脇に子供たちの通学に危険のないように歩道専用の除雪車で道を確保する




e0091879_00201024.jpg
時々おかしな造形が見えることがある。壊れた倉庫らしかったのだが、不思議に見えた。



e0091879_00202790.jpg
どうやってこの雪と戦うのだろうかと思う。20㎝降れば大雪だという都会の人たちに1mを超える雪の怖さが想像できるだろうか



# by konno_noboru | 2018-02-06 00:40 | Comments(2)

山に暮らせば

2018/02/03  30日夜から恒例の風邪らしい。眠れるだけ寝たが、すっきりしない。いつも通り市販の薬でしのぐ。ついに一昨日ダウン。土曜会を休ませてもらった。病院は月曜日。
心配を掛けました。

 芸北写真くらぶの仲間から恵方巻きが今年も届いた。眠っていたので玄関に置いてありますと言うメール。今年の恵方は南南東。
 午前11時過ぎ青空が少しの間見えた。窓から南南東を向いて雪景色を撮る。その後は雪が激しくなった。


e0091879_23531609.jpg
今年も届いた恵方巻き。風邪で寝ているので嬉しい差し入れ。


e0091879_23471063.jpg
窓の外は雪。束の間晴れた。


e0091879_23471930.jpg
風が吹いて木々の着雪は飛び散り、降り続ける雪でまた着雪。ぼんやり眺めるのも楽しい。




# by konno_noboru | 2018-02-03 23:58 | Comments(3)

山に暮らせば

2018/01/25 今朝、除雪車が入った。国道までの道は確保できた。我が家の除雪も終わった。八幡の積雪が気になり出かける。気温は-5℃。雪。道路は少しの圧雪がある程度。屋根に雪のない家が多い。やはり風が吹き飛ばしたようだ。旧八幡小学校校庭の隅にあるアメダスの積雪量は95㎝、191スキー場近くに設置してあるひろしま道路ナビの監視カメラでは81㎝。川小田は113㎝。同じ条件で計器が設置してあるわけではないので誤差は当然ある。一応の目安だ。テレビで流れる八幡の積雪情報はアメダスのもの。
 大歳神社界隈を歩く。新雪が30㎝程度ある。この時期なら雪の下のはずだが枯れススキが雪交じりの風に揺れる。
 正午のサイレンが聞こえた。昼食は191スキー場で取る。

 食料はあるのだが灯油が底をついている。すべての窓が凍り付いて開かないほど冷え込むのでストーブは一日中ついている。ポリタンク3つ満タンにして帰る途中、夕焼けが来そうだったので車の中で待機。残念ながら燃えなかった。

双子の孫が明日帰ってくる。26、27、28日 芸北を離れる。たまには街の空気もいいか。
 

e0091879_01163935.jpg

大歳神社。スノーシューで歩く。新雪は30㎝程度。八幡にしては少ない。風に飛ばされたか。きょうも神社社叢のブナに着雪はしなかった。


e0091879_01165443.jpg

枯れススキが並ぶ。例年なら雪の下だが‥‥。民家の屋根の雪もほとんどない。



e0091879_01172639.jpg

夕焼けが来るかと思ったが、残念ながら空振り。


# by konno_noboru | 2018-01-26 01:25 | Comments(1)

山に暮らせば

2018/01/24 午後8時、芸北川小田は-6℃。積雪が114㎝。ひろしま道路ナビの計測表示で、計測器の設置場所は旧芸北町役場(現北広島町芸北支所)に近い国道186号線沿い。路面状況が判るようにカメラも設置してある。
 八幡は午後8時で95㎝。こちらは気象庁のアメダス。計器は旧八幡小学校校庭の角地にある。きょうは強い北の風。八幡は日本海から吹き上げる風がまともに当たる。川小田は掛頭山などの壁があるので風は少しは弱いはず。いつもと違って八幡と川小田の積雪量が逆転したのは、風の影響かなと思う。

 今日の雪はこれまで経験したことのない激しい降り方だった。真北から雪を伴って吹きつけて来た。歩経路を確保しようと外に出たが、太刀打ちできない。前が見えないほど降った。
 除雪車は我が家の前の町道には入ってこなかった。ということは国道に出られない。軟禁状態。食料はあるし、水道の凍結もないのでジタバタすることもあるまい。雪国の冬だ。

e0091879_21002886.jpg

経験したことがない激しい降り方だった。屋根に積もった雪が一度落ちて再び20㎝を超える量になった。


e0091879_21004151.jpg
除雪して壁になっていたが、いつもと違う風向きで吹き付けた雪が雪庇になった。


e0091879_21005353.jpg
きれいに着雪して楽しませてくれる川岸の木々も激しく降る雪で見えなくなることが多かった。

e0091879_21010844.jpg
ひろしま道路ナビ。カメラが設置してあるので道路状況はすぐに判る。









# by konno_noboru | 2018-01-24 21:26 | Comments(1)